February 2006

February 28, 2006

明日から3月

d22508c1.JPG今朝、携帯ラジオから山下達郎の「ライドオンタイム」が流れてきた。途端に「人生とは人間とは生きてゆくとは」的な思春期全開の高校生に戻ってしまいました。私が高2のときのヒット曲。あの頃、学校のことでかなりすさんでいて、この曲に救われたことも何度もあったので、これを聴くと血がめぐりまくって苦しい(笑)という感じもするのです。あー、意識しなくてもディシプリンを常備していられるようになれたらいいのですが、さっそく大人げなくなってるじゃん…自分。夕方からは冷たい雨が降っている福岡です。そんな(どんなだ?!)2月最後の日の今日、下手の横好きで撮った画像をテレビで取り上げていただきました。好きな自然、好きな写真。こんなふうにどこかで繋がっていけばと思いながら。龍山さん、どうもありがとうございます。

santosei at 19:23|PermalinkComments(0)

師弟

Jリーグの草創期に、サンフレッチェ広島の初代監督スチュアート・バクスターさんを取材した。欧州各地での指導経験が豊富な英国紳士は「日本には武士道の伝統があると聞いてきたが、見当たらないね」と残念がっていた。彼は選手にディシプリン(規律)とフェアプレーを浸透させ、チームを94年前期優勝に導いた。「毎日新聞 2004年10月29日 東京夕刊」

松田さんが講演会で話していたのは、やはりバクスターのことだろう。アビスパ福岡も、あの頃のサンフレッチェ広島のように、ディシプリンをモットーとし、攻守に整った組織的サッカーとフェアプレー精神で、多くのJリーグサポーターを魅了してほしい。

エコパ日帰りに備えて、私自身の生活にもディシプリンが必要です(汗)。


santosei at 01:03|PermalinkComments(4)

February 27, 2006

またまた頭痛…。

b411973d.JPG「今のままの生きかたでいいの?」
「頭痛いんだ、今日は許してくれよ…」

ふっちばるの選手名鑑購入。
選手がすっかりシャッフルされていて、
チーム名と選手名が「神経衰弱」状態。
昔から苦手なので、追い追いまた(笑)。


santosei at 23:43|PermalinkComments(2)

February 26, 2006

「相手チーム産地の食品を食おう!」

磐田の産物、食ったろうじゃないの!
って、磐田メロン(マスクメロン)とかなら、
舌がヒリヒリするまで食べちゃうよーー(笑)。
http://www.jubilo-iwata.co.jp/event/2006/0305go.php


santosei at 21:40|PermalinkComments(0)

誰でも最初は一年生

acdf591f.JPG伝統や「式」関係が大の苦手な私ですが、ひな祭りは風情のある行事で好きです。春という季節感があるのがいいですね。生まれ月が4月のせいもあるのかな、季節の変わり目で体調不良に拍車がかかろうとも春が好きです。「春ららら」(石野真子)という感じでしょうか(笑)。しかし、そんなのどかな週末も今日まで。来週末はJリーグ開幕!しちゃうんですねぇ…。不安と期待で新学期を迎える、まさに新一年生のような気分です。「誰でも最初は一年生 ドキドキするけどドーンと行け〜」ですか。

santosei at 21:06|PermalinkComments(2)

February 25, 2006

大事なことはきっと同じ

ca05771c.JPG今日の講演会。松田さん(「アビスパ福岡」監督)の話のなかの「1stDFの重要性」で思い出したのが、ちょっと(かなりかも(笑))飛躍しますが、井上雄彦『スラムダンク』の主人公、リバウンド王・桜木花道。バスケットでも、オフェンスリバウンド・ディフェンスリバウンドを厭わずに必死に取ることが、次なる攻守の第一歩です。NBAを見ていると、リバウンドから繋げてシュートが決まると、遠目からの3ポイントシュートが決まったとき以上に気持ちが乗るんですよね。一緒にたたかっているプレイヤーも同じように感じているように見受けられます。そんなことを考えながら帰宅すると、井上雄彦『バガボンド』の新刊が届いておりました。地元静岡の民放AMラジオで徳川夢声朗読の『宮本武蔵』を偶然耳にしたのは、小学五年生の時。早朝5時台毎日5分ほどのそのプログラムにすっかりはまり、気付けば吉川英治の文庫本を一気に読破。大げさですが、私の小学校時代は『宮本武蔵』で締めくくられ、その形で今も自分のなかにあるような気がします。剣の道でもプロスポーツの道でも、人間がやることである限り、大事なことはあまり変わらないのではないでしょうか。今夜は、スラムダンクとバガボンドを読みながら、アイスホッケー@トリノ五輪の録画でも見ようかなと思います。

※バスケットにおけるリバウンド:シュートが入らなかったボールを取ること。ディフェンスでリバウンドを取れば自チームのオフェンスチャンスにつながり、オフェンスでリバウンドを取れば次のシュートチャンスが増えるので、リバウンドはゲームを支配する上でとても重要である。

santosei at 20:33|PermalinkComments(0)

ケロロ軍曹の侵略状況

ヤクルト400を持ってきてくれる同世代とおぼしき女性の携帯ストラップに、かなり大きめなケロロ軍曹の姿発見。ふと気付けばそこにいる。ってこわーい(笑)。なかなかすごいであります。

santosei at 11:33|PermalinkComments(0)

February 24, 2006

つぼみのままでは終わらない

ab67f64b.JPG春の空気がそのなかに入っているかのようなつぼみ。ここ数日で大きく膨らんできた。今日の雁の巣は、「Jリーグプレスカンファレンス」出席ゆえか松田監督は不在でしたが、倉田コーチの指導のもと、ピリッとした練習をしておりました。2006Jリーグ、開幕はもう来週まで迫ってきました。

santosei at 23:57|PermalinkComments(0)

もう一度

a196f0f5.JPG購入したのは、中トロ鉄火巻。
(18個(笑)で)1,575円でした。
ちょっと高いけどやっぱりおいしい。

全国有名大寿司展 2月21日〜26日まで 
福岡三越9階大催物会場にて

santosei at 18:44|PermalinkComments(2)

福岡で故郷の味

0dde34d9.JPG私「あ、私、清水出身なんですよ〜!」
お店の男性「お!そうなんですか!」
お店販売担当の女性@福岡在住「あら、多いわね〜」
清水関係者、既に複数人売り場に行った模様。うー会いたかった。
でも、ちょうど売り場で遭遇した女性は、ご主人が藤枝出身だそう。
ご自身も関東方面で、気付けば店頭ですっかりまぐろ談義(笑)。
「こっちも魚はおいしいけど、まぐろは静岡(or三崎)よね〜」などなど。
お店の人と、この女性も巻き込んで、なぜか(当然?)サッカー談義も…。
福岡三越で、アビスパとかエスパルスとか、話せるとは(笑)。
エスパルスドリームプラザで営業しているお店だそうなので、
http://www.dream-plaza.co.jp/amusement/sushi/sushi_top.html
帰省&遠征のときにまた行きますと約束して参りました。

santosei at 18:32|PermalinkComments(0)