2018年01月24日

間が開くと、あーもうどうでもいいやってなっちゃうので、これは負けた夜中に冷えたこたつで気絶後、意識を取り戻して書いたものです。
(※↑ に、読み返して加筆修正して平らにしたものです。面白いかは知らない。
作品タイトルうんぬんに関しては最後に書いてあるからそこだけ気になる人はそこからどうぞ)

自分たちの出番が終わってしばらくしてからものすごく疲れが出てきて、次に心が死んだようになって、打ち上げもほとんどボケっとしていた。
帰ってからはこたつの電源を入れるのも、携帯を充電するのもあきらめて、リビングで気を失っていた。
今は、あー何だかんだあったけど楽しかったなーと遠い目で振り返る。

さておき。
そりゃまー本音を言えば悔しかった。
まさか悔しいなんて思うことになるとは思わなかった。
本をちゃんと削ってたら、無理やりにでもお客さんかき集めてたら……そんなことを考えもしたけど、
本は木山さんが混乱するし、4分近くも削る労力はあの状況ではとても避けなかった。
無理やりお客さん呼んでも、その人たちが「ひきわけ」を選んでたら、ひとりでもカヨコの大発明さんに勝ち票を入れてたら意味なかった。
そう考えるとどう考えても負けるべくして負けたのだなと納得する。
まあ、そもそも動員も知名度もポンコツのウチが、こんな接戦になるなんて一ミリも予想してなかったんだし、
棚からぼたもちで出て、さらに十分おいしい思いをして、そこで「だったらもっと……」というのは意地が汚い。
……ぞと、自分に言い聞かせるよ。

まあ、もし次があったらその時は勝つつもりで挑もう。
そう思わせてくれる今大会だった。
とりあえず負けたことにより、木山さんの家族サービスがキャンセルされなかったことだけはよかった(笑)

今回は本当に木山様々。そこに尽きる。
越えられたらいいなーと思う一線を(変な意味ではない)、私は正直諦めていた。
さすがに二週間では無理だし、木山さんがものすごく自分を追い込んでるのも知ってたし、その一線はただの自己満足かも知れなかったから。
別にそれを越えなくてもお客さんは怒らない。
それを越えたからって確実に私の思う結果がついてくるとは限らない。
それでも「どうせならそこに届きたいよねー」と最後の最後まであがいて手を伸ばして。
それでも私は「行けたらいいねー」「無理しないでいいよ」というスタンスだった。
結果的に最後の稽古で手が届き、小屋入りしたゲネでそれを昇華できた。ギリギリのタイミングで届いた。
それは私だけでなく、木山さんも手ごたえを感じたみたいだった。
最後の旅行のエピソードはそこに届くから本当の狙いが出てくるという、届かなければなぜあるのかわからないという、
そういう非常に役者に負担の大きい長いセリフ。
だからやりたいことは全部できたので、満足はしている。

ゲネでやりきった感が強すぎて、リハーサル時間が終わったら、稽古しまくろうと思っていたけど、
二人ともものすごくぽかんとした。
なので、とりあえずセリフが詰まらないようにだけ反復して、あとは疲れないようにしようと思った。
天王寺の稽古場を押さえていたので、二人で散歩がてら歩いていき、地下街でボリューミーな定食を食べて、木山さんの案内でハルカスの高層階のカフェで食後のコーヒーをすすった。
まだ何も始まってないのに、私たちは何かをやり切った気持ちだったのだ。
これで帰っていいですか?という気持ちだった。
結局、押さえてあった稽古場には使用開始時間を一時間近く過ぎてから辿り着いた。

3時間ちょっとの間に、通しをして、あまりに眠たいので30分だけという約束で1時間休憩し、ゲネの動画をチェックして、もう一度通すという、贅沢な使い方をした。
まあとにかく一番手は本番までの待ち時間が半端ないので、待ち疲れをしないようにという意味で取った稽古場でもあったのでよかったんだけど。

そこから再び劇場まで歩いて帰る。
道中、劇場まで歩いていくとどんどん緊張してくると木山さんが言うので、
じゃあ電車に乗りましょうかというと、
それはそれでどっちにしても緊張すると言う。
ただのわがままじゃないかと思った。

ゲネを終えて出来上がりに満足はしたものの、出来上がってみると二人してものすごく30GP全体のイメージに相応しくない気がしてくる。
何か社会派問題とか取り上げてる劇団さんみたいじゃないかと思えてくる。
重たい。場違いだ。カヨコの大発明さんにもこの空気のまま渡すというのはひどい。何か個々のカラーとかそういう問題じゃない気がする。
という気持ちになり、
すでに30分オーバーしていたし、後ろのスケジュールもつまってるので、やめておこうと思っていたカーテンコールのお喋りを、劇場に帰ってくるなり「やっぱり最後2分だけ喋ります」と伝える。
そこからカーテンコールに何を喋るか考え始めて、余計な緊張に見舞われ、すぐに後悔した。
喋ったら喋ったで4分近く喋ってたらしいけど、よくある「現場が先走った」というやつだと思うことにする。
まあ、走ったのは現場ではなく私なんだけど。

本番直前にセリフの抜けがないか、木山さんと軽く合わせるも、早回しだと木山さんがつっかえるので、これは心理的に逆効果だと思い、きっちり本番通りのテンポで最初から最後までセリフを合わせる。
開演15分前まで合わせてた。
おそらくカヨコの大発明の人たちは、「こいつら大丈夫か?」と思ったことだろう。もちろん大丈夫じゃない。
なりもふりも構ってられないのだ。

まあ結果的に本番はベストオブベストのものを出せた。
終わったあとの私たちの感想は「セリフ詰まらなくてよかったー……」という、素人みたいな言葉だった。
それくらいギリギリだった。
木山さんにセリフだけに気を遣って無難にやり過ごすこともできたけど、やっぱり100点満点を目指したかったから、本当にやってることはギリギリだった。

年明けにキャストチェンジをするとなったとき、ここまで持っていけるとは思っていなかった。
それでも私の言いたい放題を全部受け止め、地道に式を解いていき、あそこまでしてくれた木山さんには感謝している。
また自己満足かも知れないと思っていたラインは、やはり越えると越えないでは伝わるものが全然変わってくるのだなと確証得ることができた。
私が今後演劇を続けていくなら、これは大きな収穫だなと思う。
芝居が変われば、同じ台本でも上演時間が5分も伸びることがあるんだなというのも覚えておこう_(:3」∠)_


最後に、「何でムーンライトってタイトルなの?」って何回か聞かれて、
出ている人も身内も誰一人わかっていなかったので説明すると……もう説明しないといけない時点でダメなんだけど、悔しいし結構ショックだったので。
お話の最初と最後で男が「今日月が出てない」と言ってて、女も「お月様が沈むまで遊びに連れて行って」と言い、
そして最後のシーンで女が部屋の窓を閉めたときに窓の向こうに何かを見つけ、それに対して拝む。
そして女が部屋の明かりを消して出ていったあとに、照明が差し込むことで、「ああ、だからムーンライトかー!」……ってなる。
はずだったのだ。
どうやったらよかったのかなーって未だに考える。
照明に手を加えて細く差し込むようにしてもらったらよかったのかなと思いつつ、まあ1日4団体共通で照明を使うイベントでそんな無茶はできなかったさと思いつつ。
ってか、こんなにも伝わってなかったことが本当にショックだよ!

というオチで愚痴でお後がよろしいようで(*´ω`)


2018年01月18日

2018_01_13_3
2018_01_13_5
2018_01_13_2
2018_01_13_8

5回目1/12

もうよく覚えていないけど、木山さんが一番頭を抱えていた稽古だったのだけ覚えている(笑)
木山さんからの申し出で、途中長めのインターバルを取る。
木山さん的には稽古を止めてしまったと感じてるみたいだけど、個人的には嬉しい申し出だなと思った。
がむしゃらにやったところで解決しないし、自分のコンディションは自分が一番わかってるので、そういうことを素直に言ってもらえるのは嬉しい。
百篇稽古という思考が嫌いなので、考える時間とか整理する時間が欲しいと言われるのは私個人としてはいい傾向だなーと思っている。

6回目1/13
昨日と打って変わって、ふっ切れた感じのある木山さん。
何だか、木山さん観察日記みたいになってきているけどきっと気のせいだよ
まだまだ詰めないといけないところはあるけど、出し物としては十分の出来だと思う。
まあ、セリフがまだ飛んじゃったりするけどね。

この日はシンさんが稽古写真を撮りにきてくれる(↑のやつね)。
稽古終わりには木山さんのプロフィール写真を撮ってもらう。
撮影場所のチョイスが思いもよらないところで、シンさんのセンスに木山さんと二人で感心する。
いい写真だと思う。思うけどサイトにあげるのを忘れている……。

稽古後、木山さんがうち入って初めてメンバーが全員そろっての飲み。
とはいえ、本ちゃんとシンさんと三人で飲んだのも一回しかないんだけど。
まあ私が会議とかミーティングとかそういう名のつくものがよくわかんない時間が嫌いなのもあるんだけど。
ほぼLINEで済ます。
あれだこれだどうでもいいことを終電間近までしゃべって楽しい時間だった。

7回目1/14
久しぶりに広い稽古場。
木山さんのテンポがすごくよくなっていた。
セリフもつまらなくなってきた。
もう本当に本人の努力たまもの以外の何物でもない。
早口言葉なら簡単だろうし、ただ交互にしゃべるだけならできるだろうけど、こちらの注文をいちいち消化しつつ、段取りを気にしつつ、大量のセリフを一から覚えつつ、テンポも上げて変えていくという同時作業は大変な苦労があったと思う。
時間さえあれば、こんなに詰め込まなくてもいいんだけどね。
この稽古の時点で、細かすぎる注文はあれど、本当に詰めたいシーンは一か所に限られる。
まあ……そっこが難しいんだなー。

8回目1/16
私の家から遠い遠い、スタジオキヤマ。
こんな時間から、通ったのは初めてだったと思う。
広いし、自分たち専用だし、声の反響がよくて稽古していて気持ちがいい。
100点満点の稽古場。
ただ私の家から遠い100点満点だけど。

木山家のご長女が見学に来る。
木山さん本人は嫌がるも、ちょっとだけ見たいというので木山さんが折れる。
個人的には子供だろうがなんだろうが、観客がいるというのは悪くない稽古だなと思っているので歓迎する
そして稽古が始まる。
3分後にはもうこちらを見ていなかった。
子供を引き付けられるほどの何かが足りないと言われればそうかもだし、子供が見て面白いものでもないんだけど、
飽きるの早すぎじゃね?と芝居しながら笑いそうになる。
そして、お母さんと約束した10分きっかしに稽古場から出ていく。

12月の公演が終わってやっとお母さんが夜家にいるようになったのに、
年明けて、またいきなりお母さんを奪われたわけで、かわいそうなことをしているなとは思うけど、
それももう終わるので勘弁してほしい。

お芝居の出来は悪くない。
ただとあるシーンをどう持って行くかでずっともんもんとする。
それはもう作り手サイドの問題だけど、できればそこをクリアしたいと思いつつ、努力や根性ではどうにもならない。
唯一の解決手段が時間だけど、それがない。
あと私が相手役と言うのも大きい。
二人芝居で相手が演出ってやりにくいよねーって軽く言ったら、
百倍にして返ってきた。
ものすごくやりにくいらしい


9回目1/17
最後の稽古。
もう何て言うか、そこは自己満足の領域なので無理しなくてもいいよって言っていたが、
木山さんがやはり徹底的にやり切りたいという姿勢なので、こちらも徹底的にやる。
何とかたどり着けた……安定感で言えばあれだけど。
まあせっかくなので本番にこれがあがればいいなと思う。
そのためにも同じことをトレースするのでも、現状維持でもなく、新鮮に最新のベストを追わないとたぶん落ちる。
お芝居って難しいねー。
実質2時間しかできなかったが、ずいぶんとくたびれた……。
木山バージョンはものすごく疲れる……。
木山さんはもっと疲れるだろうけど。
最終日だけど、特にがんばるぞい的な写真を撮ることもなく、粛々と電車に乗って帰る。
いやもう、二人だしね。
これがどう受け取られるのか楽しみだ。
好かれても嫌われてもどっちでもいい。
私が満足してるので。
しかし時間伸びちゃったな……。


2018年01月12日

いつもはあんまり使わない稽古場。
少々狭いけど、二人芝居なら十分だし、予約を電話でできるのがいい。
しかし小劇場関係者御用達なので、あまり落ち着かない。
個人的に原宿みたいなポジションの稽古場。
いつものところは巣鴨って感じ。
受付に、12月にお世話になった浅葉さんがいたことで妙な安心感を覚える程度にコミュ障。

木山さんも仕事終わりで駆けつけ、遅い時間から稽古開始。
毎度軽食を取りながら、芝居の方向性に関して綿密な摺合せ。
をすることもなく、3000万円もらえたらどうするかについて生々しい会話をする。

返し返し、止めて止めての稽古。
少々止めすぎた。
木山さんが、仕事量と残り日数の狭間で苦しむ。
それを見て笑う。
と、怒られる。

注文が膨大過ぎてやりにくそうなので、一旦忘れましょうという話に。
こうしたいああしたいはあるけど、それを押し付けて押し込んでも逆に遠回りな気がしてきた。
もっと木山さんの領分を考えて、そちらで活きるプランを探していくのがベストなのかも。
試行錯誤だね!

木山さんに一番足りないもの。
それは。
時間(笑)
わかってる。私も木山さんもせめてあと一週間あれば……と思う。
これは稽古数で補えるものではない。
ひらめきとか、気づきとかそういうもののための余裕というかあそびというか、そのための時間。
稽古のない日が必要。
でも。まあ。ね。それはどうしようもないので。
残り一週間で、解決策を見つけていくしかない。
全然ダメだってわけでもないし、どうにかなるだろうとは思ってる。
でもまあ、大変に大変ですけどねー……。