2018年09月01日

cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0015
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0004
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0002
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0005
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0007
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0008
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0011
cba17ed45ea9f54bdf93712c5abcdb938_17178924_180901_0009

パソコンが壊れたのをいいことに、すっかりブログを書くのをやめてしまった……。
ツイッターの方が早いし、効率がいい。
ビデオダメ出しも、ブログも、始まるとダラダラと書いてしまうけど、正直大嫌いだ。
自分の時間が取られる。寝不足になる。結果につながらなかった時の徒労感が半端ない。あと、ブログは毎回いっぱい書いてるとバカだと思われる。

ただまあ、一回くらいは書こうか……という今。

暗闇に関しては、本当に二人とも前向きに挑んでくれた。
すでに過去形だけどくれた。
毎度毎度目に見えて先に進んでいるのを見てると、演劇やってて楽しいなと思った。
嫌なことを言われ、腹立つこともあったと思うけど、腐ることも驕ることもなく、本当に真摯に向き合ってくれた。本番のために。

今回は稽古動画を見せてから、がらりと芝居の質が変わった。
私がどれだけ言葉を重ねても、「んー??」って感じだったのが、
「ああ、そういうことね!」ってなって、一気に地に足がついた感じになった。
先日の合同通しで久しぶりに稽古を見た木山さんのシンさんが、「え、ずいぶんと変わったね!」とわかるくらいに違うのだから。
セリフも演出プランも変わってない。
稽古を繰り返したらできるよになったわけでもない。
単純に役者が「ああ、なーんだそいうことを言いたかったのかー」って理解しただけのこと。

反対意見もあるだろうけど、やはりビデオで自分の芝居を客観的に見れるというのは大きいと思うし、
演出側との意見のすり合わせとしてもいい。
例えば、
地面を這いずり回る黒い虫→ゴキ〇リかな?→違うそんなに早くない→カブトムシ?→違う。
というやり取りをするよりも、映像で「この虫だよ」って見せた方が早い。
「あー何だアリのことかよー。だったらはいずり回るじゃなくて、地中に穴を掘って巣を作るとか、甘いものに群がるとかの方がわかりやすいよー」
ってことかなと。
同じ答えでも、人それぞれアプローチの仕方は違う。
5-3=2の人もいれば、1+1=2の人もいるし、もっと複雑な式の先に2を導き出す人もいる。
だから、最初から「2」という答えがわかったら話は早いんじゃないかと思う。
紀伊国屋の前というより、阪急の中央改札出てエスカレーター降りて左の方がしっくりくる人もいるかも知れないし。
今回はパソコン壊れてたのもあって、動画見せるのがずいぶんと後半になったけど、もしかしたらそれが返って良かったのかもしれない。


自分で書いた本を自分で解説するのもカッコ悪いけど、「暗闇」は役者サイドからしたらやってみたくなる台本だと思う。
私が演出しても女優を入れ替えたら違ったものになるだろうし、演出を変えたらなおのことだし。
どこを見せるのか、抑えるのかは人それぞれの好みによる。
だからこれを見た役者や演出さんの中には、「私ならあそこでこうするのになー」って意見は絶対にある。
この先、女優オーディションするなら、この台本を使うと思う。
何が出来て何ができないのか、どういう好みなのかどういうクセがあるのかがよくわかる。
等身大以上のものが出ないようになっている。
面白くなかったら、女優二人がポンコツなのか、演出がポンコツなのか、もしくはその全部か。
そういう台本。

十月は万化さん効果で、お客さんも集まるだろうし、うちもある意味「期待に応える」お話を出す。
しかし、今回の方がしかけとしては断然面白い。
個人的にこれがたくさんの人に受け入れられたらいいなーと思っている。

イベントノルマはすでに達成してるけども、そこは小藤様々なだけで、なーんかね。
わかっちゃいるし、そりゃそうだけど、知ってもらわないとお客さんは来ない。
30GP初戦敗退ではやっぱりサッパリだなーって思う。
役者の手売りではなく、劇団チケットだけでノルマ達成したいものだし、それくらいのニーズもないようなら、応援してもらえないものなら、とっとと滅びてしまえとも思う。
存在しててもしてなくてもいいものなら、いらない。
金にもならないし、時間だけ食って、人気もないなんてバカバカしくてやってられない。

稽古はあと一回のみ。
そこで足りない部分を詰めて仕上げる。
私は自分の好きなものを好きなように作る。
それが好きだと言ってもらえたら幸い。


コメントする

名前
 
  絵文字