東京下町入谷・沖縄三線教室blog

入谷は上野のお山と浅草の中間地点、七夕の季節には東京の風物詩「朝顔市」でも有名な人情溢れる下町です。そんな入谷に居を移して10数年。私の大好きな沖縄もそしてこの入谷も、歴史を大事にし、義理と人情で繋がるあったかい人達が今でもたくさん暮らしています。私にとってはどちらも大事で大切な場所。下町と沖縄、、、遠いようで近い感覚。沖縄三線を通じてこの入谷で皆様と一緒に素敵な教室を作っていければ幸いです。

7月となりました!
沖縄より暑い関東ですが、、なんなんでしょう?
避暑で沖縄に行きたいです。いやほんとに。
 
本日は入谷教室の状況をお知らせします。

現況は、、、、
今現在、体験申し込みされている方が入会された場合
どのクラスもパンパンですっ(汗)

唯一、月曜の午後に新設しました
『月2回の初心者クラス』のみが空いている状況です。



コロナ禍が過ぎたと認識しても
どのクラスも割と満杯となっておりまして
休会の方の比率に応じて、各クラスの受け入れ人数を見直す予定です。
 
教室では半年に1度、教室メンバーの登録数を見直しておりまして
完全に音沙汰のない幽霊会員の方は登録を解除し、新しい方を迎えられる体制を取っております。
私一人が運営しておりまして、教室は『信頼関係』のみで成り立っています。
ビジネスライクで運営したくないので
ただ最低限のルールは設けないと、組織として、グループとして成り立たないため
その辺りが『信頼』を大事にする所以です。
そうは言っても、休会の際に継続料や登録料を徴収しないため
どうしても、無連絡でフェードアウトで消えていく方がいます。
もちろん、そうでない方がほとんどですがね。
皆さん、生活の中で環境が変わることは当然ですので
退会や休会は当然ありますし、ほとんどの方が
ちゃんとお知らせをしてくれます。
 
そういった状況ですので
『月2回の月曜初心者クラス(13:00〜15:00)』以外のクラスについては
問い合わせいただいた時点で、埋まっていたり
たまたま一人空きが出たという状況が今後続くかと思います。
まずはメールやお電話でご確認をお願いします。
 
ちなみに!
私がもう一つ教えております「宮地楽器吉祥寺センター」さんでは
これまた7月より『完全なる初心者クラス』を開講します。
時間帯は土曜の14:30〜15:30 でして
永遠に弾けなくても構わないわってくらい
ゆるゆる、楽しければOKくらいの「永遠に初心者クラス」をコンセプトに設定しました。
 
弾けるようになり、上手くなれば
その上にある「初心者クラス(ちょっと弾いて歌えるよレベル)」や「経験者クラス」へ進んでいただき
さらにはかなり難しい曲を練習する「上級クラス」まで設定してますので
力量に応じて他クラスへ移っていただけるように、クラスを編成しています。
もちろん、「永遠に初心者クラス」へいていただいても構わないです。
歴史や文化も学びながら、座学としても面白いクラスを目指します。 
 
ということで
この世界、芸事は「目指すもの」そしてそれぞれの「技量」によって
私も指導方法が変わるため、多くの人にとって学びやすいクラスを今後も考えていきたいと思っています。
 
社会教育を学んでいるため、歌三線を学ぶということは
生涯学習の場としても大変有効で、有意義な分野かと考えます。
誰もが楽しく学ぶ、生涯に渡って『人生を豊にするために』学ぶこと
それがこれからの社会や人々にとって大切なことだと感じています。
若い人だけが学ぶのではありません。
いくつになっても「学こと」自体の大切さや尊さを
多くの方に感じていただきたいと思っています。
 
歌三線に関しては、五感を刺激し、指先を使い、脳を使い、肺を鍛え、これ以上にないくらいのボケ防止となりますしね。何より老若男女が分け隔てなく、共に学び、共に笑い、共に協力しと、現代社会ではなかなか体験できないような仲間づくりが可能です。
 
 長々と書きましたが、私のところでなくても大丈夫です。
また歌三線でなくても大丈夫です。
やりたいこと、チャレンジしたいことは
思った時に「やる!」ことが、主体的に楽しい人生を送る最大の秘訣かなと思います。 

6月23日は沖縄にとって大切な日です。
黙祷を捧げたいと思います。
そして今年は本土復帰50年の年。
先日、鶴見の沖縄県人会を訪問させていただきましたが
今年は例年になく大変お忙しいようで、会長や執行部の皆様は
本当にお体だけはご自愛いただきたいです。
どんな形であれ、沖縄が注目されることは良いことで
そこから何か各々が感じ取り受け取り、考えることが大切かなと思います。

昨日は、沖縄といっても離島ご出身の方のお話し聞かせていただき興味深かったです。 
つくづく思うのは、 それぞれの方にそれぞれの背景があり、それぞれの思いがあり
大変複雑でありますが、でも「素」である一人ひとりは本当に良い人たちで
尊敬できる方で、そして一生懸命頑張って、
皆さんそれぞれの心にある「沖縄」を大切にしているのです。
時にはお辛い気持ち、悲しい出来事について聞くこともあります。
耳を背けたくなるような辛い悲しみ、また文化背景を理解しておかなければ
「え?どうゆうこと?」とただ言葉尻だけで捉えては
全くわからない深い意味があることもあります。
 
楽しい芸能、明るい芸能、ちゃんちゃか飲んで歌ってだけが
真実の「沖縄」ではないのですが
入り口はそこでも良いと思っています。
まずは楽しい!ってとこからスタートでOKです。

ただ、少し勉強が進んだら
楽しいだけの沖縄を享受するだけでは
本当の意味で理解できないのが「沖縄」だと思います。
その辺りのこと、少しずつ噛み砕いて
ヤマトの人間でもわかりやすく、誤解の無いように説明していくのも
自分の役目だと思っています。
ぜひいろんなことを勉強していきましょう。
 
IMG_0690

さて、ここからは先日日曜の「あじさい祭り」のレポートです!
はい、予想通り、暑いくらいに晴れました(笑)
ここ数年、沖縄関連の舞台では雨を見たことがないです。
ただ少々、晴れ女がすぎまして、最近は暑くて大変です。
3286818A-6261-4543-9945-7128023A82D7

3回のステージをこなしましたが、今回初舞台だった人たちも
「とても楽しかった!」と言っていただけたので良かったです。
先輩たちには、多少厳しいことも言いますが(これは芸の上で必要なことなのでね)
概ね一人ひとりの学びが進んだかと思います。
教室で練習しているだけでは絶対わからない技術の色々
それらは実践でしか学べないため
なるべくたくさんの現場を経験して、研鑽できれば良いですよね(^^)
今回は初めての音響の方達であったので
最初のステージでは音作りに苦労しましたが
1ステージ目の教訓を2、3ステージ目で活かし
少しずつ演奏時間を伸ばしました(笑)
皆も、私の指示にパッと対応してくれて助かりました。
現場判断が多いため、急な変更にも対応できる臨機応変力が随分ついたと思います。
 
3104A371-EAE7-486A-BEFB-A83796F4E61B
0A8D610F-F309-4636-95F3-133D02E0D83D
8FEF10F1-A31C-4CC0-93F0-E0B8BC187925

ということで、座学だけでなく実践の場でどんどん学んでいきましょう♪
 
〜〜 インフォメーション 〜〜
現在、月曜午後の『月2回初心者クラス』 以外は
定員近くとなりました(定員となったクラスもあります)
体験については、定員となり次第締め切ります。
クラスに空きが出た場合のみ受け入れをおこないます。
詳しくは、メールにてお問い合わせください。 

今週19日の日曜は「あじさい祭り」に出演しますよ!
我が教室のメンバーも、頑張って気合入れてくれてます。
アジサイに負けないように、琉装して色とりどりで華やかに演出したいと思います。
さて、私は何色を着ようかな(笑)
沖縄イベントに関しては、究極の『晴れ女』である私。
今回はどうなるか?楽しみであります。
ちなみに、過去1回も演奏中に雨が降ったことはありません(^^)
「あじさい祭り」についての詳細は、この1つ前の記事に書いてます。
 
今年は沖縄が何かと注目されており、
沖縄関連のイベントや演奏のお誘いも舞い込んできます。 
大変喜ばしいことですよね!
世の中も少しずつ動き出してきましたね。

4021F5B6-6FE3-4AF7-8D86-EDFC88B29CB3
琉球展、見に行きましたよ!
見応えたっぷりでした。

6D356CDF-4AA9-4CFF-B51C-D1208CC85189
私の大好きなコウモリちゃんもゲット(笑)
 
「沖縄」が注目されている間に、私もワッといろいろ始動したいと考えてまして。
7月からバンバン動く予定です。研究活動の方です。
オープンな場としていきたいので、詳細が決まったらこちらでも
お知らせしたいと思います!
ようやく本当の意味で研究者(と名乗れるような)として始動します。
 
三線歴や演奏家歴、教師としての歴はそこそこ長いのですが
実は「研究者」としてはペーペーの新人なのですよ(汗)
実演家と違い、論文などの研究実績がないため、なかなか苦労します。
そんな時は研究者の先輩たちにアドバイスいただきながら
あの手この手で、いろいろ模索してる状態で。
でも、やっぱり研究についても「良き仲間」がいた方が
圧倒的に有利ですし、助けてもらえることも多いです。
在野の『孤高の研究者』もいるには居ますが、
流石に残された時間が少ないため効率悪いことはしたくない(^_^;)
 
ということで、何が言いたいかというと
最近、入谷教室にもたくさんメンバーが増えました。
ぜひ仲間を大切にしてほしい!
それは、自分の力になるから!
必ず助けてくれるから!
孤高のスナイパーでは生きていくのに難しい世の中
お金では買えない「仲間」が何より価値のある世界となりますよ♪
 
そして私、いつになく「新しいことを始める」に理解力があります。
なんてったって「研究者の新人」ですから(笑)
大変ですよね、いろんなこと覚えて、その道のルールに沿って進むことが。
よくわかります、だからこその仲間です。
一人で思い悩んでもぐるぐるするだけなのに
先輩に聞いたら「一言」で解決なんて、ほんと多いです。
現に私がそうです。
ただ苦労あってこそ、先に進んだ時の喜びもひとしおなのです!
どんな分野でも大変なことは多いと思いますが
時には仲間を頼って、ともに切磋琢磨できる環境で歩んでいきましょう♪ 

今日から梅雨に入ったということで!
梅雨空にぴったりの花といえば?そう「紫陽花」
コロナ禍でずっと出演できなかったのですが
ついに!今年、ステージに戻ってきますよ(^^)やった〜

6月19日(日)に長國寺の「あじさい祭」
入谷教室メンバーと出演します♪
総勢10名ほどで賑やかに祭りを盛り上げたいと思います。
今回初舞台、ステージデビューのメンバーもいます。
私もとっても楽しみで期待しています。

出演時間は日曜の
10時30分、11時30分、12時30分と3ステージです。


IMG_3557


楽しいステージはもちろん、
珍しいあじさいや綺麗なあじさいが見られます!

屋台やイベントも盛りだくさんで、土日を通して楽しいお祭りとなります。

もちろん「あじさい祭り」なので、雨天決行!

近くの方は、ぜひ遊びに来てくださいね♪


日時:2022年6月19日(日) ※お祭りは土日開催です

開場:日曜は10:00~16:00 ※土曜は12〜17時です

会場:台東区千束3-19-6 長國寺(鷲神社の横です)


「沖縄」研究会のお知らせです!

毎回、私の教室メンバーで参加してくれる方もちらほらといてくれて嬉しいです。 

巷では、本土復帰50年の今年、様々な沖縄イベントが開催されています。
もちろん私も、楽しいことをどんどん伝えていきたい。
でもその一方で、見落としてはいけない大切なことがたくさんあります。
時には沖縄を真剣に考えることも大切かと思います。
今回のご発表は、本土復帰50年を考えるテーマとなります。
 


komatusan

クリックすると大きくなりますよ! 


第29回「沖縄」研究会定例会開催

発表テーマ:日本復帰/沖縄返還を再考する

 今年で日本復帰/沖縄返還から50年を経たが、沖縄の基地問題はいまだ解決には至っておらず、日本政治および日米関係の大きな課題として残っている。本発表では今日の「沖縄問題」の起点のひとつとして1972年の日本復帰/沖縄返還を捉え直し、日本・米国・沖縄それぞれの意図を検討する。そこから今日の日米関係そして東アジア国際関係における沖縄のあり方について考えてみたい。


発表者:小松 寛

成蹊大学アジア太平洋研究センター主任研究員

早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(学術)

主な著書『日本復帰と反復帰ー戦後沖縄ナショナリズムの展開』(早稲田大学出版部、2015年)、『戦後沖縄の政治と社会』(共著、吉田書店、2022年)『「反復帰論」を再び読む』(解説、沖縄タイムス社、2022年)など。


日 時:2022年7月1日(金) 19:00~21:00

場 所:ZOOMによるオンラインで開催(要事前予約)

H P:


※参加ご希望の方は、以下のリンクより参加申し込みのご登録をお願いいたします。

https://forms.gle/R9JLa21jFdfdRin67

先のブログでも触れましたが「島クトゥバで語る戦世」と丸かぶりです(汗)
 
私がもう一つ歌三線を教えている拠点があります。
長年講師を努めます宮地楽器吉祥寺センターにて
久しぶりに「完全初心者対象のクラス」開講に向けて
イベント付き体験会を開催します!
 
 IMG_3526

歌三線とは?と簡単な説明と、歴史や文化のお話に演奏を交えて
まずは音や歌に親しんでもらおうと思いまして。
もちろん、実際に触って体験もしていただくという趣旨です。
三線を始めるにあたって「どうしよう?」と迷われている方に
少しでも背中を押してあげられるイベントになればいいなと思っています。 
 
映像やテレビで見るのと実際に生で聴くのとでは
イメージが違うと思います。
無料となっておりますので、気になる方には
気軽にご参加いただき、親しんでいただければと思っています。
 
なお、今回開設するクラスは
本当に全く弾けない、楽器なんか触ったこともないと言った
不安だけどやってみたいという方に向けたビギナーのクラスです。
もちろん「歌だけでも歌ってみたいな」って方もOK!!
そうどなたでも参加いただけるのがこのクラスの最大の特徴です。
ちなみに情報解禁になって早々に、80代の方が既にお申し込みされております。
とにかくマイペースに、なんなら弾けなくても楽しければいっか!くらい
ゆるっと音色に癒しを求めてもいいかなと思っています。

ちなみに、、、ガチで上手になりたい!上を目指す!って方で
ある程度弾ける方、中級、上級以上の方は
既存のクラスがそれぞれあります。いつでも入っていただけます。
現在、私が受け持つ吉祥寺には以下のクラスがあります。
上級クラス(歌三線歴15年以上の方多数、最高賞〜くらいのレベル)
中級クラス(歴3年、5年以上の方多数、新人賞〜のレベル)
初級クラス(歴3年未満、新人賞までを目指すレベル)
そして今回開講するクラス(完全初心者、ゆるゆるマイペースでできるクラス) 
これらはもちろん、あくまで目安であります。
それぞれの力量や、やりたいことに合わせてクラス設定しています。
そう、4段階を設定します。
  
ちなみに、入谷教室ではそのような細かい分けはありません。
初心者クラス以外は、いろんな方が混じって練習しています。
どちらもそれぞれに良さがあります。
 
入谷教室でも随時、体験は実施しておりますが
宮地楽器さんは、最大の良いところは
やはり音楽に特化した最高の環境をご提供できるという点です。
この日も、吉祥寺センターのサロンを使用しますので
教室とは違った広い空間で、最高の音響空間で
ゆったりくつろぎながらご鑑賞いただけます。
 
申し込みは直接、宮地楽器吉祥寺センターまでお願いします。
6月11日(土曜)14:30~15:55  宮地楽器吉祥寺センター
吉祥寺本町1-10-1 いなりやビル6階(ロフト吉祥寺6階)
 

電話:0422-21-7191

 

IMG_3527
クリックするとチラシが拡大されます。 
チラシにも問い合わせ先が記載されています。 

こんにちは!
昨日うちのメンバーには告知済みですが、こちらでも詳細を記載したいと思います。

先日15日は本土復帰50年ということで、各所で様々なイベントや活発な議論が展開されました。
歴史的に深く考えさせられる出来事でありましたが、同じく先の戦争においても大切な出来事で
沖縄の置かれた状況を正確に理解する必要があると思っています。

昨日の大学院のゼミでも、ちょうど博士課程の先輩が、サンフランシスコ講和条約の内容に触れていました。
また、来月開催予定の「沖縄」研究会でも、本土復帰50年の今年にタイムリーな話題のテーマとなります。 (こちらも近日中に告知します!お楽しみに)
 
さて、戦時中戦後の話に戻りますが、
では実際の体験者の話を聞いたことはあるでしょうか?
聞いたとお答えの方、それは「日本語」でしたか? それとも「島くとぅば」でしたか?
実は戦後の調査は、そのほとんどが日本語によるものです。

611日(土)に「島クトゥバで語る戦世」の上映会があります。


日常において「島くとぅば」を話していた世代は、果たして自分の言葉で真実を語ったでしょうか。

戦時中は日本語以外を話す沖縄の方はスパイ扱いされるなど、かなり過酷な状況に置かれました。

また、戦後に調査した際も日本語によるものがほとんどで、実は日本語での聞き取り調査と、島クトゥバで話した証言では違いがあるということを、これらの映像記録を通して感じていただける内容となります。言葉が難しいため、字幕を読むカタチとなるかと思いますが、自分の言葉で話すのと日本語(違う言語)では、やはり証言者にとっては、臨場感や感情のノリ具合も全く違うものになるかと思います。

また、より自分の言葉だから、感じたまま、ありのままを語れるということもあります。

スクリーンショット 2022-05-27 12.38.23
↑クリックすると大きくなります。 


この日は制作者の比嘉豊光氏を迎えて、貴重な話を聞ける機会となります。

滅多に見ることができない記録映像となります。

ご興味のある方は、下記メールへ直接申し込みください。

※一応コロナ禍のため、事前予約制でして、入り口にてチェックをされます。

 今回は学生だけでなく、一般の方も来場可能ですが、必ず事前申し込みをお願いします。 


日時:2022年6月11日(土)

開場:13:30開始 14:00~16:00

会場:神奈川大学みなとみらいキャンパス1階 米田吉盛記念ホール

   新高島、または、みなとみらい駅から徒歩5分ほどです。

<申し込み先>(締め切り:6月7日)

e-mail: shimakutwuba_ku@yahoo.co.jp


https://www.kanagawa-u.ac.jp/event/details_25495.html



ぜひ多くの方に見ていただきたいと思います。

実は、大変心苦しいのですが

6月11日は、、、、私は別のイベントで歌っておりまして(汗)

偉そうに語っておきながら、、、参加できないのですが。

そちらの宣伝も次のページにて記載したいと思います。


ぜひ、沖縄について

楽しい面だけでなく、歴史についても知っていただきたいと思っています。

それは「沖縄民謡」を歌う上で大切なことだからです。


一昨日の日曜は朝から天気も良く、下町はお祭り日和!

まだ完全に以前のカタチでは無いですが

ようやく下町に”お祭りの賑わい”が戻りました。

三社に小野照様、三島神社もですね♫

朝から祭囃子の音で晴れやかな1日のスタートでした。

 

その日は我が教室も、朝9時に集合して(場所の都合で朝一集合でした)

来月に控えた舞台に向けて皆で練習しました。

今回初めて出演する人もいますし、普段はクラスがバラバラなので

なかなか練習が大変なのですが、初めまして!の方も含めて
心を一つに、頑張って練習しました。みんな本当に上手です♫
掛け合いの練習は、一人ではできない練習です。
皆で歌うからこそ、生み出せるハーモニーがあります。
そして掛け合いは、お互いに信頼関係があって初めて生まれる調和。
どんなに忙しくても、こうやって合同で練習する大切さを感じてもらえたら嬉しいです。 

 

こういった練習は、普段の教室でやる練習とは全く違い
より実践に則した稽古をおこないます。半分リハーサルなイメージです。
また、あらゆる場面を想定して行います。
1つのパターンではありません。
そんな私の指摘や指示に、皆は的確に答えてくれて

またすぐに修正でき、舞台人としての技術力も表現力も相当上がりました(^^)

めちゃくちゃ頼もしいです♫

そして、こうやって合同で練習できるのも、昨年までは考えられない状態だったので、とっても嬉しいですね!

 

そんな素敵な日曜を過ごしましたが
私の日常は、直近の予定、来年の予定くらいまでは決まっている中で日々動いているのですが、

たまーにボ〜ッと、特にお風呂なんかに入ってる時に、ふっと降りてくることがあります。

 

それは人によっては

『ひらめき』であったり『神の啓示』であったりするのかな?
ストンと腑に落ちることもあります。
うんうん考え抜いて思いつくアイデアとは違い
無意識の時にすっと入ってくる考えほど
実は大事だったりすることが多いので、忘れないよう私も大切にしています。 

 

とにかく何にも考えていない時ほど

不意にふっと浮かぶのですが。

今日はそれがふっと降りてきたこと、ある考えが2〜3年先のことでありましたので、
それに向けて、、、そうか、そろそろこれも準備が必要だなと

もう1つお役目が増えた感覚でした。

 

そしてこれがあるうちは生かされていると思いますので、種まきを始めます。

収穫は、、、3年?5年後?
収穫といっても、直接お金になるようなことではないです。
どちらかというと、すごい時間と苦労と持ち出しも多いことが多く
こういったふっと降りてくる考えは
利己的なことより、利他的なことが多いです。 
それが厄介で、気持ちが落ちていると、面倒だな、辛いなと避けてしまいたくなることもあります。
でもそれでは自身の成長がないため、どんなに厄介であっても結局は挑むことになります。
自分の利益は成長。 

 

直近、半年、1年後、2年後とそれぞれを今から積み上げていきます(汗)

近い将来を大切にして、未来も同時に見据えて行動する♫

 
5月の教室は昨日で終了しました。
最近はテレビの影響か?体験が増えてバタバタしてますが

同じ志を持てる仲間が増えるのは嬉しいこと!
そして沖縄の文化や芸能が注目されるのは素晴らしいこと!
我が教室でも体験は募集していますが
世の中にはたくさんの教室や先生がいます。
それぞれが、やりたいことを実現させられる
また自分を生かせる仲間と出会えますように♫
私も、同じ志をもった仲間と出会えることを期待しています。
 
では6月もイベント盛りだくさん!(解禁次第、こちらでもお知らせ!)
久しぶりに教室メンバーを引き連れての舞台もありますので
がんばってまいりましょう〜!

↑このページのトップヘ