2017年02月01日

「越喜来チルドレンの集い2017」のお知らせ
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、私たち(北里大学水産学部)の第二の故郷が悲劇に襲われて6年が経とうとしています。
今年もまた、三陸で青春時代を過ごした同志で集まりませんか。
昨日ご案内した写真展の一週間前となる
3月4日(土)に、「越喜来チルドレンの集い2017」を昨年同様、埼玉県志木市の「越喜来や」さんにて開催いたします。

2016年3月4日(土)
場所:「越喜来や< https://www.facebook.com/Okiraiya/?fref=nf>」
受付:15時30分~
開始:16時(ラストオーダー18時30分)19時終了
「三陸のお母さんの味コース(飲み放題)」
会費:一般5000円

※スペースの都合上、30名ほどがMAXかと思い
ます。
申し込みにつきましては、料理の準備の都合もある為、2月22日(水) までにお願いしたいと思います。
参加者は北里大学卒業生、三陸にゆかりのある方、共に三陸を想いたい方であれば構いません。
皆様の参加をお待ちしております。

<申し込み方法>
・「お名前」
・「当日連絡がとれる連絡先」
・「住所」
・「卒業年(卒業生の場合)」
・以上をご記入の上、okiraichildren@gmail.comまでお願いします。

越喜来チルドレンの集い2017実行委員会 
幹事:半根浩次


sanrikudaisukisanrikudaisuki at 12:25 

2017年01月31日

<三陸写真展のご案内>
岩手県大船渡市三陸町(旧気仙郡三陸町)、ここは小さな漁師町。
過疎化と高齢化が叫ばれる時代にも、この小さな町には毎年200人弱の若者が日本全国からやってきました。
北里大学水産学部(現・海洋生命科学部)は三陸町にキャンパスを構え、2年次から学生は三陸キャンパスでの生活が始まります。

都会と比べればないものだらけ。
しかし3年間の生活を終えると「人情」や「大自然」、「変わらない景色の大切さ」など「何もない」スタートだったのに、様々なものが見えてくるようになり、逞しく成長し社会へと旅立っていくのでした。

しかしあの震災でキャンパスは傷み、現在は閉鎖となってしまいました。
震災以降、毎年卒業生たちは3月が近づく度に、三陸を思う「何か」を行動に移してきました。
今年は学生時代の写真で三陸への思いを紡ぐ写真展を開催する運びとなり、ここにお知らせいたします。



写真展:『俺の三陸』
~三陸で青春時代を過ごした北里大学水産学部(大船渡キャンパス)卒業生による写真展~

日時:3月10日(金) 14時~19時
   3月11日(土) 9時~17時
   3月12日(日) 9時~17時
   
場所:エッサム神田1号館
東京都千代田区神田鍛冶町2丁目2-2
(JR神田駅 東口徒歩1分 東京メトロ神田駅3番出口前)

essam map


この写真展はクオリティーの高いプロカメラマンによる写真ではなく、卒業生たちが学生時代に撮影した何気ない写真がほとんどです。
青春を謳歌する各時代の学生たちに笑顔の後ろに映る、町並みや船。
当時は何気なかったその景色が今となっては、これが誰かの大切な思い出となっているかもしれない。
そんな思いとともに、三陸ではじけたそれぞれの青春の姿を一堂に会し、ご覧いただく予定です。

多くの皆様のご来館をお待ちしております。



sanrikudaisukisanrikudaisuki at 18:40 

2016年02月15日

051cee4c
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ご連絡が遅くなり申し訳ありません。
三陸で青春を過ごした同窓と、三陸に思いを馳せませんか。
今年もまた「越喜来チルドレンの集い」を開催します。

2016年3月5日(土)
場所:「越喜来や< https://www.facebook.com/Okiraiya/?fref=nf>」
受付:15時30分~
開始:16時(ラストオーダー18時30分)19時終了
「三陸のお母さんの味コース(飲み放題)」
会費:一般5000円
   小学生以下0円
※スペースの都合上、50名ほどがMAXかと思います。
申し込みにつきましては、料理の準備の都合もある為、2月24日(水) までに以下のアドレス、またはスタッフに直接メッセージお願いしたいと思います。
参加者は北里大学卒業生、三陸にゆかりのある方、共に三陸を想いたい方であれば構いません。
<申し込み方法>
・「お名前」
・「当日連絡がとれる連絡先」
・「住所」
・「卒業年(卒業生の場合)」
・以上をご記入の上、okiraichildren@gmail.comまでお願いします。

越喜来チルドレンの集い2016実行委員会



sanrikudaisukisanrikudaisuki at 16:23 

2015年12月01日

久々の活動報告になります。
これまでも何度か海底清掃を行いましたが、なかなかご報告できず申し訳ありません。
メンバーより活動報告を頂いていますのでご紹介します。

今回は去る2015年11月21日に行った海底清掃活動報告になります。

現在は震災関連の瓦礫等はほぼなくなり、今後の活動のための調査
および海底の状況の報告と言う次のフェーズに入っているようです。
写真をメインにご紹介します。 


【活動概要】

日時:2015年11月21日9:00am〜3:00pmごろ

場所:大船渡市越喜来崎浜港

参加者:6名(北里大学卒業生および在校生)


【感想】

震災の瓦礫はほぼなく、震災後のゴミが多かったように思います。


【活動の様子】
message

message02


00000


000

12273554_718755558259036_41


12244357_718755538259038_50


12244267_718755661592359_29


12238000_718755578259034_35


【崎浜港の様子】
11220766_718755628259029_48


12291147_718755591592366_34

【海底の様子】
11114099_718755444925714_81

11220766_718755504925708_62


12240995_718755708259021_43


12247920_718755408259051_35


12248164_718755474925711_68


12273709_718755431592382_17


12291674_718755391592386_67


秋も深まった11月下旬の潜水作業。
丘番のスタッフも含め、頭が下がる思いです。
これからも折を見て、三陸の海が元気になるよう、お手伝いしていく所存です。



 ※記事内の写真の著作権は撮影者およびリトル越喜来に帰属します。
 



sanrikudaisukisanrikudaisuki at 16:26 

2015年05月01日

11150230_817765004967939_72
北里大学三陸キャンパスを卒業されたみなさん。
いかがお過ごしですか。

まもなくGWです。
在学中帰省しようと三陸郵便局に行くも、GW休みでお金を下ろせず、燃料の補給も出来ず、泣く泣く三陸にとどまった事を思い出します。 

さて 、幾多の卒業生の思い出の詰まった三陸キャンパス。
すでにご存知の方も多いとは思いますが、解体が始まっています。

残す研究棟もありますが、最も多くの学生が利用したであろうF1号館も解体が始まっています。
このGW、まだ予定の決まっていたい方がいましたら、三陸に足を運んでみてはいかがでしょうか。

4月の中旬に三陸を訪問したOBからの写真を以下に載せておきます。
解体作業は急ピッチですので、進行具合によってはGWには躯体の解体が終了している可能性もありますが、青春の地の最期の姿を目に焼き付けてはいかがでしょうか。

11169871_817765054967934_79
11159986_759103350874466_26
11150415_759103434207791_87
11150230_817765004967939_72
11141372_818158364928603_85
11139451_759102527541215_31
11138653_759102667541201_84
11099286_817765218301251_40
11099286_817765218301251_40
11078039_817765084967931_34
11064616_759102214207913_14
11046687_759102414207893_20
10464347_759103227541145_30
10443344_759103404207794_86
10423294_759103450874456_40
10409096_759101907541277_84

 

sanrikudaisukisanrikudaisuki at 12:27 

2015年03月11日

11018071_797111320366641_4392064808872643053_oのコピー

三陸で青春を謳歌した、北里大学水産学部(現・海洋生命科学部)の卒業生は4年前のあの日、どのように過ごしたのだろう。

あの年の秋くらいだったろうか。
北里出身のアーティスト星野裕矢君が「あの日を一人で過ごせる自信がない。卒業生で集まりませんか?」と言った。個人的にも何かアクションを起こしたいと思っていたし、背中を押された気がした。
私事ながら、震災の影響で仕事がラフなスケジュールになっていたこともあり、比較的時間を割くことが出来、北里大学の相模原キャンパスで最初の「越喜来チルドレンの集い」を開催した。
沢山の仲間が運営を助けてくれ、現役生、大学の協力もあり、100名を超える同窓が集まった。

あれから4年。
先週末、埼玉県志木市の「越喜来や」さんにて、3回目となる「越喜来チルドレンの集い」を開催した。
11066010_748869485228624_17


11009845_748869431895296_91

38名の同窓、三陸出身の方が集い、三陸の魚介に舌鼓を打ち、三陸の酒を流し込む。
気心知れた仲間もいれば、親ほど歳が違う先輩もいる。
それでも楽しく同じ鍋をつつけるのは、「三陸で過ごした青春」の価値観が普遍だからだと思った。

時間の経過とともに、この集いの意味合いも変わってきた。
色々と聞こえてくる三陸の復興の様子に、オトナになった僕達が感じることは、各人それぞれ。
お互い色々言いたい事もあるのだろうけど・・・。

それでも僕らにとって三陸が「ふるさと」である事は揺るぎのない事実。
この「集い」が「三陸を想う」日になるならば、それはそれで良いのだと思う。

11053235_796819107062529_44


震災から4年目の今日。
今一度三陸に思いを寄せる。

 


sanrikudaisukisanrikudaisuki at 11:52 

2015年03月06日

まもなくあの震災から4年目の節目を迎えようとしています。
「越喜来チルドレンの集い2015」はあす開催です。
参加人数も予想外の推移で満員に達し、実行委員メンバーも「三陸の繋がり」の強さを改めて感じております。

学生時代の思い出話に浸るもよし、懐かしい顔との再会を喜ぶもよし。
我らの故郷「三陸」を思い出す日になれば、実行委員メンバーとしては光栄に思います。

あす「越喜来や」は、「越喜来」になります。
皆様とお会いできる事を楽しみにしております。

14:30受付開始、15:00開始の予定です。
18時中締め、19時を終了時間とさせていただきます。



sanrikudaisukisanrikudaisuki at 09:32 

2015年01月28日

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
昨年も幾度かの三陸の海底清掃を行いましたが、その報告をなかなかこちらにできず申し訳なく思っております。

さて、私たち(北里大学水産学部)の第二の故郷が悲劇に襲われて4年が経とうとしています。
今年もまた、三陸で青春時代を過ごした同志で集まりませんか。
来る3月7日、「越喜来チルドレンの集い2015」を昨年同様、埼玉県志木市の「越喜来や」さんにて開催しようと思います。
三陸を「思う」「偲ぶ」、また時代を共有した仲間との時間を楽しむ。
「三陸」を共通の故郷にもつ同志で時間を共有しませんか?

当日は海底清掃の報告や、三陸に最近言った方との情報交換などもできればと考えています。
また、皆さんの学生時代の写真をお持ちよりいただき、三陸での青春を語る事が、再び三陸への思いを紡ぐことになるのではないかと思います。

昨年同様当日は手作り感あふれる三陸の魚介料理とお酒をご用意しようと思います。
なお、諸般の事情によりこれまでよりも会費が若干高くなっていますがご了承ください。

会場の都合上、最大人数は30名ほどと考えております。
北里大学水産学部卒業生はもとより、三陸に思いのある方のご参加をお待ちしております。


 
【日時】2015年3月7日(土) 15:00(14:30~受付開始)
【場所】越喜来や
【会費】一般5000円
    夫婦(二人で)9000円
    大学生3000円
    高校生1500円
    中学生以下無料

※スペースの都合上、30名ほどがMAXかと思います。
申し込みにつきましては、料理の準備の都合もある為、2月14日(土) までに以下のアドレス、またはスタッフに直接メッセージお願いしたいと思います。
参加者は北里大学卒業生、三陸にゆかりのある方、共に三陸を想いたい方であれば構いません。
<申し込み方法>
・「お名前」
・「当日連絡がとれる連絡先」
・「住所」
・「卒業年(卒業生の場合)」
・「三陸とのご関係」
・以上をご記入の上、okiraichildren@gmail.comまでお願いします。
「越喜来チルドレンの集い2015実行委員会」
吉永昌弘
岡野 伸行
大井邦彦
半根浩次

「越喜来や」 埼玉県志木市本町5-14-21
【アクセス】東武東上線 志木駅 徒歩10分 志木郵便局向かい


sanrikudaisukisanrikudaisuki at 10:19 

2014年04月27日

更新が滞り気味で申し訳ありません。
随時更新していく予定でいます。

3月に埼玉県志木市の「越喜来や」さんにて開催した越喜来チルドレンの集い2014は、30余名の参加者にて三陸を想い、同門の絆を確かめるものとなりました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

今回は2014年第一回目の海底清掃の活動報告がメンバーよりあがっておりますので、最近の三陸の写真とともにご紹介します。



【2014年第2回リトル越喜来ボランティア活動報告】

日時:平成26年3月14日(金) ~ 平成26年3月16日(日)
活動内容:

①磯焼け原因の一つとされる巻貝の駆除

②ワカメ水揚げ、処理手伝い



活動場所 :

①泊港・②崎浜漁港 

参加者:9名
卒業生 3名
卒業生ご子息 3名
三陸ボランティアダイバーズスタッフ 3名


07
崎浜の元の堤防の作り直し工事。右側が浦浜方面への道路の高さ。左側は崎浜漁港。中央の低い部分は、元の堤防の根元を取り除いた跡。

06
堤防の断面図


05
浦浜の堤防を作っている様子

04
崎浜のリアス商会が、崎浜港から上がって行く道の右側に復活していました。

03
泊漁港。崎浜と同じくテントが沢山建っている。かさ上げと舗装までは復興が進んだ事がわかります。



02
泊から浦浜方面を臨んだ風景。崩れた堤防の大きな破片が、やっと取り除かれました。

01
三ボラさんとの準備風景

                         




sanrikudaisukisanrikudaisuki at 20:43 

2014年01月21日

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私たちの第二の故郷の悲劇に襲われてから、まもなく3年。
この3年間が我々卒業生それぞれにとって長かったのか、それとも短かったのか、感じ方は様々だと思います。

さて今年もまた、三陸での青春時代を過ごした北里大学水産学部(現:海洋生命科学部)卒業生たちで集まりませんか?
2012年は相模原キャンパス。そして昨年は埼玉県志木市にある「越喜来や」さんに集まり、「三陸を思う人」「恩人を偲ぶ人」「旧友との時間を楽しむ人」それぞれの時間を共有しました。

私たちにとって三陸の事を忘れない事が全ての始まり。
町の姿は変われど、私たちの頭の中には、三陸のあの町並みが今も鮮明に残っています。
三陸を巣立った我々の様々な活動や想いが、三陸の皆さんの元気の素になっていると言う話は、三陸を訪れるとよく耳にします。
もはや忘れえぬ日となった3月11日。

直近の週末である3月8日に越喜来やさんに集まろうと思います。
三陸への思いをまた、束ねませんか。

当日は、手作り感溢れる三陸の魚介料理と三陸のお酒で、思いを紡ごうとスタッフ一同考えています。
また、北里大学の卒業生以外でも三陸に思いのある方であれば、参加していただいて構いません。
以下に内容の詳細・申し込み方法等記載しましたので、参加希望の方はお申し込み下さい。


<越喜来チルドレンの集い2014>
2014年3月8日(土)
場所:「越喜来や」 埼玉県志木市本町5-14-21
受付:14時30分~(※食材手配の都合上、事前申し込みをお願いします)
開始:15時
「三陸のお母さんの味コース(飲み放題)」
会費:一般4000円
   夫婦(二人で)6500円
   学生2000円
   子供(小学生以下)0円



※スペースの都合上、50名ほどがMAXかと思います。50名に達した場合募集を締め切ることもございますのでご了承下さい。

申し込みにつきましては、料理の準備の都合もある為、2月14日(金) までに以下のアドレス、またはスタッフに直接お願いしたいと思います。参加者は卒業生メインですが、三陸にゆかりのある方、共に三陸を想いたい方であれば構いません。

<申し込み方法>
・「お名前」
・「当日連絡がとれる連絡先」
・「住所」
・「卒業年(卒業生の場合)」
・「三陸とのご関係」
・「三陸へのメッセージ」
以上をご記入の上、okiraichildren@gmail.comまでお願いします。

「越喜来チルドレンの集い2014実行委員会」
吉永昌弘
岡野 伸行

「越喜来や」アクセス
・東武東上線 志木駅 徒歩10分 志木郵便局向かい

大きな地図で見る

sanrikudaisukisanrikudaisuki at 15:48 
今後のブログ運営について
三陸の皆様へ向けての情報発信は
ブログ「拝啓、三陸の皆様。
卒業生への情報発信は
ブログ「越喜来チルドレンの集い」にて行っていく予定です。
ご意見などはこちらに!
okiraichildren@gmail.com

コピーしてお使いください。
「リトル越喜来」について
Coming soon
Copyright 2012 Okiraichildren Meeting.
All rights reserved. No reproduction or republication without written permisson.
本ブログに使用している写真・本文の告知以外での無断転載を禁じます。

また、リンク等を貼られる場合は、ご一報ください。