三陸復興支援ボランティア

2012年3月11日に起きた、三陸太平洋沖地震の復興を応援するサイトです。

最終収支報告

三陸復興支援ボランティア最終収支報告(2011年8月~2012年)

1. 収入の部

2011年
10月 1日 銀行利子                                                             21円
10月14日 イトウシオリ様                                        10,000円
11月 4日 香川真澄様                                                 70,000円
12月 5日 ココロノイエハ・トブ様                          13,400円
2012年
 4月  1日 銀行利子                                                              18円
10月  1日 銀行利子                                                              16円

2011年8月から2012年10月までの収入              93,455円
2011年8月までの収入                                        569,536円
                             合計  662,991円

 
2. 支出の部

2011年
8月30日 仮設住宅用フック、突っ張り棒、そのほか雑貨
                             3,360円
9月23日 仮設住宅用雑貨(ピンチハンガー、吸水シート、便座カバーほか)
                             21,000円
2012年
2月27日 靴下、ひざ掛け、肩掛けほか                                 21,000円
3月14日 ひざ掛け、靴下ほか                  10,500円
3月16日 ガソリン代                          2,133円
3月19日 手ぬぐい、タオル、ハンカチほか            15,750円

8月24日 気仙中学校へ寄付                  145,085円

 

2011年8月から年2012年8月までの支出           計  218,828円
2011年8月までの支出                          444,147円
                                            合計 662,975円

最終決算

全収入  662,991円
全支出    662,975円
差額(寄付後の預金利子) 16円
                                       
                                               以上

ふれあいコンサート

ブログ更新たいへん遅くなりました。

3月26日、陸前高田市のモビリア集会所と第一中学校にて新日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによる弦楽四重奏のコンサートのお手伝いをしてまいりました。







演奏された楽曲は「タイス」「世界にひとつだけの花」「ジュピター」など、MCを楽しく織り交ぜながらの心温まる演奏会となりました。
ご来場いただいた被災地の方々にはとても喜んでいただきました。

バスなどの交通手段がかなり少ないため、どこにも出かける機会のなかったお年寄りの方たちは、こうした生演奏を間近に聴く機会を得てたいへん感激しておられました。

3月とはいっても、岩手はまだまだ小雪もちらつき、寒いさなかではありましたが、会場全体がなごやかな雰囲気に包まれて、素晴らしい演奏会となりました。

また、新日本フィルの方たちは、初めて目にした被災地の様子に衝撃を受け、震災の凄まじさに驚いておりました。

 

このコンサートを区切りに、団体としてのボランティア活動を終わりにしたいと思います。お仕事をしながらの活動が困難になってきたためです。

昨年の緊急時には、みなさまからのご支援、たくさんの支援金、物資、本当に感謝申し上げます。
特に、友美の同級生 不来方高校芸術学系のみなさまには、多大な支援金をいただき、被災地に必要な物資を届けることができました。ほんとうにありがとうございました。

みなさまからいただいた支援金の残金は、陸前高田市で現在活動中のボランティア団体に寄付しようと考えております。具体的なことが決まり次第ブログにてご報告いたします。

2012年3月11日

震災から一年経ちました。

世界中で追悼のセレモニーがおこなわれましたね。
私も地元陸前高田に行ってまいりました。

早朝は雪も降っていましたが
お昼ころにはものすごいお天気に。

車で通る道からは
お日様に照らされてガラスの破片がきらきら輝いて見えました。

かなり整理されていましたが
瓦礫の山は変わっておらず。
この先の復興までの道のりが長いものなのだと
感じずにはいられません。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

今回の目的は
もちろん一周忌のご法要。
そしてもうひとつ
3月26日に行われる演奏会のご案内。

奥州市の香川さんからのお話で、日本フィルのメンバーの方々が
ボランティアで演奏をしてくださることになり
今回、香川さんと金野親子でまいりました。

演奏会は陸前高田市の【モビリア】と【高田第一中学校】の二箇所で行われます。

ということでご挨拶とご案内にモビリアと高田一中の仮設住宅に
一軒づつ演奏会のチラシとあったかい靴下やレッグウオーマーなどを
お渡ししました。(支援金を送ってくださった皆様、ありがとうございます!!)


実はモビリアと間違えて
なぜかサンビレッジに行ってしまい
そちらにお住まいのOさんに道を教えてもらい助けていただきました。
Oさん、ありがとうございました!

お近くの方はぜひ聞きに来てくださいませ!!

余談ですが 今回の演奏会のお話をくださった
香川さんは、前回のブログの
大倉山記念館でのチャリティコンサートで共演させていただいた
ピアニスト香川真澄さんのお母上です。

いつか岩手で私たちもコンサートをしましょうと
計画を練りに練っている最中です。
その際もぜひ足を運んでいただけたら幸いです。

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ご法要のあと、一本松を見に、三人で瓦礫の山を登りました。
前日は雨だったそうで 足元に注意しながら
一歩ずつ進みます。

まったく変わってないように見えたのは瓦礫だけでした。

瓦礫なのに その隙間から雑草がしっかり根付いて
光合成しています。
さらには潮水を何度も何度もかぶったであろう縁石花壇からは
水仙の球根らしきものが芽吹いていました。

そういえば 春に来たときも
海は穏やかで透明でかもめは白かった
魚もくらげもなんでもなかったように生きていました。

自然は時間の流れに沿って
自ら再生する。
 
自然は無駄がないから効率的でいいなあ

人も自らの意思で再生できる。
自然のように効率よくはいかないかもしれないけど。
じっくりしっかり復興していけたらいいなあ
と 命をみて思いました。

まだまだ寒いので風邪などひかないよう、お互い顔晴りましょう(´ー`)

120102_122648
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ