2007年01月08日

35135c72.JPG「鼻毛が凍る」という、感覚がわかるだろうか?

鼻毛が凍るというのは、鼻で息をすると、水蒸気が鼻毛について凍り、鼻毛が硬くとがり鼻の内側にチクチクと刺さる感覚。言葉に表すと難しいけど、北海道の人ならたいてい経験している。

マイナス20℃まで下がる条件は、風がなく、まったく音のない世界で起こる。耳鳴りのようなキーンと張り詰めた空気こそが、時間さえも止めてしまったかのような世界を作る。気温は低いけれども、風がないので、それほど寒さは感じない。だけど空気が動く鼻の中だけは、鼻毛が凍り寒さを感じる。1月3日上士幌町の糠平湖にワカサギ釣りに向かった。

(22:27)