2018年05月03日

稽古3回目
全員参加。


2018_04_23_11

あれだけ心がバラバラだったのに、今回はギュッと集まってるね。
思っている事は口に出さずにブログに書けば伝わるんだなーと再確認。
実際に仲が良いかどうかはそれはそれ、中が白いか黒いかは各々別々腹々だもの。
名前が白くてもお腹は黒いなんてこともあるかも知れないじゃない。

さておき、すでに一週間前のことなので詳細は覚えてないけども、
この日の朝に台本を改定したので改めて読み合わせから始める。
面白いもので、同じセリフが前後するだけでニュアンスが全く違ってくるし、お話に沿ったものとなってすっきりした。
稽古場に到着するなり、池下さんが「台本面白いよ!」って言ってくれた。
やはりブログに不満を書くと、なぜか次の稽古でみんな気を遣ってくれるようになるのが良いよね。

読み合せを終え、最後に少しだけ立ち稽古して終了。
他に何かあったかもだけど、もうあんまり覚えてないや。


2018_04_23_16
2018_04_23_17

もぐもぐタイム。
かわいいですか?そうですか。そうですね。そう思います。




2018_04_23_14

ほら、もうこんなに仲良し!




2018_04_23_12

ほら、ね?





稽古4回目。

2018_04_23_3

なぜこんなに二人が笑ってるのか謎の一枚。
白井さんのこんな笑顔が撮れるなんて貴重な一枚だよ。


この日は本ちゃんがお休みで、木山さんも池下さんも遅れるという事で、稽古前にひとりでうどんを食べに行く。
白井さんが時間通り来ていたけど、それはもう個人の自由だし、私だけが稽古場に行っても白井さんと二人で何をするわけでもないので仕方ない。
仮にうどん食べにいきましょうと誘っても断られただろうから仕方ない。

書き出しがうどんで始まったけど、そのあとも特筆すべきことは何もない。
結局ほとんどの時間をおしゃべりに費やした。
忙しい合間を縫って、早くから来ていた白井さんには申し訳ないけども、白井さんも止めなかったし、無言の肯定と取られても仕方ないよね。
白井さんもちょこちょこ混じってたしね
まあ、あれこれ色々としゃべった。
何についてしゃべってたかほとんど思い出せないくらいなので、本当にどうでもいい話をしていたんだと思う。

稽古に繋がる話では、
台本が早く上がって、早く書けたんだから、役者もそれに応えてね☆
って言う作演の言い分は正論だけど建設的ではないという意見が出る。
って言うか白井さんが言ったんだけど、私以外の賛成多数、多勢に無勢で、不信任案が可決となったんだけど。
なるほど。うるせえと頷く。
書いている方の身としては当然の思いじゃないか!
稽古始まりから滞らせてはいけない。不安にさせてはいけないと思って書いてるのに、役者の方で「早くできたなら、のんびりしよっと!」っていうのはいかがなものか?
だったら一週間前にあげてもいいじゃないか!!

でもまあ、気持ちはわかるんだけど。
そもそも役者はさぼるものである。
いや、いいのだ。私自身もさぼる。
さぼってもいいのだ。むしろ「毎日台本読み込んでます!」って言われたら、ちょっとバカなんじゃないかなって思ってしまう。
ただ、賢くさぼってほしい。正確には合理的に、やるべきことだけやっていればいいのだ。
時間を設けないと芝居は変わらないけど、時間を費やした分だけ答えが返ってくるもんでもない。
センス以上のものは勝手には生まれないし、あとはひらめきと試行錯誤だけなので、がむしゃらにやっても仕方ない。

まあ、そういう思考ゆえに、私は非常にせっかちで、すぐに答えを求める。
追々出来ていくかもしれない、その「かもしれない」を信じて待つことができない
今言ったんだから、今できるでしょう?って思ってしまう。
二重跳びできない人に二重跳びしてと言っているわけではなく、日本人に日本語のニュアンスを伝えているに過ぎないので。
微調整はあるかもだけど、ニュアンスがわかったならできるだろうと思うし、わからないならわかるまであれこれ説明しようというスタンス。
だけど、それをやり過ぎると、不思議なことに求めているものから離れていったりすることもあるので難しい。

これが演出かと問われればわからないけど、何を持って演出なのなんてのも結局はわかんないじゃない。
理解が異常に早い人もたまにいるのも、よくない。
西山ともかさんなんかは、芝居の全工程が大好きらしいので、初っ端からめちゃくちゃ作り込んでくるし、
山本誠子さんなんかはダメの修正能力が異常に高かった。あとかわいかったし、それにかわいかった。
引き出しの中身がたまたま近いだけなんだろうなーとも思ったり。


2018_04_23_5
2018_04_23_7

稽古している雰囲気がでる写真も並べておく。
脱線した。
っていうか、脱線でもしないと書くことがない。
本当にこの日の稽古はずっとしゃべって笑ってた。
ただ、動きもほとんどなくて、セリフも入ってないのに台本片手にそれっぽいことしてもあんまり意味ないと思ってるので、わいわいやる時間が多少長くてもあんまり時間が惜しいとは思わない。
次回以降からはもう少しちゃんと稽古しよう。
しかしセリフを覚えるのが半年以上振りなので、少々めんどくさい。
日付変わって明日稽古なのに。
でも演出だから、覚えてなくても誰も文句言わないに違いないから大丈夫。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字