2024年03月07日

手前に書いたブログも退団のお知らせで、何とも言えない気持ちですが、
美香本響こと、響さんが退団致します。

当たり障りなく書こうかとも思ったのですが、
響さんも私も「心機一転、各々が新たな道を……」と、ごまかせる年齢でもなく、
そうする方が、却ってみっともないことになりますので、
やはり「どうして?」というところについて触れていこうと思います。

とは言いましても、ことのすべての原因は私にありまして、
以前と比べて明らかに執筆で躓くことが多くなっていることがすべてです。
もうこの二行で事足りてしまいます。

昔は30分程度の台本ならどうとでもなったのですが、ここ最近は執筆期間は常にうち回り、大袈裟ではなく人生に絶望する時間となってきております。
頭でっかちにはなっていくのに、それに技術が伴ってこないのです。

そんな中、劇団員に毎回当て書きをするのも難しくなってきておりました。
そして、そんな中で私の出した答えは、劇団という形をやめて一人ユニットに戻るということでした。

公演を重ねていく内に劇団員がいることのありがたさは身に染みて感じてきましたが、
それ以上に執筆の苦しみは耐え難く、先日の火ゲキの後に響さんと哲州さんと三人で話をしました。

私の申し出に対して、それでも残ると二人は言ってくれました。
その答えはものすごく意外で、ものすごくありがたかったのですが、
私が逆の立場なら絶対に取らない選択だったので、おそらく二人の思ってる形とは違う、もっと素っ気ないものになるだろうことを話しました。
その上で、改めて残るメリットとデメリットを考えてもらい、
結果、今回の響さんの退団という形になりました。

二年前に私から頭を下げて劇団員になってもらったことを思うと、
自分かわいさからの今回の決断は響さんに対しては申し訳ない限りですし、寂しくも思います。
もちろん、その罪悪感も寂しさも身勝手なものでしかありません。
私には人と一緒にホームを作るというのは向いてないのだなと今更ながら身に染みております。

響さんに関してという書き出しながら、
色んな意味で「どうして?」という疑問が残るので触れておきますと。
倉増哲州こと哲州さん哲州さんは、本人なりに残る意味があるとのことで、
もう散々話し合ってのその決断なので、ひとまずはこの先も劇団員として所属します。
ただ、先にも書いたように、三等フランソワーズでの哲州さんの露出は減ることになると思います。
哲州さんの出演を楽しみに観に来てくださっているお客様がいらっしゃるのも知っておりますので、このことに関しても申し訳ない限りです。

もう私自身が原因のことなので、どう書いたところで文面に気まずいものが混じってしまうのですが、
決して響さんと絶交したわけでもありませんし、今後も響さんに出演してもらう機会はあると思います。
逆にもし私にできることがあるなら、そのときは声をかけてほしいと思っております。

いくら書き直しても、納得のいく文章にはなりませんので、
ここで末筆とさせていただきます。
美香本響さんはもちろんのこと、三等フランソワーズにも今後も変わらぬご愛顧を賜ることができましたら幸いです。


三等フランソワーズ
中川浩六

コメントする

名前
 
  絵文字