「自然の中に生きる虫と花 虫嫌い厳禁のブログ」

             草村へようこそ!!さぁ~神秘的な昆虫の世界へ                                                                                      

昆虫が超・超。超初心者のサンタナが撮る、超スペクタル?な昆虫画像が繰り広げる壮大なブログ?。(撮影地:お散歩道と鳥遠征での撮影) 虫の名前等は間違えが多いでしょう(けして参考にしないで下さい)撮影者サンタナ時々ミセス

夏場にお散歩道で出会った「ヤマトエダシャク」
超初心者には、蛾は種類が多く、調べるのに苦労します。


「ヤマトエダシャク」
チョウ目 シャクガ科 エダシャク亜科
体長29㎜~38㎜ 6月~9月 分布本州、四国、九州、沖縄


前翅翅頂付近と後翅外縁沿いが波状で薄褐色になっている。


クリックすると大きな画像が見られます(1350Pixel×900Pixel)

ヤマトエダシャク1

ヤマトエダシャク2

ヤマトエダシャク3

   
いいなぁ~と思ったら ポチッと ありがとうございます

お散歩道のタイアザミの陰で「オオカマキリ」が産卵を。
ちょっと見は、何がいるか分かりませんでしたが。。
丁度、「オオカマキリ」が散乱しているところ。
ちょっとだけ撮影しましたが、{邪魔!」と睨まれてしまった。


同じような写真ばかりですが<(_ _)>

「オオカマキリ」
カマキリ目 カマキリ科
体長68㎜~95㎜ 7月~12月 分布九州、四国、本州、北海道一部


大形のカマキリ。体色は緑色や褐色が強いもの、
その中間までさまざまである。
威嚇する時に見える前脚の間の胸はうすい橙黄色。


クリックすると大きな画像が見られます(1350Pixel×900Pixel)

オオカマキリ産卵1

オオカマキリ産卵2

オオカマキリ産卵3

オオカマキリ産卵4

オオカマキリ産卵5

   
いいなぁ~と思ったら ポチッと ありがとうございます

我が家に「ツマグロヒョウモン雌」がやって来た。
遊歩道沿いの小さな庭の花に止まっていました。


「ツマグロヒョウモン」
チョウ目 タテハチョウ科 
体長25㎜~40㎜ 4月~㋉ 分布九州、四国、本州、沖縄


雄の表面はヒョウ柄の模様、
雌では前翅外半部に青色光沢のある黒色で中心に白斑がある。
裏は前翅で表と似る、翅頂部が黄土色、
後翅裏は白と黄土色が混ざる。

クリックすると大きな画像が見られます(1350Pixel×900Pixel)

ツマグロヒョウモン雌

ツマグロヒョウモン雌1

ツマグロヒョウモン雌2

ツマグロヒョウモン雌3

ツマグロヒョウモン雌4

   
いいなぁ~と思ったら ポチッと ありがとうございます

↑このページのトップヘ