ことわざ辞典

ことわざを覚えながら書いて行こうと思います。

秋の扇(あきのおうぎ)

夏を過ぎて顧みられなくなった扇を我が身の境遇に喩えた言葉。男の愛を失った女性のこと。

下衆の後知恵

下衆(身分の低い者/心がいやしい者)は肝心な時に案が出ず、事が終わってからいい案を出すものだ。と言う事。ちなみに英語では「後で言う事はやさしい」と言うのだそうです。

芸が身を助けるほどの不仕合せ

全盛時代に憶えた芸を、落ちぶれた時に売り物にして生活知なければならない不幸な状態のこと。
記事検索
相互リンク
プロフィール

sanpu123

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ