新極真会 福島支部 三瓶道場

三瓶道場のニュースをお届けします。since 1997.4.10

三瓶理論

三瓶理論



骨と呼吸で生み出す身体操作

筋力に主をおいた稽古とは別の角度から
強さを追求し続けている三瓶啓二師範。
それは年齢に関係なく、
自分を高めていくことができるものだという。
三瓶師範が追い求める空手とは何か。

講師:三瓶啓二
空手LIFE 2011.2月号 No.43より
Text&Photos/人見武士

 続きを読む

2017年 三瓶道場 行事予定(案)

年間行事予定(案)です。
pdfで作成してありますので読める環境で開いてください。

2017年三瓶道場 行事予定(案)

昇段レポート

image






昇段レポート 白河道場 高橋豊

この度は、昇段審査を受けさせていただきありがとうございました。 自分が白河道場を知ったのは、同じ会社の鈴木泰男先輩が白河道場で空手をやっていて、 体を少し鍛えたいと言う事を先輩に相談した所、白河道場にトレーニングジムあるから 来てみればと言う事から道場に通う用になりました。 ジムから稽古している所が少し見えていて、滝嶋先生の気合いの入った掛け声と先輩方 の頑張っている姿を窓腰に見ている内に、段々と空手をやってみたくなり、1年後の26 歳の時に白河道場に入門しました。 初めは楽しくて稽古に励んでいましたが、昇級して行く度に満足してしまい、稽古に行 く回数も段々と減り、道場から遠ざかっていました。 そんな中、忘れもしない東日本大震災、不安な日々を過ごしました。 震災にも負けず前に進もうと頑張ってる人達を、新聞やニュースで見ている内に、また 空手を頑張ってみたくなり、年明け2012年の道場の鏡開きに、久しぶりに緊張しながら 顔をだし、先生、先輩方は温かく向かえてくれて本当に嬉しかったのを覚えています。 新井先輩には、稽古日数100日目指しましょう!と目標も立ててもらい、今回一緒に昇 段審査を受けた、野崎先輩と自分と3人で稽古に励み、その年は3人とも稽古日数100 日越えを見事達成する事が出来、この頃から空手と向き合う意識が変わり、昇級しても 満足する事なく、意識して稽古に取り組む用になっていました。 そんな中、先生から昇段の話を頂いた時は、嬉しさよりも緊張と不安でいっぱいでした。 12月までの期間、日々の稽古を全力でやろう!と心に決め、稽古後のウエイトトレーニ ングや真夏のサーキットトレーニング、掛け組手などキツい練習にも耐え、昇段審査を 向かえる事が出来ました。 当日は、緊張はありましたが不安は無く、自信を持って受ける事が出来ました。 10人組手では、何度も倒され悔しい思いもしましたが、滝嶋先生の練習して来たんだか ら大丈夫だ!と言う言葉に励まされ、最後まで動き切る事が出来ました。 組手が終わり、しばらく放心状態でしたが、時間が経つにつれ完遂出来た達成感と、感 謝の気持ちでいっぱいになりました。 掛け組手の相手をしてくれた先輩、応援して下さった皆様本当にありがとうございまし た。 最後になりますが、これまでご指導して下さった三瓶先生、滝嶋先生、キツい練習を一 緒にしてくれた先輩方、道場生の皆様本当にありがとうございました。 これからは帯の色に恥じぬ用一生懸命稽古に励みたいと思います。 これからもよろしくお願いします。 押忍!  




昇段レポート  白河道場 野崎 秀寿
自分の誕生日の2日後、2016年12月4日に昇段審査がありました。福島支部の昇段審 査は全国有数に過酷と言われており、これまで何度か拝見させて頂き、時にはその審査 の掛け組手の相手をさせて頂いて、その過酷さを肌で感じていました。これまでに死人 は出ていないと聞いていましたが、もしかしたら自分がその第一号になるのではと、少 しだけ考えてしまった事を思いだします。 昇段審査の話を頂いてからの半年間、空手を始めてからの約17年間で一番稽古に打 ち込みました。思い返すと、道場行事にしか顔を見せなかった事で、仲間から「ツチノ コ」と呼ばれた時期もありました。しかし、辞めずに稽古を続けた事で今回の機会が巡 って来たのではないかと考えています。 そして、期待と感謝そして自分が完遂出来るかどうか不安の中で挑んだ掛け組手。こ れまで一緒に稽古をしてきた仲間、いつも指導してくださる黒帯の先輩方が相手をして くださいました。組手の最中、相手から次から次へと放たれる攻撃に対し、「何か返さね ば!」「何か返さねば!」と思うも何も出来ず、しのぐ事に精一杯になり、そんな自分が とても歯がゆく、とてもやるせなかった事を今でもはっきり覚えています。それでも、 滝嶋先生をはじめ先輩方や仲間の掛け声が、折れ曲がった体を何度も何度も起き上がら せてくれた事もはっきり覚えています。みんなの声援から伝わる「頑張れ」の気持ちが、 弱りかけた心を奮い立たせ、倒れずに立ち続ける力となりました。そして、今までの自 分では耐えられなかったような場面でも持ちこたえ、自分一人では出し切れない所へ少 し行けたのではないかと思っています。 今回、昇段審査を受けさせて頂けた事、三瓶先生、滝嶋先生、黒帯の先輩方、仲間の 皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。これからは、滝嶋先生が常々仰っている、「黒帯を 取ってからがスタート」と言う言葉にならって、このスタートラインから、また一歩ず つ歩んで行きたいと思います。押忍。

東北空手道選手権大会

骨髄バンクチャリティー
第33回オープントーナメント東北空手道選手権大会

開催日:2016年11月6日(日)午前10時開場
会 場:福島市国体記念体育館

【前売り券】1500円(プログラム付)
チケットピア(Pコード:833665)
岩瀬書店 八木田店 中合店 鎌田店 福島駅西口店 ヨークベニマル福島西店
佐周書店
オノヤスポーツ
【当日券】2000円(プログラム付)

■第25回子供型大会 第19回シニア大会も同時開催

【お問い合わせ】新極真会 三瓶道場 024-531-5452


image

ジュニア交流大会

三瓶道場ジュニア交流大会が開催されました。
9月18日(日)に今年も白河道場にて三瓶道場ジュニア交流大会が開かれました。
優勝、入賞した子も、負けてしまった子も、三瓶先生のお話にもあったように、大きな相手にも強い相手にも勇気を持って挑んでいました。
挑戦しないより、挑戦したほうが格好良いに決まってます。
怪我などで出れなかった応援団も含めて、みんな格好良かったです。みんな素敵でした。そしてまた頑張りましょう!

 IMG_20160918_095858IMG_20160918_095921IMG_20160918_115907

わらじ競争

福島市わらじまつりのわらじ競争に三瓶道場チームが参加しました。

残念ながら初戦で敗退してしまいましたが、今年の反省を生かして来年また頑張ります!
小柳

image

夏師範稽古会

師範稽古会に参加して

平成28年7月2~3日、三瓶師範による師範稽古会が行われました。師範稽古会という形では2回目の開催となります。まず、初日午前は少年部、午後は一般部の稽古という日程で実施されました。
内容としては、基本稽古や移動稽古、三戦や天掌の型を行い、その中で肩甲骨や肘の動かし方、腹圧や身体の中心から技を出すということを意識しました。普段の稽古ではそれほどできていない部分ですが、稽古会参加前とは身体の動かし方、呼吸の落とし方の意識について、変化を確認することができました。腹圧を意識することで、蹴り足が力を使わずに上げられることや、突きを打つ際は身体をしめる感覚を実感でき、肩甲骨や肘の動かし方によって、体の根っこの部分を意識しての稽古となりました。
力や勢いに頼った動きではどうしても余計な力が入り、疲れやすくなってしまいますが、「根っこを動かし、手や足は道具にする」ということの意識が高まり、有意義な稽古ができたのではないかと思います。1日目の最後には約束組手、組手が行われ、ここでも肩甲骨や肘を使った技の受け方、身体の中心を使うこと、手や足だけで技を出さないようご指導いただきました。
稽古会全体を通しての稽古内容は大きく変化はなく、基本稽古や移動稽古などを繰り返し行いましたが、そういった繰り返しの稽古によって自分自身の動きの練りこみができ、大変濃密な内容となりました。
夕食後は「黒帯会」、同時に各道場の色帯の方による「色帯会」がそれぞれ行われ、夜遅くまで交流を深めました。
2日目の稽古終了後はバーベキューが行われ、毎年恒例となった世界各国の新極真会のTシャツやグッズなどをかけたジャンケン大会が行われました。本来であればオークション形式で、欲しいと手を挙げた方どうしでジャンケンをするところですが、今年は皆様後に出て来るグッズがより良いものが出てくるのではないかということを期待してか、ジャンケンが成立せず手を挙げた方が無条件でグッズを獲得するという奇妙(?)な現象が起こりましたが、結果としては参加された方どうしで交流を深め、楽しむことができたのではないかと思います。
今回の稽古会により、各道場の方と交流を深め、普段大勢の方と稽古をするということが少ない私にとってより良い機会となりました。稽古内容についても、今回学んだことを今後の稽古に少しでも活かしていければと思います。今回、稽古会に参加された皆様、大変お疲れ様でした。 
新極真会三瓶道場 会津南分支部 舩木 慎弥
夏稽古_1夏稽古_2夏稽古_3夏稽古_4夏稽古_5夏稽古_6

三瓶道場黒帯会35周年記念パーティ

6/18にホテルグリーンパレスにて三瓶道場黒帯会35周年記念パーティが開催されました。
全国から黒帯が集まり、親睦を深めました。

写真はこちら

稽古会のお知らせ


《師範稽古会》

三瓶師範による稽古会が、7月2日(土)・3日(日)に福島市にて開催されます。

対象は色帯以上で、小学生は7月2日(土)の午前のみ、一般は午後からの一泊二日の稽古会となります。参加費は小学生3,000円、一般11,000円で、道場〆切は6月17日(金)となります。


なお、夏冬の合宿はなくなり、稽古会出席も審査受審には関係ありませんが、道場生にとっては三瓶先生の直接指導を受けられる貴重な機会ですので是非ご参加下さい。詳細は道場にて案内をお受け取りください。

東北大会情報

東北大会のシニアの部の統合が決定しました。40歳~49,50~59,60歳以上の3部門となり、すべて延長は1回のみで、時間はクラスごとに2分-2分、2分-1分半、1分半-1分半となります。

また、子供型の大会も低学年・高学年とも準決勝までが太極Ⅲ、準決勝以降が足技太極Ⅰ(前蹴りは中段)となり、他支部、他道場が参加しやすくなります。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ