2017年09月20日

O157 発症の総菜店が閉店  インド各地でヒンズー教の儀式、先祖を供養

いさぎよいというか、これほどの騒ぎに
なったら客足が遠のくからという経営
判断なんでしょう。

O157 発症の総菜店が閉店

 群馬、埼玉両県の総菜店「でりしゃす」系列
4店で購入したポテトサラダなどを食べた22人
が病原性大腸菌O157に感染、3歳の女児1人
が死亡した問題で、運営会社の「フレッシュ
コーポレーション」(群馬県太田市)は20日、
「でりしゃす」系列の全17店舗を19日の営業を
最後に閉店したと発表した。


2次感染が疑われる事態になって、もう日本では
外での飲食なんて危なくてできないという心配が。

O157 発症の11人、同日に購入 総菜のトング使い回し 前橋・六供店
http://sansirohike.blog.fc2.com/blog-entry-3953.html


でもそれでは生きていけませんよね。

で、こんな記事が気になりました。

インド各地でヒンズー教の儀式、先祖を供養
170920ヒンズー教儀式
インド各地で19日、ヒンズー
教徒がガンジス川などの
聖なる川に浸かり、先祖の
霊を供養する儀式が催された。
この日は「ピトゥル・パクシャ」
と呼ばれる先祖供養期間の
最終日。
ヒンズー教徒の男女は、
明け方に腰まで川や海に
つかり、食べ物や花を先祖に供え、供養の祈りを捧げた。


写真がガンジス川で祈りをささげている
姿ですが。

ガンジス川は聖なる川ということで、洗濯
する横で身を清めたり、川の水を口にして
いると言われます。

不謹慎ですが、このような生活をしていたら
きっとO157も逃げ出しちゃんのではと。

sansiroh at 15:58│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
GoogleAdSense