iDC(データセンター)移転はものすごく大変です。特にサービスを稼動させながら移転させるなんてことは、普通に考えただけでもかなりしんどい作業です。そんなiDC移転を数回経験した経験から、それでもiDC移転を検討することの重要性を今回は述べてみたいと思います。

【iDC移転はどんなとき検討されるか】
いろいろあります。単純に思いつく限りだと、
  • iDCのキャパシティが小さくサーバ増強に限界が見えた
  • 費用対効果を計算し、移転費用を考えても他者に乗り換えたほうが安い
  • セキュリティや耐障害性向上を考えたとき利用中のiDCだと限界がある
  • 会社合併によりiDCも統合の決定が下った
などでしょうか。

【なぜiDC移転を検討することが重要なのか】
今利用し続けているiDCにたとえ満足していたとしても常にiDC移転を検討することは重要です。それはiDC間で競争が起こっているからです。いろいろなiDCをずっと見てきていますが、iDCの機能やサービスの進化や価格下落は想像以上のものがあります。iDC移転を検討しないということは、最初に契約した条件でそのまま契約続くことに他なりません。外を見渡せば、