2019年11月25日



クリスマスギャロップ表



ブログはツイッターと違って無限に文字が書けるので非常によくないということで、
すっかり書かなくなって半年寝かせてたけども、
予約が100超えたよ記念と、1か月切ったよ危険と、残り212席埋まるのかよ疑念のブログ。

と言っても、
現状稽古は2回しかしてないし、「こーれは面白いぞー!!」という嘘も書けないので、
とりとめなく書いていく。
だいたいこういう書き方で始めると面白くないんだけど。



2015年は今の職場で働き始めた年で、毎月東京に頭の緩い自己啓発研修に行かされていた。
頭の緩いというのは悪口ではなく、本当に頭が緩いのだ。
何か信念があるわけでもなく、東京まで行ってムカデジャンケンをするのだ。
いい大人ばかりが東京に集められてムカデジャンケン。
相当気が狂ってないとこんなことに時間と金をかけるなんてできない。
この会社はバカだからテキトーにやってればいいという大切なことを研修で学んだ。

研修が終わった翌日、観光するために泊まった本厚木のビジネスホテルを出ると、
駅前のデニーズで雨宿りがてらモーニング食べる。

観光と言っても一年前まで東京に住んでたし、雨だしどこに行こうかと考えながら、
何となく研修資料の裏紙に書き始めたのが「クリスマスギャロップ」。
まるでハリーポッター誕生の瞬間みたいだけど、今のところ私のところには映画化の話は来てない。

ちなみにこの翌日にこのデニーズは閉店。
初めて自分の部屋以外で台本を書き、その内容に自画自賛中なのもあり、
接客がやけに丁寧だったのもあり、何だかその閉店にドラマを感じた。
が、今調べてみたら同じところに再びデニーズが出来てた。
私のドラマを返してほしい。

どうしてこんなに前置きが長くなったのかというと私もよくわからない。
半年ぶりなのでちょっと照れてるのかも知れない。

そんなクリスマスギャロップは三等フランソワーズで旗揚げした二回目の公演。
と言うか、二回目の火ゲキに出した作品。
初演は2015年12月15日。

センチメンタルになるのもあれだけど、伏せて書くのも何だかなのであれだけど、
この帰りに箱根に寄りながら、山本誠子さんに出演のオファーをした。

すぐには返事が難しいとのことだったので、私は山本さんが無理なら来年まで待つ。
と、ストーカーみたいな文句で口説き落とした。

そんな火ゲキが終わって年が明け。
スタッフ推薦枠で初めての30GPに参加する。

このとき一回戦敗退したのだが、そのときの相手が何を隠そう隠さない、
野村さん率いる「池シタアツ子の美カモト響」。
美カモト響は美香本響さん。

まさかこのときフルボッコにされた相手を、
フルボッコにされた作品の再演に呼ぶなんて誰が想像できただろう。


この作品は当時本当にバカみたいに稽古したし、思い入れも強かったので、
カットしたエピソードも全部入れて、少し寝かせたら長編でやりたいねと話していた。
今思えばどうして少し寝かせてだったのか、あの年に勢いでやってればよかったなーと思う。
何だろう、めんどくさかったのか、お金の問題か、五人で本公演というのに臆したのか。
まあそういう意味では臆して正解だったし、そうじゃない意味では強行すべきだったとたくさん思う。


あまり長くなるうっかり開いた方もうげーってなるので、残りは次のキリのいい記念でまた書きます。
どこがキリがいいかっていうのは私の気分と体調に寄るので知ーらない(˘ω˘)


この記事へのコメント

1. Posted by オドー   2019年11月26日 17:22
半年ぶりのブログお疲れさまです。
あれ、今回はあっさりだな?と感じた俺はだいぶ中毒になっているのです。
池下さんと美香本さん、お二方とも青い恋人たちでブルーメイクやってたなぁ、偶然かな?と思ったり澤井さんはどうやって口説き落としたんだろう?とか気になりますね。

カットしたエピソードも気になります!
2. Posted by 中川です。   2019年11月26日 22:49
>>1
オドーさんくらいみんなが根気強かったらいいんですけどねー。
一般的にはこれくらいがちょうどいい配分な気がします(笑)
まあ澤井さんのことまで一気に書いてしまったら、あと書くことないですからね(˘ω˘)
また書きます。
コメありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字