東京下町入谷・沖縄三線教室blog

入谷は上野のお山と浅草の中間地点、七夕の季節には東京の風物詩「朝顔市」でも有名な人情溢れる下町です。そんな入谷に居を移して10数年。私の大好きな沖縄もそしてこの入谷も、歴史を大事にし、義理と人情で繋がるあったかい人達が今でもたくさん暮らしています。私にとってはどちらも大事で大切な場所。下町と沖縄、、、遠いようで近い感覚。沖縄三線を通じてこの入谷で皆様と一緒に素敵な教室を作っていければ幸いです。

GWもあけて、久しぶりのお稽古でした。

つい先月までは「寒い〜」と言っていた稽古時

今日は「暑い〜」と、わずか数日でこうも気候が変わるのですね。

教室のあるこの下町では、夏までずっと「祭り」が続きます。
1年でも一番パワフルな季節の到来です。

 

入谷教室も下町パワーに負けじと、、

本日は、教室に関係しましたイベントスケジュールと

その詳細をメンバーにプリントにて配布しました。

夏には交流発表会や、秋には合宿など、いろいろ計画中です。

一般情報のみ、こちらでも掲載しますね。 

 
久しぶりです、浅草で開催するワークショップです。

教室メンバーはぜひお手伝いをお願いしますね。

_______________________________________


ワークショップ『沖縄民謡を歌ってあそぼう!』
6月11 日(日)13:00 ~17:00(二部制)
 
スケジュールは
13時〜14時半(一部)
14時半〜15時(入れ替え&休憩)
15時〜16時半(二部)

*それぞれ定員20名
  

場 所/中町会会館2 階(台東区浅草4-22-2)

会 費/500 円(ワンコイン!)

    通し希望の場合(一部二部の両方の場合)は1000 円
対象者/歌が好きな方ならどなたでも歓迎 

内 容/三線の音色と共に沖縄の歌(民謡)を一緒に歌い、リズム遊びや踊りなど、

   またその歴史や成り立ちなどを知り、

   様々な手法を通して沖縄の歌を遊びながら学ぶというのが会の趣旨です。

   とくに難しいメニューではなく、全員が同じようにではなく、
   一人ひとりに合ったできる範囲で楽しむという会です。

   子供も、大人も、年配の方も、全員が同じ空間で楽しめる会にしたいと思います。

   一部と二部、違った曲と構成にしますので、お時間ある方は両方楽しんでいただけます。
 
お申し込み/ ご希望の時間「一部or二部または両方」と氏名と連絡先電話をお伝えください。
      メール info@sanshin-tokyo.net  携帯 080-2205-3250
      *メール/随時受付ております
      *電話/11時~17時(留守の際は伝言にお願いします) 

 
_______________________________________
 
最後に今週末土曜の「登波」ライブのお知らせも。

久しぶりの神田「琉の介」さんです。
↓ 

 
5月13日(土)
沖縄料理 琉の介
18:30~(2セット)※投げ銭
03-3252-5528(ご予約:琉の介)
東京都千代田区鍛冶町2-7-2 後藤ビル B1F




すっかり暖かくなりました。
通り越して暑いくらいの陽気ですね。
 
昨年から、今も、、、またまた此処に来て改めて
「沖縄の歌(民謡)とは、何ぞや?」という
もう根本的な根源的なものをずっと考えさせられる場面が多くありました。
その度に、悩み苦しむのですが、
見えてくるものもたくさんあるので、決して無駄な時間では無いと信じたいです。
 
私の場合は、沖縄出身ではないため
その歴史的、文化的背景は学ぶことで補うしかありません。
先人や、その道のエキスパートの方たちに知識をいただき
そして自分の中で再構築して落とし込むという作業をずっとしています。
 
ただ、その時代に生きていたわけでもなく
事実を学ぶのみなので、
空気感や、極端に言えば匂いだったり味だったり感触は体感できません。
 
そして、もう一つ、重要な問題。
その中には、どうしても言葉の壁があります。 
もちろん沖縄在住者でネイティブの方も減りましたし
それぞれの土地の言葉が違うため、全てを学ぶのは無理な話ですが。
 
私の「しまくぅとぅば」の先生(勝手にね)比嘉光龍さんが
この度、高校生の英語の教科書に載りました。
東京書籍の「Power On」という高校1年生の教科書です。
4年間の審査?!やっぱり教科書ってすごいのですね。
そりゃそうですね、教育に使用するわけですものね。
彼のような若い世代の方がこうやって活動をすることにより
大切なものを失うことなく、次の世代に残していけるというのは
大変ありがたいことだと思っています。
 
英語の教科書だから、もちろん英語を学びながら
沖縄の歴史や文化、言葉、そしてもっと広くは
日本各地にある「失われつつある言語や文化」の存在が
若い世代に伝えられるということは、とても大事なことだと思います。
 
ということで、最初の私の話はどうした??
それにしても、今の教科書すごいな〜
昔は、マイクがどうした、映画にいった、ジェーンが買い物に行ったとか
そんな日常の話しとかじゃなかったっけ?
話しの内容が濃く深くなってるのね。 
まとまりが悪いのですが「大事なものである」ってことを
お伝えしたかったのでした(^^)

17814640_1349083068510836_6712438223687166804_o17834040_1349083341844142_7012491630866907477_o17834398_1349083641844112_2486036111616293628_o17835125_1349083511844125_2102881852600076549_o 

 


 



























最後に宣伝も。
4/23、4/29ライブ情報です

茅ヶ崎ちゃんぷるー」さんで登波LIVEです。
4月23日(日)19:30~(2セット)
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-3-22 イサベルビル1F 
ご予約 0467-88-7425 (茅ヶ崎ちゃんぷるー)
※ミュージックチャージ無し

※お席ご予約の場合、テーブルチャージ500円/1人
 
 
小岩「こだま」さんで登波LIVEです。(ゲスト:宮城富士男先生)
4月 29日 (土) 19:00 ~ 22:00
江戸川区南小岩7-27-16 桂昇南小岩ビル2階 (地図)
JR小岩駅南口より徒歩2分
ご予約 03-5568-2098 (居酒や こだま)
※musicチャージ 1000円←いろいろ情報が錯綜したためすみません。
訂正をする間もなくきてしまい、今回は1000円にいたします。
★久しぶりに宮城富士男先生とご一緒に、LIVEです!
GW初日、楽しく盛り上がりましょう〜! 

バリ島レポートを書く時間もなく、あっという間に4月も半ば
こうなったら、あとでじっくり。

バリ島から帰って、歌に対する思いや自分の立ち位置が変わりました。
そうなると、きっと表現方法も変わると思います。
4月以降、これからについて
表現や思いを自分の心と照らし合わせ、少しずつ落とし込みながら
今後の活動につていも考えて行きたいと思いました。
1年後、2年後に振り返ってみた時に
きっとココがマイルストーンだったんだと思える気がします。
 
 
さて、その前に
今週末と来週末のライブ情報も宣伝しないままでした。
告知が遅くなりましたが、ぜひ、遊びに来てくださいね!
 
 
茅ヶ崎ちゃんぷるー」さんで登波LIVEです。
4月23日(日)19:30~(2セット)
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-3-22 イサベルビル1F 
ご予約 0467-88-7425 (茅ヶ崎ちゃんぷるー)
※ミュージックチャージ無し

※お席ご予約の場合、テーブルチャージ500円/1人
 
 
小岩「こだま」さんで登波LIVEです。(ゲスト:宮城富士男先生)
4月 29日 (土) 19:00 ~ 22:00
江戸川区南小岩7-27-16 桂昇南小岩ビル2階 (地図)
JR小岩駅南口より徒歩2分
ご予約 03-5568-2098 (居酒や こだま)
※musicチャージ 1000円←いろいろ情報が錯綜したためすみません。
訂正をする間もなくきてしまい、今回は1000円にいたします。
★久しぶりに宮城富士男先生とご一緒に、LIVEです!
GW初日、楽しく盛り上がりましょう〜!

3月後半は、メールや連絡が滞りすみませんでした。
インドネシアのバリ島に滞在しており、
メールチェックはできても、電話や返信ができない環境でした。
 
バリ島とはとても深い縁(と自分で勝手に思っている)でして
今回で8回目の滞在でしたが、
演奏するというのが、初めてでした。
さて、その様子は次回で詳しく記載するとして
 
実は、バリに経つ数時間前に
この台東区の松葉小学校にある学童(台東区ではこどもクラブと言います)にて
演奏した様子をまずはお伝えしたいです。※写真は無くて残念ですが
 
わたしの甥っ子がお世話になっていたこどもクラブで
先生方も熱心に子ども達を見守り、指導されていまして
以前より、とてもステキな学童だなと思っていました。
ですが今年度より、運営する母体が変わるため
先生方と子ども達はお別れになりました。
 
ちょうどその日は、修了式の日と重なり
明日からの春休みという開放感や、
来週には先生とお別れ、進級して学童を離れる子ども達もおり
同じメンバーでの本当に最後のパーティーという日でした。
 
開放感なのか?いつもよりかなり高いテンションに
先生方はハラハラされていたようですが
わたしとしては、元気な子ども達から逆にパワーをもらって
とにかくパワフルに、楽しく、全身全霊で一緒に遊びました。
70人以上の子ども達、父兄や先生方に囲まれて
あっという間の30分でした。
後から、こんなにひとつにまとまって、盛り上がることは無いんですよと
聞かされた時は、本当に嬉しかったです。
 
最初はゲラゲラ笑ったり、なかなか演奏を聴いてくれなかった子たちも
曲を進めるうちに、どんどん入りこんでくれて
私も普段大人向けの演奏ではやらないようなことをしてみたり
皆で歌ったり、手遊びしたり、最後は思い思いに打楽器を持って
鳴らしながらぐるぐる室内を踊り回って、まさに狂喜乱舞(笑)
私自身も、声が枯れるくらい騒いでました。
こんなことを言っては本当に失礼なんですが、
本当に久しぶりに心の底から、歌っていて「楽しい!」と思えました。
 
最後に子ども達からステキな花束をいただいたのですが
こちらこそ「ありがとう!」ってお礼を言いたいくらいです。
大切なモノをいっぱい子ども達からいただいたので、
その後のバリ島での演奏につなげることができました。
バリ島に経つ前に思い悩んでいた答えを
ステキなカタチで子ども達からいただき、
そしてバリ島に行き、現地の方や自然と触れることによって
これからの生き方も含め、また、いろんな思いが芽生えました。
 
では、次回はバリ島の様子を書きたいと思います。 

久しぶりの更新となりました。
2〜3月中は、他仕事の1年で一番忙しい繁忙期でバタバタ
さらに、事業決算と確定申告
さらに、父の3回忌法要準備と法要と
時間の経過もわからないまま慌ただしく過ごしてきました。
なんとか生きていたという感じです。 
 
父がお空に旅立って2年となりました。
あっという間ですね。
先日も最後の遺品整理をして
改めて父の人柄がわかって面白かったです。
 
生きていた頃より、なんとなく近づけているような不思議な感覚です。
また、生きていた頃より、父の親戚と距離が近くなっています。
私自身がこれから生きて行く事に対して
いろいろな事を感じ、考えさせられた大切な時間となりました。
 
さて、三線教室に関してですが
昨年の4月より月曜に稽古日を移して1年。
ご不便をかけてしまった方、新しいメンバーの参加、
様々な出会いがありました。 
4月は3日より稽古を開始します。
 
ひとつお断りがあります。
4月3日まで、電話の受け取りとお返事ができません。
また、メールに関しても基本的に4月3日以降のお返事となります。
(メールは読むことはできますが、詳細のお返事ができません) 
 
お問い合わせに関して、しばらく対応できませんので
予めご了承ください。
お急ぎの場合は、とりあえずメールでお問い合わせいただけましたら
3日以降に随時返信いたします。
 
それでは、引き続き4月より
2017年度も宜しくお願いいたします。

このページのトップヘ