東京下町入谷・沖縄三線教室blog

入谷は上野のお山と浅草の中間地点、七夕の季節には東京の風物詩「朝顔市」でも有名な人情溢れる下町です。そんな入谷に居を移して10数年。私の大好きな沖縄もそしてこの入谷も、歴史を大事にし、義理と人情で繋がるあったかい人達が今でもたくさん暮らしています。私にとってはどちらも大事で大切な場所。下町と沖縄、、、遠いようで近い感覚。沖縄三線を通じてこの入谷で皆様と一緒に素敵な教室を作っていければ幸いです。

昨日は、府中の森芸術劇場ふるさとホールにて
私が宮地楽器で三線クラスを受け持つ生徒さん達の発表会
第13回「沖縄民謡まつり」でした。

いつのまにか、13回!ということは、
私の三線先生歴13年なんです!!!
わかりやすい(^◇^;)

さすがに13回目とあって
後半の上級クラスは、随分上手であります。
堂々と慣れたもので、芸事は「場数を踏む」って大切なんですね。

私も今回は、登川先生の5周忌と重なる年であるため
吉祥寺のみんなと考え、登川先生の歌を中心に
素晴らしい歌を残してくれたことへの感謝や
そのステキな歌を今のこの世の中
そして後世に歌い継げるよう
祈りを込めて練習してきました。
その成果が出せたかな???

細かいところもいろいろ微調整して
殻を打ち破ることを要求したり
練習の中では、たくさん意見をぶつけましたが
心をひとつにして、練習できたと思います(^^)

発表会会場では元生徒さんたちとも、久しぶりにたくさん会えて
宮城富士男先生の神田クラスと合同で打ち上げしたりで
とても楽しい1日となりました。 

来年は、2018年7月14日に同じ場所で開催です!

809
811
↑最後は客席の方も、舞台に上がったり
会場中みんなでカチャーシー大会(^^) 

さて、また気持ちを切り替え
2017年後半も、楽しんでいきたいと思います。

〜では、8月の教室インフォメーション〜 

すでに教室メンバーにはおしらせ済みですが、
歌三線交流発表会の出欠確認の最終が7月31日となっております。
まだの方は、お早めにおしらせくださいね。
今回は、教室以外の様々な方が参加予定!
楽しい出会いがいっぱいになること、とても楽しみです♪
 

 
★第二回「夏の歌三線交流発表会(ゆがふ会)」
 
8月6日(日)
11:00〜12:00(音響確認、リハーサル※自由参加)
12:00〜15:00(宴は3時間となります)
場 所/居酒やこだま(東京都江戸川区南小岩7丁目27-16桂昇南小岩ビル2F)
 ※JR総武線小岩駅南口より徒歩2分
参加費/大人お一人4000円、小学生1500円、未就学時はナシ
※急なキャンセルは、料理代などの実費をお支払いいただくこと、ご了承ください。


歌三線『ストリートライブ』開催
9月18日(月曜/祝日)
入谷教室を飛び出して『浅草千束商店街』にある「奥浅草お休み処」にて、路上ライブを開催!
入谷教室メンバーを中心として、様々なグループの出演を予定しています。
13時〜18時頃(タイムスケジュールは決まり次第こちらにも掲載)
※もちろん無料! ※野外のため雨天中止
 

★ 第2回『沖縄民謡を歌ってあそぼう!』
10月1日(日曜)
第三回浅草北部まちゼミ』内のイベントとして開催します。 1回目:13時00分~14時30分 2回目:15時00分~16時30分 三線の音色と共に、沖縄の歌(民謡)を一緒に歌い そしてリズム遊び、踊りなど、いろいろな手法を通して 沖縄の歌を遊びながら学ぶというのが会の趣旨です。 とくに難しいメニューではなく また、全員が同じようにではなく 自分に合った「できる範囲で楽しむ」という会です。 子どもも、大人も、年配の方も、 全員が同じ空間で楽しめる会にしたいと思います。 会場:中町会会館1階(台東区浅草4-22-2) 会費:500円 定員:各回定員10名(先着順です) 対象:どなたでも *老若男女、誰でも歌いたい方ならOK 連絡先:メール info@sanshin-tokyo.net     携帯 080-2205-3250 受付:メール/随時受付ております    電話/11時~17時(留守の際は留守電にお願いします)
 


7月1日の登川誠仁先生の五年忌追悼公演へ出演するため沖縄へ!
朝から準備のため、前日から沖縄入り。
「沖縄市民小劇場あしびなー」での登川琉門下が集い
誠小先生を偲び、皆で歌いました。
改めて、素敵な歌をたくさん残してくれたんだなという思いと
こうやって、皆で集える機会があることに感謝。
たくさん勉強でき、吸収でき、
打ち上げでもまた、普段なかなか会えない他研究所の方や
師匠たちとの語らいでとても楽しいひと時でした。

IMG01731_HDR_resized
IMG01740_HDR_resized


台風が来ているとの情報がありましたが
なぜか私が沖縄滞在する際には
毎回、見事にそれてくれます。
今回も、大きく逸れてくれたので
公演終了後も少し残って沖縄を満喫できました。

IMG01748_HDR_resized
IMG01755_HDR_resized
IMG01773_HDR_resized
IMG01778_Burst01_resized

ずっと、行きたかった久高島への旅。
そして、ある方との出会いがきっかけで
訪ねたかった聖地「東御廻り」へ。

空港やビーチには観光客がたくさんだったのですが
さすがにこういった場所は、訪れる方も少ないようで。
沖縄も随分と開発されてしまいましたが
こういった聖地には、まだまだ古き良き沖縄が
タイムスリップしたように残っています。
そこだけ時間の流れや空気感が違うのです。

呼ばれるがままに、誘われるがままに聖地を歩き
空気を感じて、そして内観し。
「このタイミングで、ここなんだな。」
と、素直に思える、優しく包まれるような時間でした。 
沖縄の自然やその場と語らいながら
たくさんのインスピレーションや思いを受け取り
大切な時間を過ごせました。

最終日、慣れない運転に四苦八苦しながら
時間ギリギリまで沖縄を楽しまなければと
安里の交差点近くにあります、仲嶺三味線店へ。

IMG01797_HDR_resized
IMG01796_HDR_resized

比嘉光龍さんとのご縁から、この仲嶺幹さんと知り合いまして
彼の工房へ行ってみました。
お父様が仲嶺盛文さんで、叔父さんが盛英さんと
三線名工のサラブレッドですね!(◎_◎;)
 
本当は、もっとゆっくり見学したかったのですが
下手な運転のため、時間ギリギリについてしまい(T ^ T) 
とりあえず、自分の作ってほしい三線の注文だけして
あっという間のタイムアップでした。
次回、沖縄に滞在するときには、
もう少しいろいろ三線についてお話をききたいなと思っています。
そういえば、もうすぐ東京に来ると言っていました。
(有楽町のわしたショップでのイベントでいらっしゃるようです)
 
幹さんの紹介はこちらのホームページの職人のページに載っています

沖縄県三線製作事業協同組合

さて、どんな三線が出来上がるか!?
わくわく楽しみでありますが。 

今回も、とても大切な時間がいっぱい詰まった旅となりました!
沖縄でお会いできた方たちに感謝です。
本当に楽しかった〜♪♪♪

梅雨の合間?ん?梅雨に入りましたっけ?
雨が少ないなぁ、、?本日も晴天、しかも暑い
 
入谷教室では、
夏以降に予定のイベントに向けて
少しずつ本腰入れて?練習開始
 
といっても、普段と変わりませんが(^^)
私の心情の中でのことですね。
 
あっという間の「夏」なので
うかうかしてられません。
だって、いつのまにか今年も半分以上過ぎてしまいました。
今週は「夏至」が控えてますね。
夏至を過ぎると、なんとなく寂しい気分になるのは私だけ?
でも、もうひとつ、沖縄関連の方には控えている期間がありますよ!
大事な「慰霊の日」の次の日より
今年は「5月」がもう一度繰り返されます♪いえ〜い
え?だからなに?って。。。うん、そうですよね。
「閏月」って言われても、とくにね。
でも、沖縄においては「閏月」は特別らしいです。
なんでも「あの世から、この世の行いが見えません(笑)」
だからって悪いことして良いってわけではないですが。
何か、ちょっとくらい「はめ」を外しても許されそう。
ちょうど、月末〜月初にかけて沖縄に行くので
沖縄にて思う存分「閏月」を楽しんできます。うしし。
_______________________________________


では、早速記念すべき「閏月」1日目に開催の
今週末土曜の「登波」ライブのお知らせも。
神田「琉の介」さんです。 遊びにきてくださいね!

↓ 

6月24日(土)
沖縄料理 琉の介
18:30~(2セット)※投げ銭
03-3252-5528(ご予約:琉の介)

東京都千代田区鍛冶町2-7-2 後藤ビル B1F 

本日、第一回目である
ワークショップ『沖縄民謡を歌ってあそぼう!』が無事終了。
宣伝期間が短く、あまり周知していなかったため
少人数での開催となりましたが
我が入谷教室メンバーも応援に駆けつけてくれ
本日無事終了しました。

参加いただける年齢層や、人数、好みに合わせ
一期一会を大事に、毎回違った会となります。
それは、まさに「LIVE」であり、
それが緊張したり楽しい部分でもありますが
集った方たちの「最上の方法」を探りながら
会を進めるのが、私自身の勉強であり楽しい部分なんです。

同じ歌を歌っても、絶対に違う「声」「リズム」「空気感」
ただ、もっともっと「こうすればよかったなかな?」と
思う限り、正解と完成形は遠いのです。

今回は参加いただいた中にいらした小学生を含めたご家族の方のグループは
とにかく上手でしたので、ほとんどこちらから
指導することはなく、リズム感も良く、とても楽しく歌えました。
あまりにリズム感もメロディーもバッチリで
1時間半の間に、詰め込みながらも4曲やってしましました。
とっても楽しいひと時を私自身も過ごせました。
一期一会を大切に、そしてこれをきっかけに
「沖縄の歌」や「沖縄」を好きになってもらえたら
なにより嬉しいことだなと思っています!

ワークショップは今後も不定期に続けますが、
毎回、趣向や遊びを変えていきたいと思っています。
次回は、9〜10月頃を予定しています。
また決まりましたらすぐに告知しますね。

まずは、おつかれさまでした!
そして、ありがとうございました!
集っていただいた皆様に感謝です(^^) 

梅雨空になってきましたね。
来月7月1日には沖縄にて
登川誠仁先生の「五年忌追悼公演」があります。
私も出演させていただきますが
あっという間の「五年忌」なんですね。
登川先生への追悼の思いと、
せっかく素晴らしい歌をたくさん残していただいたので
私の教室全てで、今年は登川先生の歌を中心に稽古しています。
 
改めて、音楽的に(テクニック的に)すばらしい感性を
持っておられたんだなと感じますし、同時にその歌を習得する
難しさも感じますね。何度歌っても、ゴールが無い感じです(笑)
 
登川先生の歌だけでは無いですが
古い民謡もそうですが、昔から歌い継がれている歌や名曲
例えばピアノでもそうですよね、クラシックの名曲を
(それこそ数百年前にできた曲だったとしても)
10代で初めて弾いた時、20代で改めて弾いた時、30代で久しぶりに弾いた時…
きっとその時々で、自身の技術の向上もあるとは思いますが
自身の曲と接する「感覚」が違うと思うのです。
それがあるが故に、終わりは無いですし、
無常であるということですよね。
同じ演奏、同じ感覚、同じ思いでは無いと思います。
 
でも、きっと、その瞬間瞬間に、
自分の状態や思いに「寄り添ってくれるもの」が
音楽であったり、歌であったりだと思います。
(自身を客観的に判断するツールとして、それも、音楽の一つの役割かなと)
 
なんだか、文章にまとまりが無いですが
「歌」が人に与える影響や関わり方を大事にしたいと思っています。
まだまだ勉強する必要があるのですがね(^^)
 
ということで、今週末の11日はそういった「歌」を楽しんで
「歌」で遊ぼう!という、子供の時はきっと日常的にやっていた事を
ふつうに楽しんでみたいと思います。
お時間のある方、ぜひ、遊びに来てくださいね!


ワークショップ『沖縄民謡を歌ってあそぼう!』

6月11 日(日)13:00 ~17:00(二部制)


スケジュールは
13時〜14時半(一部)
 14時半〜15時(入れ替え&休憩)
 15時〜16時半(二部)
*それぞれ定員20名

場 所/中町会会館2 階(台東区浅草4-22-2)*千束商店街裏手

会 費/500 円(ワンコイン!)
    *通し希望の場合(一部二部の両方の場合)は1000 円

対象者/歌が好きな方ならどなたでも歓迎 

内 容/三線の音色と共に沖縄の歌(民謡)を一緒に歌い、
   リズム遊びや踊りなど、またその歴史や成り立ちなどを知り、
   様々な手法を通して沖縄の歌を遊びながら学ぶというのが会の趣旨です。

   とくに難しいメニューではなく、全員が同じようにではなく、
   一人ひとりに合ったできる範囲で楽しむという会です。
   子供も大人も年配の方も、全員が同じ空間で楽しめる会にしたいと思います。
   一部と二部、違った曲と構成にしますので、
   お時間ある方は両方楽しんでいただけます。

お申し込み/ご希望の時間「一部or二部または両方」と
      氏名と連絡先電話をお伝えください。
 
      メール  info@sanshin-tokyo.net
      携 帯  080-2205-3250
      *メール/随時受付ております
      *電話/11時~17時(留守の際は伝言にお願いします) 
 

このページのトップヘ