2018年10月22日

20181016_181022_0006
20181016_181022_0018
20181016_181022_0024
20181016 #1_181022_0002
20181016 #1_181022_0003
20181016 #1_181022_0006
20181016 #1_181022_0008
20181016_181022_0053
20181016_181022_0072
20181016_181022_0076
20181016_181022_0081
20181016_181022_0083


来月には関東に行く井上信治さんが、当日に駆けつけて、ぶっつけで撮ってくれた写真です。
これがシンさんの遺作になるので、しみじみサクッと選びました。
まあ、過去の写真を見返しても、いい写真だなーと思います。
「ここ!」ってところをきっちり押さえてるのも嬉しいし、
実際の1.5倍盛りくらいのちょうどいい感じに撮ってくれるので、すごいいい芝居みたいじゃんって思ったものです。
稽古写真は、うちに出てくれる役者さんのモチベーションをあげるいい材料でした。
当たり前に、専属で稽古写真を撮ってくれる人がいるというのはありがたいものだなと、亡くなった、否、いなくなる今になってしみじみと思います。
いやいや、最近虚空さんの稽古ばっかり撮りに行ってたとしても!それはそれだから!!向こうはOMS戯曲賞だから!!

初めて会ったその日に頼んでもないのに子供の写真見せられたのも、日帰り旅行に行ったのも、山下さんと引っ越し手伝ってもらったのも、面倒ごとの仲裁に入ってもらったのも、志の輔師匠を森ノ宮に観に行ったのも、芸創でクソ高いクソ芝居見た帰りのバスで「あれが面白いのか?あれが正しいのか?」と議論したのも、電話口で言葉の行き違いからヤミ金業者みたいな罵倒を受けたのも、てめえなんだその物言いはってなったのも、うまい焼肉も、さんまも、肴も、思い出すと、シンさんはどれも美味しかったなーと思います。
ずっと私の一ファンでいてくれて、それこそたくさん持ち上げてくれました。
ちょっと言いすぎだよ!ってところもあったけど、ネガティブな方向に折れやすい私の骨を支えてくれたのはシンさんだったので感謝しております。
私が芝居をやめるのが先か、シンさんが大阪に戻ってくるのが先かはわからないけども、私の遺影はシンさんの写真から選ぼうと思うよ。
……という、前置きが長くなりましたが、知らない人は「そういう人がいたんだなー。ご冥福を……」と思っててください。

さて、
ここからも長いです。ここからが長いです。

すっかり稽古ブログを書くのが嫌になり、とうとう一度もあげなかった今回ですが、最後くらいはとお酒を片手に振り返ってみようかなと。
いや、11月の台本を書かなくていいのかなんてのは野暮な話で、構想だけはスピルバーグなみにあると言っておくのです。
スピルバーグが構想構想と言い出し始めてから、スピルバーグってハンバーグの名前だったのかしらと思うくらいの興味がなくなった感じですけども。
まあ、それに負けないくらい構想が迷走してるし、瞑想という名の睡眠に事欠かないここ最近。

「フレンチとマニュアル」
そもそも、「暗闇」が台風でずれ込んだのがよくなかった。
なんだかんだ言っても、目の前の公演が最優先で、それが終わらないと次に本腰を入れるなんてのはモチベーション的に無理なのだ。
それに多少何とかなるだろうという楽観もあり、いざ本格的に始めると非常に大変だった。

まずセリフが恐ろしく入らない。
でもテンポが遅いのも許せない。
どうやったら楽しくなるのかわからない。
ないなしずくしで、「こっちのほうが暗闇だよ!」と何度も思った。

また、自分すら迷子なのに、それを木山さんに踏襲させようとするから大変だった。
「理屈は無限にあるけど、自転車運転するのにいちいち、そんなこと考えないんだから、フィーリングで、ニュアンスで、モチベーションで、イメージをセンシティブにエンジョイワッショイしようぜ!」
みたいなことを言って、「それがわかんねえんだよ!」と木山さんが頭を抱えることが多々々あった。

それでも、努力と根性と理屈だけでそれをこなしてくる木山さんはすごい。
しかし、一旦くずれると、一から立て直しになるので、そこが大変だったと思う(笑)
せっかく立てたジェンガをがしゃんって崩すような稽古が多かった気がする。
いや、がしゃんってするのはいつも木山さんなんだけど。
それを見ては、「あんた、ストイックすぎるで……(*´Д`)」と引いてたんだけど。

もっとわかりやすい例えなら、このお芝居は懐かしいところでダンレボとか、ドラムマニアとか、そんな感じだなと。
リズムに乗って、音楽を楽しみつつ流れてくる矢印をこなせばいいのだ。
そんな中、徹底的に楽譜をこさえて解明して挑んでくるのが木山さんだった。
それはそれで私は好きだ。
理屈がないのに、ニュアンスだけでセリフを言われるとイライラする。

ただ、今回に関してはあまりにもセリフ量と仕事量が膨大で、攻略が困難すぎる。
こう言っては何だけど、百パーセント完璧にこなすのは、はなからムリなのだ。
もうそこを含めて楽しまないとムリ。
にもかかわらず、私は細かく注文するので、余計に混乱したと思う。
楽しめって言ったあとに、「あそこが遅い」「早すぎる」「もっと立てないと」と、
無限に攻めるのでもう何が何やらだっただろう。

それでも本番きっちりこなしたのだから、私は文句はない。
本番前にDVD焼いてくれたり、小道具も言わずともそろえてくれたり、すべてやってくれたことにも感謝している。
最終的には私が何を言っても、「まだまだこんなもんじゃない!」という、エースでもねらうのかよってくらいの熱量と頭痛で挑んでたので、どう言ったら納得してくれるのかということに悩んだ(笑)
「100点満点だよ!」っていうのは、見え透いた嘘だしね。
「私も木山さんも、これが今の目一杯。これが今のベストオブベスト」という、嘘のない、物は言いようともいった感じで本番に挑んだ。

たかだか、30分のイベント芝居。
稽古回数も途中からわからなくなったけど、追加追加で20回近くやってる。
それこそ理屈とか損得とか費用対効果とか考えたら、間違ってるんだけど、そこはもうお客様のためとかそういうことではなく、
どうせやるなら、今より先が見えているなら、やらないわけにはいかない。
見なかったことには、知らなかったことにはできないってだけ。
だからもう、やるんじゃなかったとか、始めるんじゃなかったとか後悔する。
そんな精神的によろしくないやり方が正解かというと、どうだろうねーと思う。

ひと様がのんびり稽古して、面白くないのに「面白いです!」ってつぶやいてるのを見て、案の定「面白くなかった……」という感想を聞いたりすると、腹も立ちながら、でもそれくらいでいいんじゃないの?とも思ったり、それよりはマシなんじゃないの?って思ったり。

でもそれなら、最初からやらなくていいのかーというところにたどり着く。
こなすのが目的になってるなら、「これが見せたいの!面白いと思うの!」ってのを出せないなら、先はないし、存在する意味がない。どこか似たような会話劇をするところにでも入ればいい。
お客さんにバレないうなぎ風味の魚って何だろうと悩むなら、それはもうなぎ屋やめるときなんだと思う。
私は悩む。
あるときから、あるきっかけを境に。
演劇を続ける理由と、やめる理由をずっと考えている。
代わりになる理由と、続けられなくなる理由のどちらかが巡ってこないかなーって。
しんどいのになーって。

今続けているのは、言葉を選ばないなら惰性で、
何だかよくわからないけど、やらなくちゃいけないと思ってやっている。
あとは死ぬ間際に、しゃべる話題に困らないかなとか。それくらい。

でもやるからには内容は惰性では、いつまでも答えが出ないので、目一杯やる。
お金もコネもないから、大したことはできないけど、よそのお店ではやらないことをやろうと常に思っている。
口が悪い分、その口に恥じないようにしようと。
だから、よそ様がバレないと思って平気で書く水増し台本も書かない。
さっきと言ってることが違うじゃんという、作家のご都合台本も書かない。
今続ける理由は、それを見てくれている人がちゃんといること、それが徐々に認められていること。
「これって正解?」と適度に疑いながら、過度に期待しないようにしながら歩いている。

来月11月が終わったら、その先はどうしようかなーとか、あの件はどうなるのかなーとか、色々思うところはあるのです。
あるのですが、一番最後にそのすべての根幹にあるのは、観てくださる方がいるから。
「應典院の公演見て来ました!」とか、
「虚空さんのアフタートーク見て来ました!」とかね。
そりゃ嬉しいですよ。そういうことを報告してくれることが嬉しいの。
だって、そんなの言ってもらわないとわからないもん(笑)
「ああ、無駄じゃなかったんだなー、ちゃんとちゃんとここまでつながってるんだなー」って思うから。

だからね、もし思ってくれるなら、どうかどうか今後ともご贔屓に。
私もそのご贔屓にお応えできるよう、もう少しだけがんばります。
好きな映画を誰かに教えたくて仕方がなくなるように、
あなたの好きを、誰かにも教えたくて仕方ないくらいの好きにまで昇華できるように。

ちょっとかなり脱線してけど、飲んでるから仕方ないと思って。
いつもやりたいお芝居には必ず下敷きがあるけど、今回の下敷きは少々身の丈に合わなかったかもしれない。
もっと華麗にステップ踏めると思ってたのに、
実際踊ってみると、「お、おおお!? こんなところにこんな筋肉を使うの?」って感じだった。
いや、実際には筋肉は使ってないですよ。比喩だよ比喩。
実際、オープニング含めても30歩も歩いてないよ。

でもでもまあでも、やってよかった。
木山さんはどうだったかわからないけど、私は楽しかった。
そりゃ本っっっ当にしんどかったけど、楽しかった。
私の無理難題を理解しようと頭を抱え、私以上のモチベーションで挑んでくれた木山さんには感謝しかない。
本人にも話したけど、そこまで私のお芝居に身をやつしてくれる女優は他にいない。
それがすごく嬉しかった今回のお芝居でした。
ありがとうございました。

そして誰がどこまで見てるのか知らないこの長文ですが、私ならまず見ないですが、
ご来場くださった、面白いと笑ってくださった皆々様に感謝でございます。

この記事へのコメント

1. Posted by 木山梨菜   2018年10月23日 08:53
楽しかったよ。
本っっっっっっ当にしんどかったけど(笑)。

心底辛かった分、舞台の上で感じるお客さんの反応は素直に嬉しかった。

いつもは公演後ってロスが凄いけど、今回はびっくりする位すっきりしてる。
2. Posted by 中川です。   2018年10月24日 01:40
楽しかったならよかった。

ロスがないのは魂までもがロスしてるからですよ(笑)
これまたお芝居もムーンライトと違って、しんみりする感じじゃないからね。
ひたすら走ってるうちに終わるから、余計にじゃないかしら。

何はともあれお疲れさまでした<(_ _)>
3. Posted by オドー   2018年10月24日 19:36
2ヶ月お疲れさまです、そして来月も楽しみにしてます。

こちらはただ観て面白かったなーですが、色々大変だったんですね。これまでも苦労されたのでしょうが今回特にそう思えます。

木山さんについて。色々印象が変わっていきます。
クリスマスギャロップの時は可愛らしい役演じはるなーと思い、ムーンライトの時は西山さんより怖えなと感じ、青い恋人たちではまたキスしてはるわーと(笑)
勿論役の印象であってご本人とは違うと分かってはいるのですが引っ張られちゃいますね。ちなみに今回はあ、物販やってはる、テンション高いな!と。初めて写真撮らせてもらいましたよ!

最後の写真、ポワロみたいですね、似合ってます(笑)
4. Posted by 中川です。   2018年10月24日 22:50
オドーさま

ありがとうございます。
木山さんはキス女優という看板を背負っていけばいいのかなと思います。
物を売りつけたりするのも得意な方なので、アム〇ェイ女優としてもいけます。

まあ、裏事情を書くのはどうなのかなとも思うんですけどねー。
振り返るとなると、順風満帆でしたと書くのも、楽しかったよも、頑張りましたで片付けるのも気持ち悪くて、困りますね。
これでも結構濁してう薄めて書いてるんですけどね(;´∀`)
ほら、本当のこと書くとすごく怒られますから……。

髭は買って手元に届いたときは(送料込みで1,300円くらい!!)失敗したなと思いましたが、こうやって写真で見ると悪くないんじゃないかなと、自分でも思います。
ありがとうございます(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字