2013年01月

2013年01月15日

AR事例その4 ~紙媒体を入り口にして販促に繋げるAR事例~

今回は、紙媒体を入り口にして商品を紹介し、販促に繋げる事例を紹介します。


タブロイド紙の自動車広告ページにARを活用しています。
自動車のスペックや他の車種の紹介も盛り込んでいます。


 
バイク雑誌にARを付加させています。
動画だけでなく、3DCGポリゴン を使ってバイクのディテールをうまく表現しています。
バイクの専門誌という時点で、雑誌の購買者はバイクに興味を持っているユーザー
なので、うまくツボを押えられれば商品購入に繋げやすいかもしれません。


 
一般雑誌の広告ページに活用しています。
上記のバイク雑誌と同じく動画だけでなく、3DCGポリゴンでも表現しており、
更には運転席のインパネ回りの説明にもうまく活用されています。
コンテンツの作成に費用が掛かっていることが うかがえます。


 
言わずと知れた〝IKEA〟の商品カタログです。
AR広告の走りと言える〝IKEA〟ですが、今回の商品カタログは多くの3DCGポリゴンを活用しています。
そしてそのクオリティーが高く、インタラクティブに表現しています。


 
最後はスペインから。
雑誌の中の靴の広告に活用した例。
見せ方が上手、そして靴なのでほぼ同サイズで表現できることで
ユーザーにもリアルにうったえる事が出来ています。


今回ご紹介した例は、今では国内でも目にする機会が増えています。
そしてここ最近〝O2O(Online to Offline)※〟が盛んにうたわれています。
ネット上(オンライン)から、ネット外の実地(オフライン)での行動に促す施策の事や、オンラインでの情報接触行動をもってオフラインでの購買行動に影響を与えるような施策。

ARを見せる為の物だけでなく、顧客誘導の導線の役目としても活用が可能ですね。 
そのフローが上手く形作られればARの活用方法として、上記のO2Oに活用出来ると考えます。

sanshinsya at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月09日

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。(⌒-⌒)

製作部のsです。みなさんお正月休みは楽しめましたか?新たな気持ちで今年もいきたいです。☆★☆★☆★☆★

今週からお仕事始めで、3日!そんなに早く仕事が終わっていません。忙しい事はありがたい事ですが、今年のテーマは仕事をチャッチャッと終わらせて早く家に帰る。

早く帰って早く寝て早く出勤する。そして時間が余ったら、早く体を動かし、早く健康を保ち、早く誰かの為に早く良い行いをする。


それでは

今年もよろしくお願いいたします。v( ̄∇ ̄)v


 


sanshinsya at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)