November 2006

November 26, 2006

2006.11.26vs名古屋グランパス@瑞穂

2006.11.26vs名古屋グランパス@瑞穂




















個人的にはスタメンにも疑問が残った。しかし選手たちは互いを鼓舞しながら一つの目標に向かって走っている。たとえその先はわからないとしても。千代、佑昌、宮本…他にも多くいたと思いますが、ナギを励ます選手たちの姿に、少なくともあと一試合、何も考えずにこのチームをこの選手たちを応援しようとあらためて感じた小雨の瑞穂でした。
続きを読む

November 23, 2006

2006.11.23vsガンバ大阪@博多の森

2006.11.23vsガンバ大阪@博多の森



























残念ながら勝つことは叶わなかったけれど、サッカーの神様が、より頑張っているほうに味方してくれたかなという感じの試合。セレッソ大阪のことはもちろん気になりますが、我々にできるのは残り2試合に勝つことのみ!さぁ次は瑞穂で名古屋グランパスとの対戦。新幹線で日帰り往復して参ります。
続きを読む

santosei at 22:56|PermalinkComments(2)│ │アビスパ福岡 

November 22, 2006

北斗のためにアビスパのために

2006.11.06雁の巣



























明日のガンバ大阪戦@博多の森。中村北斗選手の回復を祈って千羽鶴を折る企画がAyudAさんによって立ち上がっています。折り紙の色はアビスパ福岡のチームカラーになる模様。急遽準備して明日に臨むため、かなり多いと予想される入場者数全員分の用意は難しいとのことですが、お願いしているかたがたを見かけたら、あなたの思いを思いっきり込めて鶴を折ってください。どうぞよろしくお願いします(詳細に関しては今夜遅く明日の未明になるかもしれませんが、AyudAのサイトに掲載されると思います)。

santosei at 18:26|PermalinkComments(0)│ │アビスパ福岡 

November 18, 2006

2006.11.18 vs 川崎フロンターレ@等々力

2006.11.18vs川崎フロンターレ@等々力 ゴール裏への挨拶




















試合後、先頭に立って挨拶に臨んだのは、ホベルトでした。主将として一人のプレイヤーとして、思うところも多々あるだろうことは想像に難くないですが…。あと3試合、どうか頼みます。続きを読む

santosei at 22:01|PermalinkComments(2)│ │アビスパ福岡 

November 17, 2006

アビスパ福岡に「福」あれ!

岩木山麓片山りんご園の福りんご




















いつぞや、vsモンテディオ山形@八橋in秋田に行ったとき、そのまま立ち寄らせていただいて、広大なりんご園を見せていただいた「岩木山麓片山りんご園 」(http://www.rakuten.co.jp/krr/)楽天店店長の今井さんよりいただいた画像。りんごゆえに青系ではありませんが、アビスパ福岡を応援してくれているようで嬉しくなった(ちょっと、た〜らこ〜みたいな(笑))。明日は6時台の新幹線でまずは新横浜に向けてGO!だ。

November 16, 2006

久しぶりの等々力。

2004.08.15 vs川崎フロンターレ@等々力




















2004.08.15 J2 第28節 vs川崎フロンターレ@等々力。 個人的には等々力はこのとき以来。ジュニーニョ、 マルクス、ジュニーニョと入れられ、千代がヘディングで1点返すものの3−1で川崎の勝利。実家から一人で行ったのですが、試合中、説明できない力の差を感じたのを憶えています。あれから2年余り。思うことはたくさんあれど、等々力のなかに入ったら願いは一つ。
続きを読む

November 13, 2006

これから始まる

2006.11.13香椎浜




















大レース。

今日の香椎浜。「これから」への切り替えは、選手たちに関しては大丈夫そう。
追いつけ追いこせ引っこぬけ!続きを読む

santosei at 19:21|PermalinkComments(0)│ │香椎浜 

November 11, 2006

2006.11.11 vs サンフレッチェ広島@博多の森

2006.11.11 vs サンフレッチェ広島@博多の森



























雨天に加え、午後は冬型の気圧配置となった福岡。試合中は体感気温も低く、ハーフタイムには温かいドリンクを求めて自販機に長蛇の列ができていました。試合のほうも低調の印象。ミスもありました。併せて選手起用や交替、そしてフォーメーションも気になりました。そしてもう一つ。この期に及んで最も痛感したのは、決定機に高い確率で決められるFWがいれば、という積年の課題。そういうFWの存在が他の選手の気持ちや試合の流れも変えてしまうのが現実なのです。続きを読む

santosei at 23:56|PermalinkComments(2)

November 10, 2006

無失点で終わらせるというプライド

アビスパ福岡GK陣



























いよいよサンフレッチェ広島との大一番が迫ってきました。天皇杯の次は天王山、といいますか。この時期に『直接対決』があるという偶然に感謝。広島戦後も最後の最後まで心身ともに忍耐力が問われるとは思いますが、まずは博多の森でのこの試合、「一戦必勝」で勝利をもぎ取り残留に向け怒濤の展開に突入!といこうじゃないですか。

****************************************************
http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/Sw200611100057.html
佐藤寿、全チームから得点狙う

佐藤寿は7年間で市原(現千葉)を手始めにC大阪、仙台、広島の4球団を渡り歩いた。その間のゴール数はJ1で46、J2で22、ナビスコ・カップ11、天皇杯4の計83得点を数える。ただ、福岡とは8試合(J1で2、J2で6)対戦しながら、無得点だ。その理由を佐藤寿はJ2で20得点を挙げた2004年の仙台時代を振り返り、「福岡は守備ラインを引いて守ってきた。クロスボールに飛び出すスペースがなく、やりにくかった」と説明する。

 次節の福岡は2年前当時と変わらず、守ってカウンターの戦術を志向する。「まずは(FW2人の背後からMF陣が飛び出す)3人目の動きから先制したい」と、相手DFの引きつけ役を担うつもりで、「リードすれば相手は攻めてくるので、そのすきを突く」と、とどめの一撃を見据えている。
****************************************************
続きを読む

santosei at 00:29|PermalinkComments(0)│ │アビスパ福岡 

November 08, 2006

人災は忘れたくてもやってくる…。

キンモクセイ3回目の開花



























福岡では、秋のキンモクセイが咲く横で、夏のイヌツゲの花、アサガオ、キョウチクトウが咲き、冬のビワの花も咲き始めました(これがいい香り)。季節感というものは一体どうなっちゃったんだろう…という感じです。どこか皆おかしくなってきているのでしょうか。あーそれで『福岡』に関わる周辺のひ…いえいえそうじゃないでしょう(笑)。この気候の大きな変化は人災が遠因になっているかもしれないけれど、人災だけなら本来は未然に防げるはずです。飲酒運転事故と同じで。

santosei at 19:25|PermalinkComments(0)│ │福岡の自然