2008年01月20日

e91880e3.JPG三股の帰り、糠平湖でちょっとワカサギ釣り。

車をとめ、糠平の森を抜け湖を目指す。雪の上にはウサギやキツネの足跡がたくさん残されていた。風も無く穏やかな森だった。湖に着くと、ワカサギ釣りのテントが10ほどあった。でも、建てっぱなしで人がいないものもあるようだった。中には何週間もあるのでは?と思うような、紐でしっかりと固定されたテントもあった。

はじめそのテントの近くは釣れるだろうとドリルで穴をあけて仕掛けをたらしてみたけど。まったく反応無く、さらに深い場へ移動。毎年良く釣れる場所で、仕掛けをたらすと、すぐにアタリがきて、次第に群れが集まり、入れ食いい状態になった。後から来た友人に、その場所を譲り、タウシュベツへ向かった。

続きはまた次回へ・・・
写真は、釣ったワカサギは氷の上で一瞬にして冷凍される。

(08:16)