2017年09月19日

毎日社説 首相が「冒頭解散」を検討 国民が見くびられている

今日は地域で行った秋のお祭りイベントの
打ち上げです。

楽しく飲みたいと思っています。(^∇^)

でも、一昨日取り上げた安倍の身勝手な
国会解散は腹に据えかねます。

ということで今日の毎日の社説は私とほぼ
同じ趣旨なので引用させていただきます。

社説 首相が「冒頭解散」を検討 国民が見くびられている

主権者たる国民への畏れなど、みじんも感じられ
ない政治がまかり通ろうとしている。
 安倍晋三首相が28日召集予定の臨時国会
冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。総選挙は
「10月22日投開票」の日程を軸に政府・与党は
調整に入っているという。
 北朝鮮情勢の緊迫が続く中での選挙となる可能
性が高い。にもかかわらず解散に踏み切るのは、
今、選挙をした方が自民党はそんなに議席を減ら
さないだろうという首相の打算以外に考えられない。
ー中略ー
 首相自身が渦中にある加計学園や森友学園問題
は何も解明されておらず、引き続き国会の焦点だ。
首相も先の通常国会終了直後は「今後、真摯(しんし)
に説明する」と約束していた。
 ところが、それを避けて解散に持ち込むのは、よほど
疑惑を隠しておきたいからだろう。首相がそれでこの
問題は忘れ去られると考えているのなら国民はなめら
れたものだ。
ー中略ー
 首相は先月、改造内閣を「仕事人内閣」と自賛した。
成果どころか、仕事の中身さえ国会で示す前に解散
するということでもある。
 2014年11月、消費増税先送りを理由に衆院を
解散した時以上に大義はないと言うべきである。



sansiroh at 14:56│Comments(0) 政治 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
GoogleAdSense