2019年12月31日

クリスマスギャロップ表


稽古がどうだったとか振り返ってもいいのだけど、
何かあったかなーと思ったり、そんなことよりもっと皆が興味のあることってあるんじゃないのかなーってところで、
せっかくのこの料金システムで、実際どうなってるのかをぼんやりと濁しての結果報告。





Screenshot_20191228-030949


まずはあれだけ気にしていた動員ですが、上の表を見ていただいたらわかるように惜しくも300人には届かず。
それでも二年前よりキャストは減ってるし、劇団自体のチケットは倍以上伸びていて、
数字の内容は全然違うので、二年前と変わらないという結果にはならなかった。
……って、まあそりゃね、こんな負け惜しみみたいなことは言いたくないし、
やはりこの料金システムで300行かなかったのは少し情けないなーって気持ちは正直なところ。

「三等さん飛ぶ鳥を落とす勢いですねー」みたいに言われることもあるけど、どこの鳥を落としてるんだかマジウケる。
口コミで800人とか東京埋めたりとかできるレベルの人たちのことを考えると、吹けば飛ぶような存在ですな。
まあ地力も足りんです。

結果報告と言っても、
チケット代金の総額も平均値も、このリスクを負った私だけの情報なので公開する気はないのですが、
平均値で言えば、普通に入場料頂いた方がそりゃ高いです。

ただ、このシステムゆえに来てくださった方もいたことを思えば、
あながちそちらの方が収益が多かったとは言えないのもあります。
そもそもは「三等なんちゃらっての気にはなってるんだけどなー」って人に観に来てもらえたらなと、
この機会にお客さんの裾野を広げることができたらというのが第一の目的。

あとは、「ああ、あの後払いシステムやってたとこね。実際どうなんだろうねーあれ」と、
少しでも話題になれば、チラシを配るのとは別の宣伝効果もあるんじゃないかなと思ってのことです。

どちらも比較対象がないし、このシステムだから観に来たって声も直接的には耳にしないので、
「効果があった!」とは言い切れないんだけど、それでも来場者リストやアンケートを見てると、
初めてお目にかかるお客様もいるし、噂だけで滋賀や何とまあ広島からお越しくださった方もいて、
それは嬉しかったりするので、そこはやったからこそ得たものはあるなと思っております。


封筒の中身は各ステージ傾向も違ったりして面白いものでした。
一番、平均の金額が高かったのは千秋楽16時の回で、でも一番空の封筒が多かったのもこの回。
まあ空っぽの封筒は何回開けてもつらい気持ちになりますねー。
本当に面白くなかったのか、タダで観れるんだから払うのがもったいないと思ったのか、そこはもうわかんないってのがまた悔しいところで。

一方で何かの間違いかなって金額が入ってたりもしますし、お財布状況も違うので何ともですね。
入れてくださった方には感謝です。

でもこの料金システムでやるのはたぶんこれで最後。
先ほども書いたけど、元々少しでも知ってもらおうと始めたことだし、もういいかなと。
何よりアフタートークも動画配信もSNS口コミも、やれることは全部やってもらって、
それでも満席を連発できなかったのは間抜けだなーと思うし、
もう次のステップで勝負しないとなとも思ってるのもあって、これでおしまい。
次はしっかりチケット代を設定して、それで今回くらいに動員があればそれが成長。

こうやって色々と精算が終わってくると思うのは、
やはり30GPの副賞なしでの劇場公演は厳しいなーということ。
当たり前のように空席出してるようではダメだ。
でも地道に少しずつ頑張るってのもなーと思うので、やはり賞レース的なものにはもっと出ていかないとかなーとぼんやり考えますし、
日和り見過ぎず、新しい何かに挑戦していくのがいいのかなーとかも考えます。

一方で、やはり何かけじめをつけるきっかけがあればなーと思います。
何かずるずるこのまま続けていくのかなーと思ったり、
続けてたらいいことあるよという担保のない希望を抱くほど若くもないし、
でもまあ認知症予防にはなるんじゃない?と思ったり、
何かを見出したときには、「あー芝居も楽しいなー」って思うこともあったり。
部屋を見渡せば、何だかいかにもこれでもかってくらいに何もできない独身オッサンの部屋だなー。
これで大丈夫かい?
って思ったり。
誰かが構ってくれて、求めてくれて、認めてくれるというのは、
自分の人生において「これはこれで意味があるのだ」っていいわけできるんじゃないないかなーと思ったり。
相変わらずはっきりしない、思ったりばかりの毎日です。

一年が過ぎるスピードはどんどん速くなってて、
この一年はーとか来年一年はーとか、
簡単に言っちゃって、そんなに変わってないと思ってたけど、
ちらほらと年齢を実感することが増えてきて色々考えるお年ごろです。
とりあえず年明けの30GPを判断基準にして、
今決まってるものより先のスケジュールをどうするか考えようと思います。

何だかもうお爺ちゃんなの?ってくらいに、遠い目をしながら、
話はまとまらないので、ここでおしまいにします。

間に合えば、今年一年の振り返りもできたらなと思います。
ひとまずここまで読んでしまった方は、良いお年をお迎えください。


コメントする

名前
 
  絵文字