東京下町入谷・沖縄三線教室blog

入谷は上野のお山と浅草の中間地点、七夕の季節には東京の風物詩「朝顔市」でも有名な人情溢れる下町です。そんな入谷に居を移して10数年。私の大好きな沖縄もそしてこの入谷も、歴史を大事にし、義理と人情で繋がるあったかい人達が今でもたくさん暮らしています。私にとってはどちらも大事で大切な場所。下町と沖縄、、、遠いようで近い感覚。沖縄三線を通じてこの入谷で皆様と一緒に素敵な教室を作っていければ幸いです。

2月は沖縄へ2回、研究調査のため訪問。
実は今、2回目の沖縄訪問中。
1回目の訪問のレポートを書いていなかったので(汗)

9BE28026-53FC-441D-8C9A-1538ACBB12920697BAD2-189B-4471-AAB4-D6BB21023CFE

2月11日、まずは「新風」公演を見に、国立劇場おきなわへ。
研究調査のため、拝見させていただきました。
素晴らしい公演でした。
オープニングから、射抜かれました。
「かっこいい〜」(^^)
演者、スタッフ含め、そのほとんどが関東から来たのです。
自主公演で、これはすごいパワーです!
いずれ研究報告したいと思います。

IMG_7579
観光客モードの私(演出)
この日は、沖縄に帰られた私の元お弟子さんと
久しぶりにお会いして、一緒に観覧しました。
地元愛に溢れる、変わらず素敵な女性でした。
 
その翌日は、レンタカーで北へ。
仲村渠達也先生に、書籍をたくさんお借りしていたので
沖縄市に立ち寄り無事、お返しできました。
そして、久しぶりにヤンバルの仲本興次さんに会いに行きました。
D7767D87-3B10-4786-9BCC-5FFC1B0279C1
久しぶりで、すこし痩せらていたので心配したのですが
一緒に歌三線を演奏すると、どんどん声が出て目がキラキラ輝き
元気な仲本さんになりました。
歌三線の力ってすごいですね。
8時間くらい、ぶっとうしで歌って話して、歌って話して。
どんなけ話すことがあるんだよってくらい、話しました。

341995F8-F44C-4AF7-9CDA-5DBB3398D462
お庭の桜も、もう終わりかけ。
ギリギリ見ることができました。
私のさくらも咲くかな?

1回目の沖縄訪問はあっという間でしたが
1週間空いて、またまた再訪。
1週間ほどしか空いていないのに、めちゃくちゃ暑くて夏のようです。

IMG_8041

今日は、県立博物館で実施されていてる
「三線調査会」を見学させていただきました。
古典音楽団体、博物館職員、三線職人の方々が協力してボランティアで活動しています。
調査方法や分析について、大変勉強になりました。
ひとつ新しい研究テーマが浮かんだのですが、
メインの調査を行いながら頭の片隅に置いて、常に意識して調べようと思います。
三線は沖縄の人々にとって、やはり相当特別なものだと改めて感じました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

オキナワグラフ 2月号に掲載いただきました!
先日、沖鶴会館で開催しました「京太郎のうた」模様を取材いただき
我が師匠のことも書いてくださり、大変嬉しいです。

B6CAC48A-911E-4521-9BCC-99B4AB177E7DF3A1080E-2481-4B34-8879-854DB3AE3AE2

1月中はどん底の落ち込みで、辛い日々でしたが
こうやって芸能に助けられ、また、研究調査であっても
沖縄の方たちや、沖縄の芸能に触れる中で
大きく励まされ、また心癒され、今を生きている私がいます。
少しでも多くの人に、
生きるための「心の栄養」として沖縄の歌を愛してもらえたら幸いです。

明日から、引き続き研究調査を楽しみます♪

2月となりましたね。
忘れないうちに、出演レポートです。

1月28日(日曜)は、川崎のチッタデッラにて開催されました
「沖縄のこころ 平和啓発シンポジウム」の
一部「うたらな平和」に出演し、歌ってきました。
LINE_ALBUM_沖縄シンポジウム_240128_16

ディアマンテスのアルベルト城間さんと同じ控室でしたので、楽しくお話させていただきました。
大変優しく、また明るく楽しい方です。
私が、沖縄の芸能を研究しているというお話をしますと、ペルーの沖縄系移民の状況や、沖縄芸能のこと、いろいろ教えていただきました。
沖縄、ペルー、アメリカ、日本、、、まさに多様性。
人類みんな仲間だし、同じ星の「地球人」なんですよね。
IMG_7436
控室にて記念に撮影させていただきました。

この日は、寒中の野外でしたが、お客さまも大勢来ていただき、
手拍子をいただき、また一緒に歌っていただくなど、
アットホームな雰囲気で、心はあたたかく包まれました。
ありがとうございました。

IMG_7429

今回は、大変良い機会を与えられたと思いました。
改めて「平和」という視点で沖縄の歌を捉えることができたからです。
沖縄民謡には「平和である世」を願った歌が、実に多いことに気づきました。

昨年11月と今回のこのイベント、主催者さまにお聞きしたんです。
「私のような沖縄出身者でない者が、平和を語り、沖縄の民謡を歌っても、はたして良い者なのでしょうか?」と。
すると、「平和問題は、沖縄県だけの問題ではない」
むしろ、「県外の人々に一緒に参加してもらい、一緒に考えていってほしい」と言われました。ここで、はっと目が覚めました。
私の方こそ、無意識に「私は沖縄出身ではないから」と線を引いていたのですね。
そうではないと。皆の問題として、自分ごととして、日本国中で考える問題で
歌を歌うことによって、平和を考え、平和を語ることは大切なお役目だと思いました。
また、一人でも多くの方に、「沖縄」を好きになってもらうことで
好きな場所、好きな歌、好きな人たち、好きな文化を守ろうとすることに繋がると考えました。

IMG_7439
二部のシンポジウムにも参加させていいただきました。
シンポジウムでは、平和をテーマに、
ひめゆり平和祈念資料館の普天間朝佳さん、ジャパンハートの小児科医嘉数真理子さん、そしてアルベルト城間さんのお話を聞かせていただきました。

このような取り組みは、草の根的ではありますが、
皆が「沖縄の問題」を自分ごととして捉え、考えられる世の中になれば嬉しいなと思います。


1月30日(火曜)は、とある会のご依頼で、
我が教室メンバーを連れて演奏させていただきました。
お客様はビジネスマンの方達でしたので
果たして「沖縄民謡」が受けるか心配でしたが
結果、踊っていただけて、拍手やかけ声をいただき
沖縄出身者の方からは指笛まで入れていただき
大変たのしい舞台となりました。
6D7E93FC-6F4F-4090-A371-0150AE13A0F7

ご依頼いただいた方からも
大変良かったとお褒めの言葉をいただき
楽しんでいただけて、良かったです。
我が教室のお弟子さんたちも
このような舞台を重ねるごとに
エンターテイナーとして、みんな本当に良い動きをしてくれて
私も安心して任せられます。
D1EA8CCF-672C-4387-A404-099641D57E3F

美味しいお料理もたくさんいただきました。
総料理長が、これまた沖縄の方で
貴重なお話を聞かせていただきました。
とっても幸せな、ひとときでした。
4488B7C7-788F-4659-9B5F-9AC6481EE040
D812C85B-5475-4D60-BDEB-1C0BD345FC00

日曜、火曜と、多くの方の前で「沖縄民謡」を歌うことで
私自身が一番、元気と笑顔になれることに気づかせていただきました。
沖縄、そして沖縄の歌に、感謝でいっぱいです。

1月は落ち込む日々が多かったのですが、
私はこうやって日々、歌で生かされています。
2月3日(土)が節分ですのでね。
前を向いて、気持ちを入れ替えて、2024年も頑張ります!

本年も、どうぞよろしくおねがしいます m(_ _)m
気付いたら、月も半ば。
2024年も、残すところ350日を切ってしまいましたね。
先週は体調を壊し、ようやく復活してきました。
今年もマイペースに自分に出来ることに邁進していきます。
 
年始の1月6日、鶴見の沖縄県人会館で開催した「京太郎のうた」は大成功に終わりました。
当初は60〜70名の集客を考えてましたが
当日はプレスを含め、120名のお客様で会場が埋まりました。
関東では滅多にみることのない「京太郎芸」を
鶴見の方々にお披露目できたこと、大変よかったです。
IMG_7254

我が教室のメンバーもたくさん来てくれましたね。
私も一部で、沖縄の民謡を歌い、新年のお祝いをさせていただきました。
IMG_7268

沖縄タイムスさん、琉球新報さんにも報じていただき
沖縄県の方たちにも、鶴見の沖縄芸能の様子を伝えられたと思います。
私は演者でもありますが、鶴見の沖縄芸能を研究する身としても、
客観的にこの舞台に注目しておりました。
 
鶴見の沖縄芸能というと、ただいま1月末まで
神奈川大学内の常民文化ミュージアムの企画展示室にて
『横浜鶴見の「沖縄芸能」今昔物語』を開催中です。
(詳細は前回の記事参照)

この会期で最後となります。
そんな中『鶴見でちむどんどん』YouTubeチャンネルさんに取材いただき
そして、最新の動画があがりました。
鶴見が大好きな方にはもちろん、沖縄芸能に興味のある方
そして、沖縄県外での「沖縄芸能」の発展についてご興味のある方にも
是非!楽しんでいただける動画となっています。
 
大変丁寧に1枚ずつ、パネルについて聞いてくださり
記録としても、大変ありがたく、鶴見の沖縄芸能について
きゅっとコンパクトにまとまった良い動画となっております。
よかったら、皆様も是非ご覧ください。



そして、このパネル1枚1枚の背景に、膨大な歴史が詰まっています。
私の鶴見の沖縄芸能についての研究は、まだまだ調査中ですが
そのパネル1枚分を、神奈川大学大学院の紀要に投稿し
そしてまた違うパネル1枚分を、修士論文にしました。
しかし、パネル28枚分の情報も、まだまだ氷山の一角。
私の手元には、まだまだ膨大な、調査した内容や、聞き書きした内容がたまっており
それらを少しずつまとめては、外へ出してと、引き続き続けていきたいと思います。
もうこれは、半分、ライフワークとなっております。
本当に、一歩ずつ、少しずつですが、今年も頑張りたいと思っています。
 
さて、1月28日(日曜)は
川崎駅からすぐのラチッタデッラ
「沖縄のこころ 平和啓発シンポジウム」が開催されます。
こちらの内容は、前回の記事に詳細を書きました。
1月の野外公演は、大変寒いですが(一部は無料、二部は申込制です)
みなさんに楽しんでいただけるよう、心を込めて歌いたいと思います。
是非、応援に来てください。遊びに来てくださいね!
沖縄民謡を歌って、平和を語りたい、届けたいと思っています。
画像0106(最終)

〜〜〜〜〜〜教室インフォメーション〜〜〜〜〜〜〜
年末年始で、教室メンバーの登録について、整理しました。
長期で休会されていた方が、退会になるなど
多少、人員に移動がありましたが
空いているクラスは、年末と変わりがない状況です。

現在、月曜(月二回)初心者クラス、月曜夜クラス

こちらの二つのクラスがご案内できるのみです。
土曜クラスは、現在、お一人体験を申し込まれており
その方が、入会を辞退された時のみ、次の方を受け入れる状況です。
(日毎に空き状況は変わります、ご了承ください)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

三線教室も年内業務は終了しました。
最後の土曜クラスでは、けっこう変なテンションでしたが
教室で歌ってみなとワイワイ語っているのが、実はなにより元気をもらっているんだなと実感。
クリスマス気分を1日だけ味わい、あとはずっと執筆に明け暮れております。
正月も返上して、ひたすら引きこもって書き書きしております。

さてさて
ただいま、神奈川大学の常民文化研究所の
ミュージアムの企画展示室で開催中の
『横浜鶴見の「沖縄芸能」今昔物語』も会期は残すところ半分となりました。
先日、YouTube「鶴見でちむどんどん」チャンネルさんに取材いただき
鶴見の沖縄芸能の魅力をい〜〜〜っぱいお話させていただきました!
そのうちアップされると思いますので、その時は、またお知らせしますね!
F7E4C5A6-21BE-48AD-A445-8E8389A98061
可愛いキメポーズ♪
13A39DF9-BDCF-4066-BAC7-10FD4F2CCAD8
渡辺監督、野村さんたちにお世話になりました!
249F52B1-3F09-46B4-B398-CFFAF93B6AC4

会期はあと1ヶ月ございます!
まだの方、お急ぎくださいね〜


そして、正月あけてすぐっ♪
1月6日は14時から鶴見の沖縄県人会会館にて
「京太郎のうた」が開催されます!

お席は8割埋まりました。9割埋まりました!(←12月30日現在、追記)
予約のない方は、予約者からの入場となり、お待ちいただくことになります。
事前のご予約をお勧めします!
20240106
新城先生パワーなのか??
観客席は、芸能の先生だらけなのですが?!?!
東京、川崎、鶴見でお世話になっている芸能関係者が多数お集まりいただけるようで
私もとっても楽しみです!
チョンダラー芸がたっぷり楽しめます!
私も執筆が忙しくなければ、もっともっと、事前勉強して京太郎芸を楽しむのにっっ
来年の課題にしますm(_ _)m


さらに、1月末の日曜はビッグイベント!!!
↓ ↓ ↓
IMG_7064

沖縄のこころ 平和啓発シンポジウム 
川崎のチッタデッラで開催されます。
こちらの一部「うたらな平和」に出演し、古里が歌で平和を願います!
IMG_7065
二部は「かたらな平和」ということでチネチッタに会場を移して
平和を語る時間です!
どちらも無料です。(二部は事前申込制)

2024年1月28日(日) ※無料イベントです!
場所:ラ チッタデッラ
  (神奈川県川崎市川崎区小川町4-1)
【1部】中央噴水広場、チネチッタ通り
   11:00〜12:30
【2部】チネチッタ スクリーン10
   13:00〜14:30

先日の12月3日の日曜、登川流関東支部主催のコンクールを開催しまして
私のお弟子さんたち22人受験し、全員無事に合格いたしました!
おめでとうございます!!!!!
春から「全員合格」を目指して頑張ってきたため、念願が叶いました。
新人賞14人、優秀賞4人、最高賞はいないので、教師免許が2人です。

E38C6BF5-F60C-4A0A-8673-5402185016EA
これは新人賞の写真!
3B9C52D0-2CDD-4437-8A19-B0E63510CAFB
終わった後のリラックしたメンバーたち

55954324-A674-4B7F-B0D4-C7DAAB46C69A
かわいいね!みなで記念写真たくさん撮ってたみたい(笑)

F31E2F07-CFA2-4A2E-934F-1D25C437623C
これは教師免許受験の記念写真!
女性は紺地の着物で貫禄です。

33CAC77B-8E0E-4D8C-9F46-97046BCEA5C5
そういえば、うちの教室だけで写真撮ればよかったな、、、
IMG_6951
懇親会での演目のトップバッターを飾ってくれたのも
入谷クラス!みんな、明るく華やかに、
オープニングにふさわしく盛り上げてくれました。

懇親会にて発表されたのですが、涙であふれてしまい、次の日、目が痛い痛い(笑)
3日は、興奮してアドレナリンが出ていて、身体中緊張しまくってたので
一夜たった月曜は、身体中がガチガチで痛くて大変でした
人数が多かったいうのもあって、私自身がこれまでで一番、緊張しました


課題はもちろん、これからも山積みですが
ひとまず、おめでとうということで
気持ちはハッピー
体はボロボロと
なんともアンバランスでありました(笑)
全ては天国で見守ってくれている康彦先生のおかげだと思っています。
コンクールは師匠、そして登川先生両名が見守っていただきました(祭壇を作って)
孫弟子、曾孫弟子が育っています。

受験後の皆から送られてきた写真に、ほっこり癒されています。
みんな可愛い、愛しい(T . T)
私より年上でも、年下でも、大人であっても、
みんな可愛い私の子どもたち(っていう、この感覚♪)
これからも一緒に、泣いて笑って、切磋琢磨して勉強していきましょうね(^^)



良い新年が迎えられそうでよかったです。

ですが、喜んでばかりもいられません。
徳原清文先生、金城みゆき先生をはじめ、沖縄の先生方から
多くの課題をいただきました。
とくに「ウチナー口」についてです。
そして「声楽譜」や「工工四」の読み取り方。
これらは、まだまだ足りていない弱い部分で、
引き続きしっかり指導するようにと言われております。
おっしゃる通りだと思います。
「ヤマトの人は、三線は上手いけど、歌がね、、」って
そう言われないよう、ますます力を入れて指導していきたいと思います。


しかし、、、春からずっと練習していく中で
目に見えて上達していく人が多く、
逆にちょっと上手い人たちは、上達の伸び率で言うと鈍化していますね。
ある程度「出来た気になっている」時が一番の『魔の時間』だと思います。
私自身もそうですが、日々、勉強だと思っています。

全体的にみても、新人賞の人たちの目に見えて上手くなっていく様に比べたら
優秀賞〜教師免許の人たちのほうが「出来ていないこと」が多く目立っていました。
もちろん課題曲の難しさという点では違うのですが
新人賞は「ほぼ正解」まで達している人がいる中で
優秀賞以上の人たちは、「できないこと」の方が目立っていました。
本人がわかっていない場合は、一番やっかいなのですが
気づいて修正してほしいなと思います。

入谷教室の現況については、前の記事。 私自身の研究についてのイベント、 そして芸能イベントについても前の記事をぜひご覧ください! これからも、皆の背中を押し続けるために、がんばるぞ〜〜( ^ω^ )

師走となりました!
明日は、我が登川流関東支部のコンクールです。
私のお弟子さんたちは、全員で22名受験します。
全員合格を祈って、私自身もドキドキしておりますが、
見守ることしかできないのでね。
今年のほとんどを使って、皆、受験に向けて準備してきました。
みなさん、社会人ですので、仕事や家庭との両立で大変だったと思います。
それでも何かに打ち込めること、結果を残そうとすること、素晴らしいと思います。
受験するメンバーも、そうでない人も、
今年1年で、目を見張るような上達を見せた方が何人もいます。
 
やはり何事も「はじめ」ないと、なにも始まらない。
皆のチャレンジに負けないよう、私自身も新しいことにチャレンジし続けようと思います。
今、修士論文の真っ只中で、仕事以外は引きこもっているのですが
自分に足りない部分が多すぎて、途方にくれてみたり
メンタル崩壊しそうになったり、逃避行したくなるのですが
歯を食いしばって頑張ろうと思います。
今は明日、無事終わるよう、現場で見守ります。

さて、ここからは、お知らせ3つ!

昨年沖縄に続き、岸政彦先生監修の本
今年は大阪です!!
『大阪の生活史』が発売になりました。
筑摩書房 1280ページ 4950円
何と、聞きて語り手が150組!

9097837E-C112-428B-B2F1-B849BB80EDD1
私は、母にインタビューしました。
大阪人の日常は、笑いにあふれております。

父や祖父母が生きていたら、もっと面白いこと聞けたんだろうな〜と
生きている間に記録(記憶を残す)って大事ですよね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜 さて、おつぎは 〜〜〜〜〜〜〜〜

12月9日〜1月31日 いよいよ、ラスト!
『横浜鶴見の「沖縄芸能」今昔物語』パネル展開催

神奈川大学 横浜キャンパス(白楽)
常民文化ミュージアム(3号館1階)の企画展示室
開室時間:月曜日~土曜日(ただし土曜日は授業期間のみ)10:00~17:00
閉室日:日曜日、祝日(授業日を除く)、大学所定の休日、授業期間外の土曜日

5月の鶴見駅前サルビアホールギャラリーで2週間
10月の神奈川大学みなとみらいキャンパスで2週間
多くの方に、これまであまり知られていなかった
「鶴見の沖縄芸能」について、多くの方に紹介できたと自負しております。

815A2C57-865A-4972-826B-CE01C5CF1D37
写真は、鶴見のギャラリーでの様子

そしていよいよ、、、ラストとなります。
今回は、冬休み期間を挟むため、会期は大幅に長くなっております。
まだ見ていない、知らないといった方、最後のチャンスです。
もうおそらく、展示はないと思います。
あるとすれば、私が鶴見の沖縄芸能の全貌をあきらかにできた際に
それは、数年後?いつになるかわかりませんが、あらためて展示するかも??という感じです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜 さて、おつぎは 〜〜〜〜〜〜〜〜

お席が埋まりつつあります!
「京太郎のうた」
2024年1月6日(土)13時半会場(自由席)
公演:14〜16時予定 1人2000円
場所:横浜市鶴見区仲通3丁目74-14 鶴見沖縄県人会館

chirashi_1030

↑クリックで大きくなります。
QRコードで読みこんでいただくと、予約はとても簡単です。

または下記のご予約(申し込みフォーム)よりどうぞ
https://forms.gle/Xve6uud6mDzQx7wf9

当日券ありと記載しましたが、予約で埋まった場合は当日券はございません。

この公演は、16時すぎには終わりますので
うちのメンバーも、終演後は「新年会だ〜!」と
みんな楽しそうに計画を立てていますね。

沖縄芸能の中でも、あまり知られていない
謎のベールにつつまれた「京太郎」芸を
初春にふさわしい芸をぜひご堪能ください!
沖鶴会館は演者とお客さんとの距離の近さも良いですよ!
新城亘先生はもちろん、持田先生をはじめ、
博識の先生方がくさんいらっしゃるので、
芸能だけでなく「語り」もかなり楽しめると思います!

本日は、以上です!

教室の空き状況については、
前回の記事に記載しておりますので、お確かめください。

昨日は「民族音楽の祭典 モンゴル&沖縄」にご来場いただきありがとうございます。
我が教室メンバーで20名近く出演してくれましたが、そのうち半分以上、昨日が初舞台となりましたね。
舞台デビューおめでとうございます。
内容はともかく、舞台に立ってみるというチャレンジ精神が大切で
また失敗しながらも、日々精進して前に進むことが大切ですよね。
しっかりよく頑張ってくれたと思います。
これからも、多くの人々を笑顔にできるよう、自分の芸を磨き、頑張っていただきたいです。
この11月は怒涛の月でして、多くの舞台が重なってしまい
昨日は、広告宣伝、舞台総指揮、時間管理、司会、演者と全部載せ的な幕の内弁当状態でした。
しかし、これを実現できたのは「サラナイ故郷会」の
西川とりがるさんと、ウリジャさんの人柄とご尽力です。
お二人の愛あふれるモンゴル人たちへのサポートに頭が下がります。

無事終わって、ホッとしております。

3C22AC37-EEA0-4B42-B0E2-723B07541835
最後に記念撮影、みんなお疲れ様でした!

IMG_6659
初舞台の方、おめでとうございます!
引き続き、頑張ってくださいね。
 
モンゴルのアーティスト、素晴らしかったですね。
沖縄とまた違って、雄大な草原を彷彿させるような、歌声、ダンス、楽器の演奏。
多分、民族として(政治的な部分も含む)状況として、沖縄が置かれた立場と
とてもリンクしていて、共感できる部分が多い、いわゆる少数民族の芸能を
守りたい、さらに発展させたい、そして世界に紹介したいという思いを、ひしひしと感じました。

教室の皆からもらった写真を掲載してみますね。
IMG_6653
ダシドロジさんのパワフルで元気な歌声に、元気をいっぱいいただきました!

IMG_6651
とても端正お顔のアディンガさん、繊細でダイナミックな動き。
伝統と新しさを織り交ぜ、彼が創作したオリジナルをご披露いただきました。

IMG_6641
アディンガさんのお友達の方がサプライズでホーミーを披露。
高音域、中音域、低音域と、すべてのホーミーを使いこなせる、すご技の方でした。

IMG_6640
馬頭琴奏者のナレントヤさん。
頭のある楽器、馬頭琴には「魂が宿る」という民族の教えの通り
素晴らしい演奏でした。

IMG_6632
突然のコラボもサプライズでさせていただきました。

IMG_6637
オットホンバイラさんには、あえて
生音で、マイクなしで歌っていただきました。
空間に伝わる、声と絃の振動、
馬頭琴と歌声だけの贅沢な時間となりました。
彼は実は華麗な経歴の持ち主でして、日本の民謡のプロでもあり、
さらには映画のエンディングで沖縄民謡まで歌われた経験をお持ちで、
モンゴル&日本&沖縄民謡歌手という、マルチな才能の持ち主でした。
それぞれ言語、発声が違うので、尊敬しかありません!
 
会場のお客様も、みなさんあたたかく、時折笑い声も聞こえて、和やかな雰囲気でした。
世界のどこかで戦争や紛争がおこっていることなんて、微塵も感じないくらい
音楽や芸能を通して、終始、平和なひとときでした。
芸能でこんなにも、人と人が繋がれるのに、
言葉が通じなくても、素晴らしいものは素晴らしい、
お互いの文化にリスペクトし、そして一緒に楽しむ、、、理想のカタチだと感じました。
IMG_6626
CD5FDA8F-D28D-495D-9D8D-934B3DCBE2EB

大学院の博士課程のホビト先輩にも登壇いただき
最新(この夏、秋)の撮りたてほやほや写真を満載して
モンゴル文化の紹介をしていただきました。
「こういった風景の中で、暮らしの中で、芸能が生まれたんだなぁ」と
より、身近に感じることができました。

IMG_6647
我が大学院の後輩ホホスルーテくんは、とっても愛されキャラで
この日も汗をかきかき、一生懸命がんばって馬頭琴について発表してくれました。
彼は、馬頭琴も弾けて、ホーミーもできて(独学で)
なんと横浜鶴見で、始めて出た沖縄相撲のベスト8まで行けてしまう
チャレンジ精神とサービス精神旺盛な、若き研究者です。
研究室で私の席の前になってしまったのが、運の尽きですね(笑)
駆り出されてしまいました。

〜〜〜〜〜〜教室インフォメーション〜〜〜〜〜〜〜

12月は、我が教室メンバーの中から14人がコンクールを受験します。
全員合格を目指して頑張っております。

年末年始でクラスの人員整理を行います。
来年度に向けて、長期休会者の確認などを含めて、各クラスの定員を見直します。

クラスとしては現在、
月2回の初心者クラス(月曜13:30〜15:00)と
月曜夜クラス(初心者プレレッスンタイムあり、17:50〜19:30)
に定員の空きはございます。
それ以外のクラスは定員となっており、来年1月以降のクラス整理の後となります。

今週19日の日曜!!
ラジオ沖縄にて、15時半〜16時の番組
「ヤマト de 沖縄タイム」に出演して話しております。
沖縄以外の地域の方は、radikoのアプリで聴けます。(1ヶ月無料プランもありますよ)
私が鶴見で調査している「沖縄芸能」についてや、私自身のことなどをアレコレ話しております。
IMG_6434
良かったらお聴きいただけると幸いです!

この1週間は大忙しの怒涛の日々です。
まず日曜にホテルにて、とある団体様の総会で、沖縄民謡を披露させていただきました。

新潟入り前日に、モンゴルアーティストとの共演のために、
現地舞台で音響のチェックを行いました。

そして本日木曜は、新潟の柏崎の小学校2校に行って
イチャリバーズの豊岡マッシーさんと、フラメンコギタリストのけいにぃにぃと
「芸術鑑賞会」ということで、1時間半のステージを2本行ってきました。
IMG_6418
美しい街です!

いや〜、楽しかった〜!
歌を歌うのはもちろん、子どもたちと一緒に踊ったり、
最後は体育館をぐるぐる走り回って、
体力的には、そりゃ〜もう、大変だけど(笑)
それに勝る心のパワーを、子どもたちからチャージされました。
歌っていて、これほど幸せなことはありません。
歌を通じて、子どもたちと仲良く一緒に遊べるって、最高ですよね。
たくさんの笑顔に触れ合えるって、幸せすぎます。
そして今日出会った500人近くの子どもたちに
少しでも沖縄の芸能、文化、歴史に興味を持ってもらえれば嬉しいなと。

IMG_6317
鯛茶漬け!米や魚が美味しいよね♪
自分たちが生まれそだった地域のことも、ぜひ愛してほしいよね!

そして今週土曜は、東京大学にて
沖縄戦をテーマにしたワークショップで歌ってきます。
この日は朝から吉祥寺で教室があるのですが、終わってすぐに駒場に駆け込みます。
忙しいからといって雑にならないように、丁寧に、そして大事に歌を伝えたい。
今日の小学生の前では、とにかく楽しくを一番に、私も元気いっぱいに歌ったのですが
次は、テーマも難しい。

東大チラシ1031
どなたでも、無料で参加できます!

元気一杯でもなく、沈んでばかりでもなく、しっかりこころを伝えたい。
今を生きる若者に、これから未来を生きる人たちに、
少しでも「沖縄」についての何か(歴史、文化、芸能etc)爪痕を残せたらと思っています。
 
そして日曜は(ラジオ放送の日)、コンクール最後の練習会。
全員合格を目指して、最後の練習の確認です!
 
本当に怒涛の時間をすごしていますが、
歌の力ってすごいって、ますます感じる1週間でもあります。
 
そして来週はモンゴルのアーティストとコンサートですよ!
残席は、もうわずかです。(今週で埋まりそうです)
※こちらの詳細は、1つ前の記事をご覧ください。
 
健康に気をつけて、忙しくとも充実した日々を楽しみましょう(^^)

↑このページのトップヘ