新刊・チェンジリング3 黄泉篇Ⅰ(kindle)

カテゴリ:
タイトル入り表紙hens
"チェンジリング3 黄泉篇Ⅰ 白金のルカと黄泉の王子"(風結び文庫/kindle)が12月23日に発売になります。
※発売と同時にkindle unlimitedに入ります。

+story+
妖精に取り替えられ、物心ついた時から妖精界で暮らすルシス(人間のルカ)は、みずからを異質と感じ、孤独感を抱えていた。
そんな6歳の夜、青い小鳥が部屋に飛び込んでくる。
その小鳥は、黄泉の王子の仮の姿で――。

"チェンジリング~妖精は禁断の実を冥王に捧げる~"
"黒妖精は聖騎士の愛をこいねがう~チェンジリング~"
に続く、チェンジリング三作目です。
黄泉篇は三部構成を予定していて、今回はその第一部となります。(分量は新書2/3ぐらいです)

一冊目で主人公だったルカ(妖精の取り替え子)と取り替えられて、妖精界に連れ去られた人間のルカ=ルシス。その孤独感ゆえに、黄泉の王子と親密になり、生と死のあいだで心を揺らします。
今回は妖精界メインでエンリケもちょこちょこ出張ってます。
新カップルの話なので、シリーズ既読の方はもちろん、未読の方も第一部は個別で楽しんでもらえるようになっています。

表紙画像はミッドジャーニーを加工して作成。タイトル部分は友人に作ってもらいました。感謝。
表紙画像クリックで大きいバージョンが見られます。

本作に挿絵はありませんが、キャラや背景のイメージ画像をミッドジャーニー加工で作っています。
興味のある方は、ツイッタータグ #チェンジリング3画像 を覗いてみてくださいね。

新刊・獣はかくしてまぐわう

カテゴリ:
まぐわう表紙s"獣はかくしてまぐわう"(ディアプラス文庫)が11月10日に発売になります。
イラストは小山田あみ先生です。

+story+
東界連合壊滅という目的の一致で繋がった警視庁組対部刑事・鹿倉と無戸籍児集団エンウの頭・ゼロ。
体を重ね、ともに朝を迎えることにはいまだ慣れないが、同じ方向へと走る相手の存在はひどく奇妙で心強い。
十月下旬、東界連合のリーダー・遠野が一時帰国するという情報が入った。東京地検検事・桐山に目をつけられつつも、二人は遠野に心酔する煉条をマークするが……?
男たちのスペシャル・リレーション続篇!!

前作に引きつづき、鹿倉とゼロがタッグを組んで、遠野率いる東界連合に迫ります。
煉条という凶暴美人や悪趣味桐山が横糸となって新たな展開を迎え、余裕を失っていくゼロと鹿倉の関係にも少しずつ変化が。
エンウメンバーにもライトが当たっています。
※あとがきの後に、雑誌掲載SS「マウンティング」が収録されています。

小山田あみ先生のイラストが各種男前祭りで凄いことになっていますよ。甘さも色気も迫力も盛り盛りです!
見開きでキャラクター紹介もあり、そのページがまた素敵なのです。チェックしてみてくださいね。
表紙クリックで大きいバージョンが見られます。

特典情報はこちらです。
1.【店舗特典・協力書店で購入した方のみ】SSペーパー
2.【コミコミスタジオで購入した方のみ】イラストカード
3.【ホーリンラブブックス・まんが王・漫画全巻ドットコムで購入した方のみ】イラストブロマイド

新刊・隷属の定理

カテゴリ:
隷属の定理カバーs"隷属の定理"(ディアプラス文庫)が8月10日に発売になります。イラストは笠井あゆみ先生です。

+story+
マネージャーの瀬戸佳槻は、担当する俳優・式見への 失恋から自暴自棄になり、一夜の相手で被虐心を満た す危うい日々を送っていた。
そんなある日、強い嗜虐 性を具えた画家・乃木映爾と出逢う。
乃木の絵に惹か れていた佳槻は、彼に本気で式見の絵を描いてほしい と頼むが、乃木は「お前がそれだけの奉仕をしたら描 いてやろう」と提案し、佳槻をたびたびアトリエへ呼 び出すようになり……?
「定理」シリーズ完結‼︎

スピンオフシリーズ、「兄弟の定理」「天使の定理」に続く三作目です。
式見槐のマネージャー・瀬戸のお話。
被虐的で自滅的で真面目な瀬戸にがっつり噛み合う、嗜虐的な画家攻め。
また式見が陰になり日向になり絡んでます。

笠井あゆみ先生の描かれる不機嫌そうな美形攻めと被虐受けにゾクゾクいたします。
(最後のイラストの神聖かつ、なまめかしい美しさよ…)
表紙画像クリックで大きいサイズが見られます。

+特典+ 詳細はこちらです。
1.【店舗特典・協力書店で購入した方のみ】SSペーパー(式見も参加で…ぜひ読んでいただきたいです)
2.【コミコミスタジオで購入した方のみ】イラストカード(口絵イラスト)
3.【ホーリンラブブックス・まんが王・漫画全巻ドットコムで購入した方のみ】イラストブロマイド(カバーイラスト)

電子書籍化「蛇淫の血」「蜘蛛の褥」

カテゴリ:
"蛇淫の血""蜘蛛の褥"が7月4日に電子書籍化されます。イラストは奈良千春先生です。

初出2006年のヤクザ物のシリーズ作の一作目と二作目を、一迅社さんから電子化していただけることになりました。
GUSH文庫の全サに収録されていたSSがそれぞれ入っています。
蛇淫の血「月光虹」
蜘蛛の褥「虹雲」
新たな書下ろしはありません。未読の方向けです。

三作目「蛇恋の禊」四作目「赫蜥蜴の閨」はリンクスロマンスさんから、近々電子化となります。
jainnochi_covskumonoshitone-covs


最近、十分に書いたし十分に読んでもらえたな、とよく思うようになりました。
そう思えるほど続けてこられたのは、いろいろ運がよくて贅沢なことです。

来年は仕事量を減らして自分のなかの余白を増やす予定です。
仕事自体は楽しくて、今書いてる話も没頭できていて幸せなので、一作ずつ打ち込んでいきます!

新刊・八十禍の王子と最後の魔女

カテゴリ:
yasomaga_covs"八十禍(やそまが)の王子と最後の魔女"(一迅社ノベルス)が5月6日に発売になります。イラストはCiel先生です。

+story+
「ともに国を奪うか、ともに国を滅ぼすか。選べ」
災厄をもたらす“八十禍の王子”と呼ばれるリカルドに、百年の眠りから目覚めさせられた魔女の末裔シオン。
魔女狩りで喪った同胞の無念を晴らすべく、シオンは憎むべき男の手をとった。
シオンの身には五人の魔女の力が封じられており、解放するには人間の体液を得なければならない。
王位継承のため魔女の力を利用したいリカルドは、シオンの身体に精を注ぐ。
復讐を誓うシオンは男でありながら同性の精を受ける屈辱に耐えるが、果てはリカルドの妃として娶られることに――!?
せめぎ合う野心と復讐心、愛と憎しみに翻弄される淫靡なBLファンタジー。

王位を狙う第二王子×復讐を背負った魔女。
目指したのは大人のお伽噺です。
五つの魔法の解除方法を愉しみつつ、キャラたちの複雑な感情の絡みを味わっていただければと思います。
いつもより3割増しの原稿量で、とっくりこの世界を書くことができました。

表紙のロマンチック度が拙作既刊1位なのではないかと。
本文イラストも一枚一枚が繊細で美しく、リカルドは格好いいしシオンは美人だしで、ときめきに満ちています!
表紙画像をクリックすると拡大版が見られますよ。

カテゴリ:
3月19日発売、小説ディアプラスハル号に「獣はかくしてまぐわう」を載せていただいています。
「獣はかくして交わる」の続編です。
今回も小山田あみ先生の巻頭カラー(口絵と見開き)が圧巻です!

新キャラも絡みつつ、鹿倉とゼロの関係が深まっていきます。

カテゴリ:
「なれの果ての、その先に」の後日談SS「その先の、その先」の前半部分をプライベッターに上げました。読んだ人には分かるパスワードつきです。
https://privatter.net/p/8332685
年末年始話です。
後半部分は1/1にUPします。後半はリ/バありなので、いける口の人だけ読んでくださいね。

いつのまにかプライベッターが縦書き表示もできるようになってましたよ。これはよいですね。

新刊・なれの果ての、その先に

カテゴリ:
なれの果ての、その先にcovers"なれの果ての、その先に"(キャラ文庫)が11月30日に発売になりました。
イラストは小山田あみ先生です。

+story+
離婚により完璧だったエリート街道を踏み外してしまった――
絶望する経産省官僚の基彬。
そんな最悪な状況で現れたのは、謎の男娼タスクだ。行く先々に現れ、「本当は同性に興味があるんだろ?」と煽ってくる。
隠してきた性癖や、なぜか基彬の素性までも知るタスク。
こいつはただの男娼なのか――戦慄を覚えつつも、ストイックに鍛えられた肉体と艶めく色香を纏う男に、欲望をかき立てられて…!?

この大人の色香駄々洩れの素晴らしすぎる表紙でお分かりいただけるとおり、がっつり大人の男受けです。身も心も乱されていく官僚氏をお愉しみください。
タスクは男娼ですが、変わったサービスを提供しております。
今回は裏テーマに全力投球してますよ。清々しい気持ちです。
(表紙クリックで拡大版を見られますよ)
実は今回、事情により本文イラストの点数が少ないのですが、ご了承ください。
小山田先生が公開を許可してくださったキャララフはこちらです!男前×3です。

試し読みはこちらからできます。
あとがきに後日談SSを書く予定とありますが、年末年始ぐらいにUPしたいです。本を持ってる人には分かるパスワードを設定します。

このページのトップヘ

見出し画像
×