2014年08月

2014年08月18日

ようやくガイドが一段落しました。7日間連チャンのガイドが終って、通算20日間のガイドでした。そんなわけでブログの更新をおこたってゴメンナサイ。

今日は少し遅れてお墓参りを済ませ、地域のお盆へ。この地域は古いお寺に集まって北海盆踊りを踊ります。生の三味線と歌い手、古いお寺を背景に良いお祭りでした。何でも無料だったので、飲み過ぎました。

140817_1901~02娘の保育園のお友達がたくさんで、こんな地域で育つんだな〜とシミジミ。

140817_1918~01たかが釣りですが、遠くのヨーヨーを狙ってロングキャストです。

十勝の季節は、8月13日花火大会を機にどんどん涼しくなりました。11号台風の影響を受けてたっぷり雨は降りましたが、毎日いい釣果に恵まれました。蛾や蝶、バッタ、ビートルなどの陸生昆虫が活発なこの時期は、4番、2番のドライフライオンリーで日中にでっかい鱒達と真剣勝負ができました。


P8160140






昨日の一匹、7日間夏休みの最後を飾る1匹でした。2番のガディス。

P8160105

P8160071ド派手なライズを1度か2度。休ませて丁寧に、ドボンとでました。

P8130006大雨の後、十勝石(黒曜石)もたくさん落ちていました。

P8120044あちこちにトリカブトの花が咲き始めました。普通下から順に咲きますが、トリカブトはなぜか上から順に咲きます。

P8140056連日の川歩き、酷使されるウエアもくたびれ気味、そして私も・・・


P8150210上から魚を探して、2匹定位する鱒を発見、ゲストと2人で観察して、立ち位置やフライを決めてドキドキする瞬間です。写真右下に写る2匹の鱒、見えないかな?

P8120005

P8060006右手でロッドをにぎって、左手でリールを巻く。左巻きができた方がいい。バラス時はフッキングから10秒以内。アワセから10秒間の竿さばき、ラインの処理でだいたい決まる。しっかり竿曲げられたら、あとはゆっくりあせらずやればいい。肩の力を抜いて・・・

P8060120毎年四国から夫婦でフライフィッシングを楽しみに十勝に遊びに来てくれる2人。旦那に手を引かれながら川を渡り、ここぞという場所でしっかりと釣る奥方の姿に苦笑い気味な旦那の様子が印象的でした。楽しみを共有できるっていいですね。帰りの飛行機無事に飛んだようでよかったです。


十勝の海アメ。川が増水でダメなので、ひさびさに海へ。海で釣るアメマスは川のアメマスと違って太くて超パワフルです。波の音を聞きながらイワナを釣るのもなかなかいいものです。ゲストと2人で交代に釣りました。ロッドは8番9ftのシングルか6番のスイッチでラインはフローティング。茶色のゾンカーです。ボイルもあちこちで見られ楽しいです。川での繊細なドライフライの釣りも楽しいですし、たまには潮風にふかれどか〜んとやる釣りもこの時期ならではです。P8110093ドライで釣る山奥のアメマスも楽しいですしが、海でのんびりと釣るパワフルなアメマスもまたフライフィッシングです。P8110095乾いたコンクリや砂の上に魚を置くと、魚にとってあっちっち〜なので、バケツで水をかけてやってネ。


P8110058P8100049一雨ごとにすずしく涼しくなる十勝の夏。娘もキノコもスクスクと育っております。なぎささんにも少し余裕が出てきたか、近くの鱒が気になる様子?

P8050111天高い空にもそろそろうろこ雲が広がる頃です。十勝は秋になります。少し切なく寂しい季節ですが、ワビサビのある大人的な季節は私が一番好きな季節。秋のライズはまだ少し先ですが、しっかりと季節を楽しまないとすぐに次の季節がやってきてしまいます。お盆が終わり、十勝が人で賑わう季節も過ぎ、ようやく静かになりそうです。十勝の鱒釣りも第4ステージへと突入か、体調を壊さず頑張りましょう。その前にすこし遊び(調査)に出かけようかな〜。

ロッジに遊びに来てくれた方々、本州からも海外からも、はるばる遊びに来てくれた釣り仲間たち。釣りの話に目を輝かせるのは誰も同じ、一つ一つの出会いがとても幸せに思い、美しい川を歩き、共に十勝の鱒にチャレンジして楽しくも、苦くも笑ったのは素晴らしい時間でした。皆さまとこのフィールドに感謝です。そしてまた年を重ね、会える日を楽しみにします。

P8040077P8020100P8020063



十勝の鱒を釣るためのフライにエゾシカの冬毛はとてもいいです。私が冬に撃った鹿の中で毛のツヤとしなやかさのある2、3歳鹿の毛を選りすぐって処理しドライフライに使います。タイイングの巻きやすさと仕上がりの質感、そして耐久性。エルクヘアとかディアヘアなど輸入物がありますが、エゾシカの毛は引けをとらず、上をいき、そしてなんといっても地産地消でよく釣れます。ナチュラルもいいし、ダイドで緑やブラック染めたものも大活躍。エゾシカの毛は現在ナチュラルカラーだけが在庫がございますので、まだエゾシカの質感を知らない方はぜひお試しし、十勝の鱒にチャレンジしてみて下さい。


P81501892番か0番サイズのバッタでしたが、ボロボロになってこそ実力を発揮してくれます。エゾシカの冬毛、ぜったいおすすめ。だまされたと思ってお試しあれ・・・。 ナチュラルで1枚1,000円。送料が350円です。

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。 

http://lodgeluckyfield.com/Fish-Ezo_Deer_hair.html


十勝の自然を楽しむためのガイド&ロッジ 
Lucky Field

banar_long

このごろはFBで毎日情報発信中。
https://www.facebook.com/lodgeluckyfield
















(00:21)