トップページ » 2014年オバマの日韓訪問

2014年オバマの日韓訪問





2014年4月24日、安倍とオバマが東京で会談。両首脳は、北朝鮮の核・ミサイル開発について、日米韓で連携して対応することを確認した。



またオバマは、朝鮮半島有事等における自衛隊の役割を拡大するために、集団的自衛権の行使を可能とする、憲法解釈の見直しを支持した。



オバマは、北朝鮮による拉致被害者家族と初めて面会し、「(2人の子供を持つ)親として本当に許せない」と語り、日米で解決策を検討していくと表明した。



オバマは首脳会談後の共同記者会見で、尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲であることを表明した。しかし、尖閣の領有権については立場を示さなかった。



4月25日、オバマと朴槿恵がソウルで会談した。オバマは、北朝鮮の核問題や、日韓の慰安婦問題で、朴槿恵を後押しする姿勢を示した。



オバマは首脳会談後の共同記者会見で、北朝鮮の核開発を非難したうえで、朝鮮半島有事では米軍が韓国防衛の前面に立つことを表明した。



オバマは慰安婦問題について、日米韓同盟の重要性を強調したうえで、「慰安婦の話に耳を傾け、尊重すべきだ」と語った。朴槿恵も「(安倍の)誠意ある実践が必要」と語った。



オバマの日韓訪問は、北朝鮮のみならず、台頭する中国を牽制する狙いもあった。オバマは、韓中の接近を歓迎しつつも、韓米同盟こそが韓国の繁栄の基盤であることを強調した。



中国外務省は、オバマによる尖閣の安保条約適用発言について不快感を示し、日米韓同盟の強化についても、「冷戦思考は前世紀の国際関係の化石」であると非難した。



一方で、習近平は、オバマの日韓訪問の直前に行われた朴槿恵との電話会談で、北朝鮮問題で日米韓と協調する姿勢を示した。



一期目のオバマ政権で、国務次官補を務めた知日派のカート・キャンベルは、読売のインタビューで、米国は、日韓だけでなく、日中関係の改善も望んでいると語った。







『読売新聞2014年4月』より


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星