2010年02月

2010年02月28日

P2270025
2010年2月27日上士幌にて

一度は乗ってみたい熱気球。しかも、ロープでつながった上がり下がりするだけの気球でなく、風まかせで旅をする熱気球に乗るのは、誰もが一度はトライしたいこと。ロッジが位置する音更川は知る人ぞしる熱気球のホットスポットで「ロッジの上をよく飛ぶよ」と教えてくれたのが、例のごとく釣り悪友の小田切さん、十勝で熱気球をするなら必ずこの人にたどり着く。過去に鉄腕ダッシュや映画「学校」で出てくる気球は小田切さんが操縦している。

2月27日、地鎮祭に駆けつけてくれた小田切さんに、明日飛ぶけど乗らない?とそそのかされて、翌日6:30集合。今回は生徒さんの訓練飛行に便乗することになった。

夜中からの強風で、飛ばせるのか心配したものの、上士幌につくとほぼ無風。気球を広げ風を送り込むと巨大な風船が膨らんでいく。ガスバーナーで空気を暖めるとじわーっと浮かび上がってくる。いよいよと思ったころ、南風が強まり始め離陸中止。

面白いのが、今回は新人パイロットの訓練飛行だったので、小田切さんはあえて何も言わずに生徒さんの行動を見ていた。この風の変化を小田切さんは早々に察知したけど、生徒さんがどう判断するかを見ていたのだ。小田切さんは「あと5分準備が早ければ飛べた」、「風の変化に気づくのが遅すぎる」と生徒さんに喝を入れる。空を見て、雲の流れを読み、自然の動きを感じる。普段生きている空の下。風まかせの面白い遊びでした。

熱気球に乗るなら、ご一報ください。小田切さん面白い人ですよ。気球でロッジに来る。ロッジから気球で旅に出る。夢じゃないかもしれませんね。

V39JNdy1










(21:43)

2010年02月27日

P2230011
2010年2月23日能取湖にて 

北海道の東北部に位置する能取湖は、オホーツク海に通じる海跡湖。アッケシソウ(サンゴ草)の群生地があり毎年9月頃になる一面が赤色で埋め尽くされる。12月下旬から湖が凍りはじ3月下旬頃まで、氷に穴を空けて行うアイスフィッシングが楽しめる。水深2〜3mの場所でチカ、キュウリウオ、コマイが釣れる。

2月23日朝4時十勝を出発、8時頃、能取湖新港に到着。釣れる場所は人が集まっているので一目瞭然。仕掛けはハヤブサのチカ専科3号針を使う。針にエサに似せたハゲ皮がついているので、エサは必要ない。よく釣っている地元の方に挨拶をして、近くで釣らせてもらえば、すぐに自分の竿にもバタバタとチカが釣れ始めた。氷の穴から元気よく20cmほどのチカがキラキラと上がってくる。ニヤリとする瞬間だ。チカは群れで移動しているので、釣れている人を観察し何度か移動しながら釣り、12時までの4時間で100尾ほど釣った。

地平線の果てまで白い雪原が続く、真っ白なシロカモメが青空を舞う。北海道の美しい寒さの中で釣ったチカは、軽く塩して一夜干しや南蛮漬けで食べる。体全体で北海道の冬を楽しむが毎年恒例のイベントなのである。

P2230012
大きさは15〜20? ふだんワカサギを釣っているのでそのデカさが、異様な感じ


V39JNdy1






(09:53)

2010年02月26日

P2260028
お供えは、米、日本酒、塩、室から出した大根、九州から届いた夏みかんと巨大なバンペイユ、鯛の変わりに3日前に釣ったチカの一夜干し、竹の代わりにクマザサを用意した。2010年2月26日ロッジラッキーフィールド

2010年2月26日。2月というのに温かい雨の朝だった。霧がかった空気のなか土がぬかるみどろんこの中で手作りの地鎮祭を行いました。「この土地に家を建てることになり、この土地で暮らしていくことを決めました。幾久しくお守りいただき、お導き下さい」。これから始まることに期待をし、背筋をピンと伸ばしこの土地の神様にご挨拶をしました。

神主さんを呼ぶほどの余裕もなく、地鎮祭は大工さんと私たち家族、両親、おばあちゃん、ボーダーコリーの三平君も同席していただいた。キチンとしたものでは無かったけど、私の心の中はとても清々しかった。この地でこれから起こることに希望をもっていよいよ工事がスタートした。


P2260029
2010年2月26日音更町にて









(22:36)

2010年02月25日

L
手嶌葵「春の歌集」

一面の銀世界、北海道の長い冬は、3月の光の強さとともに力を失い始める。光はすべての生き物の体内リズムに息吹を吹き込む。川底の虫たちが動き始め、サケの稚魚たちも活発に泳ぎ始める。糖度の高いイタヤカエデは地中の水を吸い上げ始め、ネコヤナギはつぼみを膨らませる、緩む季節である。凍てつく冬の別れにどことなく寂しさを思い、来るべき春にこころ踊らせる。そんな季節である。季節のイベントというのは、そんな自然のリズムを感じたときにおこるもので、すべてが人間活動の世界ではないことをいつも思い、その不思議なリズムに心打たれる。

春の気配を感じる空気感は、霞がかるぼんやりさと、湿度の高い湿った感じ、そして耳にも目にも見えないものの、感じる生命の息吹。そんな独特の空気感が手島葵の霞んだ声とメロディが不思議なくらいにマッチする。この季節になると聞きたくなるのが彼女の歌。冬に積もった雪の山が日に日に小さくなり、また新しい一年が始まる希望と期待。手嶌葵の「春の歌集」に収録された「願い事」という短い詩に今を生きる喜びを覚えた。

いよいよ明日2月26日地鎮祭を行う。このブログを読んでくれている皆さまと北海道の十勝という土地で会える日を楽しみに、また新しい夢にむかいスタートします。2010年2月25日吉原拓志

(10:47)

2010年02月22日

P2130249
わかさぎに見えません?2010年2月11日川崎駅にて


氷点下の十勝、氷の上のワカサギ釣りの世界から所変わって河津ザクラ咲く川崎へ里帰りしていました。実家に滞在しながらいろんな場所に行きいろんな人に出会いました。たくさんの刺激を受け、そして心温まるおもてなしを受け、とても有意義な都会生活の9日間でした。


P2120226
全国の釣り仲間が年に一度集まる国際フィッシングショー 10年2月12日パシフィコ横浜にて


P2120240
愛知県の画家 城本敏由樹さんに会いました 10年2月12日横浜にて


P2130288
葉山アウトドアフィットネスクラブでヨガやボルダリングで体のあちこちが筋肉痛になりました こんな場所が十勝にもあれば10年2月13日鎌倉葉山にて 


P2150333
フォトグラファー兼フライフィッシャーの大泉省吾さん 一緒竿を振る日が楽しみです 2月15日目黒にて


P2150337
World Fly Fishing Japan のMasaさんとスーさん フライフィッシングは世界共通これからが楽しみです 2月15日池袋にて


P2160350
私をここまで育て上げたのがマンガ「釣りキチ三平」。「あなたのおかげでここまで来れました」の一言を言いたくて、矢口高雄さんのアトリエに押しかけました。2月16日世田谷にて

P2180390
そして私を生み育ててくれた両親です 10年2月17日川崎にて


P2170381
私のフィールドで次々に野生動物を見つけてくれるスワロフスキーの双眼鏡です。塚本英夫氏は野性味ある悪友の1人です。近くにいる方はぜひ会ってみてください。2月17日スワロフスキー・オプティク銀座にて


P2190394
ようやく都会の雑踏からはなれ、ゆっくりキジを見に行きました。2月18日千葉県岬町にて


まだまだ紹介したいところですが・・・。暖かく迎えいれてくれた方々、次は十勝でお会いし、一緒にワイルドな世界へ足を踏み入れる日を楽しみにお待ちしております。本当にいろいろとありがとうございました。












(17:48)

2010年02月21日

P2210467
糠平湖5の沢のキノコ氷 2010年2月21日

2月21日 糠平湖 5の沢のポイント。車から歩いて20分ほどの沖のポイントに入った。沖の杭から歩いて42歩下流に歩いた場所に穴を空けた。水深は12m。タナはベタ底。8時から初めて、12時までに4人で120尾ほど釣った。サクラマスは1尾あたりのみでエサをかじられただけだった。

かなり水位も下がり、ポイントが少しづつ移動してきている。ワサカギのサイズも小さいのが多くなってきた。アタリは頻繁にあるけど、食い込ませる、針にかけるのがちょっと悩ましい。それでも手返しよく釣れば、昼食の天ぷら分は十分釣れた。

湖畔にはキノコ氷が雄大にたたずむ。青く深みのある氷が寒さの美しさを見せてくれる。タウシュベツ橋も彼方に見える。糠平湖のワカサギ釣り。まだまだ楽しめる。3月14日頃まで、サクラマスとワカサギのアイスフィッシングが楽しめる。ロッジラッキーフィールドトップ
http://lodgeluckyfield.com/


P2210457
ワカサギ釣りに行きましょう 2010年2月21日糠平湖



V39JNdy1



(21:37)

2010年02月19日

_2097972
ワタリガラスの謎2010年2月9日

2月9日ワタリガラスを見に行った。毎年この場所にはワタリガラスがやってくる。特有の地形で上昇気流が起こり、ワタリガラスやオジロワシ、オオワシがこの上昇気流をつかみに集まってくる。ワタリガラスはそんな風を利用して遊んでいる。たかがカラスだけど、このワタリガラスは様々な伝説をもつ鳥で、不思議な鳴き声は言葉では言い表せないほど愉快で楽しい。

ワタリガラスがいる崖まで目指す途中、行く手を阻むかのように横殴りの雪。ここで帰ろうか迷ったとき、休憩して納豆を食べ始めたのが上村知弘氏。彼は野生動物を写真を撮るプロカメラマン。彼が撮る写真は動物の息づかいはもちろん、その動物が息づく環境を鋭く止めてくれる。そんなフィールドででは厳しい姿を見せる彼は吹雪のなかでも納豆を食う。そんな彼のリズムがとてもも合う。ぜひ彼の撮る写真を見てほしい。ホームページはこちら


P2090337


V39JNdy1




(20:56)

2010年02月05日

P1300199


最初に天地を作ったのは
気まぐれなワタリガラス
彼は隠させていた太陽を盗み出し
この世に光をもたらした
出来上がった世界は はじめ完全だった
すぐに飽きた いたずらワタリガラス
世界をわざと不完全に作り直した
そして世界は完璧でないからこそ
悲しくも愛しいものとなった


そろそろ地球で遊ぶワタリガラスたちに会いに行きたい。2月9日ワタリガラスツアーを予定しています。V39JNdy1



(22:31)

2010年02月03日


P1290193
山を登り尾根にでる2010年1月29日然別 

然別の森へ出かけた、雪は60センチ、笹は雪の下に隠れスノーシューでどこでも自由に歩く事ができた。この時期、鹿がいるのは南斜面の日当りが良い場所。スキーやスノーシューをはいて森に入れば鹿の気配は濃かった。仕留められた1頭の鹿は、道路からすぐ斜面を上がったエゾマツの森の中に立っていた。

P1290176
玉は喉にあたり、その場で倒れたエゾシカ2歳雌2010年1月29日然別にて

空高くをオオワシが飛んでいた。黒い体に白い肩と尾が青空に映え大きく羽ばたく姿はぼーっと見るほど雄大だった。雲と青空のコントラストの中を逆光で飛ぶ姿、鷲という勇ましさがある。森を5時間もさまよえば、いろいろな動物に出会う事ができる。警戒するのはエゾシカだけで、気配を殺して歩く私の前に、他の動物たちは何の警戒もなく現れてくれる。ケーン、ケーンと遠くで鳴き声が聞こえ、キリキリと鳴きながら飛びよって来たのは、大きさがカラスほどあるクマゲラだった。




(21:16)

2010年02月02日


P2020166
悪戦苦闘の結果なんとか抜けてくれた。2010年2月2日

ワカサギ釣りで氷に穴をあけるドリル。このドリルの歯が切れるか切れないかは、はじめの穴あけ作業に大きく影響する。分厚い氷に穴をあける作業でドリルが切れないとくたくたに疲れてします。ドリルの歯が切れると、気持ちよく穴があく。購入して4年目、一度も歯を研いだ事がなく、試しにダイヤモンドヤスリで研いでみると、研げてはいるのに、全く氷に切れ込んでいかず、逆効果だった。アイスドリルの歯を研ぐのは素人には不可能だとあきらめ、釣具屋に研ぎにだすと、ドリルの歯が錆び付いて抜けなくなっていた。釣具屋からも見放されてしまった。海水が流れ込む海岸の湖でドリルを使うと、塩水でさびてしまうという。夏の間もドリルを外しておいた方がいい。そんな事言われても錆び付いてしまったものはどうしょもなく、どうしたらいいものかしぶしぶ家に持ち帰った。

悪戦苦闘した結果、うまくいったのがタガネだった。錆び付いた歯の取り方は、まずCRC556を隙間にたっぷりとしみ込ませ、タガネを根元にあてて、トンカチでたたいた。すると少しずつ動き外れてくれた。歯で手を切らない注意すること、力みすんでドリルの歯を曲げない事。ドリルの歯は2シーズンに1度くらい研ぐべき。研ぎ代は音更のオオツキ釣り具店で2100円程度。


P2020165
タガネをここにあてて、トンカチでタガネをたたくと少しずつ抜けてくれた。



(23:40)