松伏町にある「山歩」の暮らしブログ2

山歩の庵主です。 日々の山歩にまつわる出来事を気軽に綴っています。 今井健夫

山歩の朝。「ケンケーン」と甲高い雉の声。「ホーホケキョ」と長閑なウグイスのこえ。「チョットコーイ」とコジュケイの声。人を気にせず野鳥たちの鳴き声が響き渡る。私はというと・・・ヤマモモ酒をつくった。次は、このナツハゼが果実酒になるのを待っている。庭の芝生、 ...

前の畑にあるヤマモモ。ヤマモモの実が食べ頃になりました。山歩のお客様、どうぞ食べてください。無農薬です。私はいつものように果実酒に❣️そうそう、この実も熟し始めました。ナツハゼです。この実も果実酒にすると美味しいです。早速、果実酒作りをします。 ...

今朝のこと。ふと庭を見ると・・・雉の夫婦とムクドリが仲良く散歩していた。山歩の庭を気に入ったようだ。私を見ても、全く逃げる気配はない。ふと、家族が増えた気分になった・・・・・ ...

高貴なる高齢者の皆さん。私を含めて皆んな、身体に不具合を抱えて懸命にイヤ賢明に生きてることに感動してるヨ。前号で書いた通り脳が完成した今こそ純粋に生きる条件が整ったのだそうだ。人間の寿命が110歳らしいので余分なことには手を出さず、自分のやりたいことに残る人 ...

脳の話の続き。人間の脳は7年刻みに成長するのだそうだ。7歳で入学、14歳で義務教育終了といったぐあいに7年刻みにできている。これは人類共通のようだ。そして、そして・・・7年刻みの成長を続けた脳が完成するのは56歳(7年✖️8回)。56歳以降は、今までに学習したものを整 ...

↑このページのトップヘ