金融リテラシー:PJニュース アーカイブ

金融問題、過剰債務、国の財政運営、さらには年金問題、いずれもその底に「投資」的知見の不足があり、今日の日本の停滞を招来している、と痛感。メルマガでその穴を埋める活動をしています。このblogは、金融リテラシーの為のCLIP作業工房。 ここ2、3年脚光を浴びている、株を念頭においた「投資教育」でもなく、学生に明日にでも会社を作って儲けの世界に飛び出せという「起業家教育」でもない、あるもの。適当な単語がないので「金融リテラシー」と一応命名しています。

新刊と同時にデジタル化 日本でも

お、いよいよ始まりましたかね。

7月3日の日経によると、新潮社、講談社、学研ホールディング
スの3社は今後発刊する新刊書をすべて電子化することを決めた、
とのことです。各社とも電子書籍の価格は紙の7〜8割ほどに設定。
続きを読む

復興をサポートする制度的大転換

日本の社会システム、経済産業構造、そして企業カルチャー、い
ずれもが世界的なパラダイム・シフトの影響にさらされている。
そのため構造的変化を必要としているのが、現在の日本です。
続きを読む

ソーシャル・メディアは社会を変えるか

来年、アメリカは大統領選挙の年ですが、それはおそらくTwitter
選挙になる、ともささやかれて(つぶやかれて?)います。そう
なるとすると、SNSでコミュニティを築く力があるかが、選挙結
果の帰趨を決めかねない重要な要素になってきます。
続きを読む

新興国は、もはや後進国ではない

キュレーターの神宮司です。

米国の経済的覇権、軍事的圧倒的優位性。これが一般の人々の
目にも明らかに崩れ始めたのはここ数年のことです。




続きを読む

空間経済学から見た東日本復興政策

抽象的に、あるいは学問の専門領域ごとに考察されてきた「地理
的空間」とミクロ経済の関係。従来、都市経済学・地域経済学・
国際経済学として別途発達してきた地理的空間の経済学を総合し
ようとする学問が、空間経済学。都市や産業の「集積形成」を分析
する、地味な学問でしたが、震災を機に、にわかに脚光を浴びて
きています。


続きを読む

「総務省平成22年度新ICT利活用サービス創 出支援事業」

キュレーターの神宮司です。

「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進
に関する懇談会」、通称「三省懇談会」と呼ばれます。
続きを読む

村上春樹 「非現実的な夢想家として」

村上春樹さんが今年の『カタルーニャ国際賞』を受賞しました。

『カタルーニャ国際賞』はスペインのカタルーニャ州政府が1989
年から毎年主催している賞で「文化、科学、人文科学分野の価値の
発展のための意欲的・創作的活動が評価された人」に対して授与さ
れます。
続きを読む

「先進国/新興国複合体」と「モダン/ポスト・モダン」

時代認識がめまぐるしく変わる時期に、いまはあるようです。
続きを読む

アップルの「iCloud」とメタデータ

最近、新聞・雑誌、TVに良く出てくる「クラウド」。分かりに
くい概念ではあります。しかし私達が意識していなくても、もう
かなり、いろいろな生活シーンに入り込んでしまっています。


続きを読む

電子書籍サービスの安定性・継続性

3月はあの東日本大震災があった月ですが、東京に住む私にとっ
ても「喪失」の月でした。


続きを読む

米国債 「デフォルトも辞さず」

キャッシュでモノを買い、サービスを買う。それが商品の世界。
資本主義の世界です。かつてはキャッシュを介在させず行われ
るモノのやりとり、サービスのやりとりのほうが生活シーンで
はあたりまえでしたが、「近代化」は「商品化」の過程とほぼ
同期して進行し、いまの経済社会があります。

続きを読む

幸せであると豊かさを感じられる時代へ

豊かであると幸せを感じられた時代から、幸せであると豊かさ
を感じられる時代になる、その変わり目に、いま私達は居合わ
せています。

続きを読む

Connectが、Comunicationを産み、それが世の中をChangeし ていく

機械と機械が呼び合い、声を掛け合う時代になってきました。

当初その機械はPC に限られていて、それでWeb世界、インタ
ーネットのバーチャル世界が出来上がったわけですが、対象と
なる機械の範囲は広がってきました。しだいにケータイになり、
TVになり、とうとう車になり、さらにTV以外の家電に広がっ
ていく勢いです。

●スマートフォン購入によるユーザー行動変化調査(および震災後追加調査)結果報告
http://www.hakuhodo.co.jp/pdf/2011/20110519_1.pdf
もともとスマホはネット閲覧端末。功績はネット世界アクセス
の形態を、「屋外検索」「情報シェア」にシフトさせたこと。

●トヨタとセールスフォースが提携、クルマもつぶやくSNSを構築へ
http://www.publickey1.jp/blog/11/post_164.html
発表会では、電気自動車の充電が足りなくなってきたときに充
電を促すよう「つぶやく」、走行距離が一定以上になると近く
のサービスセンターでの点検を促す、といったデモが。
続きを読む

「シナリオ」を持つという事

震災3.11、また福島原発事故に際して、盛んに「想定外」の単語が繰り返されました。

これはつまりマグニチュード9のシナリオがなかった、ということですね。
続きを読む

ナレッジ・シティ 知識が循環する都市へ

明るい話題として3月には九州新幹線が開通、TVCMが話題
になりました。

続きを読む

現場にネットワ ークを、本部にマトリックスを

唐突ですが、時間と空間は絶対属性です。

続きを読む

「chasm」を超えた、米国のdigital book

「chasm」とはギリシャ語で、「大きく開いた割れ目」の意。
ハイテク市場におけるマーケティング用語では「キャズム理論」
が広く知られています。
続きを読む

震災3.11と「月光の聖者達」

日本語には「ルビ」というものがある。小学生などに漢字の読みを教えるものだが、アーティストがことばのイメージを膨らませるのに使う事がある。桑田圭祐もルビ上手のひとり。

最新アルバム『MUSICMAN』の最終曲、「月光の聖者達」には、ミスター・ムーンライトとルビがついている。
続きを読む

腐敗を撲滅するには〜中国と日本

自民党の河野議員が、原発関連で注目を浴びています。原発推
進の自民党の中にあって、長く独自のスタンスをとり続けてい
たひとだからです。
続きを読む

制度的大転換を実現し、再び成長軌道に〜復興を越えて

東独を合併したドイツは統合の果実を手にするまで長い苦難の
時期を経験しました。ギリシャ・ポルトガルを抱えるEUはいま
混乱の極にあります。経済社会の構造や、成長トレンドの異な
る国同士の統合には、統合に至る意識、感情の昂揚の保持と同
時に、短期の政策目標と、中期の目標をきちんとふるい分け努
力を続ける事が重要です。被災地対応の議論の場で、上の二つ
の事例になぞられる論者もあるようです。
続きを読む
MyProfile
sansara
  • ライブドアブログ