2024年05月16日

中之島春の文化祭が終わってから一週間。
……以内には書こうと思ってたけど、明日の明日のまた来週で、そうこうしてる内に世の演劇人は次の本番に向かって動き出し、私は色々忘れていきすっかり平熱になっての今日この頃の今更。
ド酷い風邪をこれでもかとこじらせて、咳をし過ぎたせいで肋骨ヒビ入ってるかも……と思ってた痛みもすっかりなくなった。
それくらいの月日が流れとる。

「サンセットルール」に関してもたくさん褒めてもらえて嬉しかったな―と思ってたはずなのに、「そうでもなかったかも……」となっておりますが、木山さんの撮ってくれた写真もきちんと使わなければと思うので振り返り。

まずは何より、三等からチケット買ってくれた皆様、コメント書いてくださった皆様、特に好きでもないけど嫌いでもなかったよって皆様、ご来場誠にありがとうございました。
300席満席ってのはありがたいものだなーと、美術建て込んで5ステージやってそんだけも埋められなかった劇団の人としては他人の褌でのそれをしみじみ噛みしめておりました。

ブログ書くにあたり一番言いたかったことは、ラストシーンのあのやり取りがあるから「サンセットルール」なんだね。
……ってなってしまったのが個人的には、『ジャガイモを揚げた料理=ポテトフライ』『トマトを切ったの=トマトスライス』みたいでちょっと恥ずかしいんだけど、もう恥ずかしいくらいがちょうどいい気がしてきたし、澤井さんと哲州さんに話しても反応今一つだったのでもう忘れたことにする。

お話としては当時あだち充を読み漁ってたのもあって、「こういう感じの芝居っていいかも」と思って書いたら、ほとんど何も起こらなくて慌てて修正して大変だった。
サザンの「LOVE AFFAIR 〜秘密のデート」という曲が大好きで、世間的にはいけないことだしバカなんだけど、足りないからこそ美化される二人の中だけでの関係と、男の側の単純さなんかがすごく出ててそこがまたこの曲の愛せるところで、そんなこんななお話でした。

前回の「ゾン・ビハインド」もそうなんだけど、結局はエゴなんだなーって思うのです。
そのエゴを前にして迷いがあったり、それを見え見えで近づいていったり。
それをコメディにするのか、シリアスにするのかは切り口だけの問題で、談志の言う「落語は人間の業の肯定」というのがそういう「ダメなんだけど何かいいんだよなー」ってところの答えをくれてる気がする。


お芝居的にはX にも書いてましたが澤井様々でした。
そもそもはエミィ賞で稽古してたときに、澤井さんのオーダーの理解というか、そこをしっかり馴染ませてくるストイックさに今更ながら驚いたのもあって、「この人と二人芝居してみたいな」ってのが発端。
あとは「二人っきりでも緊張せずに稽古できそう」ってのもあった。
実際は初日からものすごく緊張した(笑)
哲州さんが稽古場にいてくれたおかげで恥ずかしいやら申し訳ないやらなシーンも乗り越えられた。

稽古は10㎝を5㎝…1㎝…5㎜……と、どんどん細かいところを詰めて詰めての稽古で、
「じゃあお前ひとりでやれよ」って怒ってるんじゃないだろうかと思いながら、澤井さんにたくさんのリクエストをしたし応えてくれた。
その詰めに詰めたものが本番で機能していたのかは、お互い緊張しながらやってたので覚えてない(笑)
でも仮に機能してなかったらなかったで、次やるとしたら更に踏み込んだものになるし、
ブレてたとしても、詰めてたからこその少ないブレで済んだとも思う。
何もない台本なので、それ以外でいかに見せられるかの思考と試行の稽古はしんどくも楽しかった思い出。

もう自分が良いと思うものを、良いと思う人と作る、
極端に言えば、観てる人が「そういうのはええねん」って思っても、
「今はこれが好き!」って自己満足が満たされればそれでいい。
あまりにお客さん来なさ過ぎて家賃一年分を越える赤字出したり、何者にもなれないままこの歳になって、働きながら演劇やってる意味なんてそれしかないじゃないかって気付いた目覚めた諦めた来世で頑張る。


今のところ何も良い話はないのだけど、
「サンケイホールブリーゼでこそ、このちっとも動かない芝居は本領を発揮する!金は出す!!」
って人が出てきたら明日からでも頑張れる。

でもまた30分に仕立て直して、本来あるべき劇場サイズでやるなり煮るなり焼くなりをあまり日を置かないうちにやった方がいいんだろうなーと思って、思ってるだけの毎日です。

ブログは文字数制限ないからダラダラとりとめなく書いちゃうからダメね。
これでも三日かけて、どうにか読んでもらえるくらいになったかなーって感じなので効率悪いね。


ではあとはお写真コーナー。
本当に動かないものだから、どこがどのシーンの写真かもわかんないので何となく並べます。
同じ写真被ってたらごめんなさい。
(撮影:木山梨菜)


01
この冒頭の喋り始める前が個人的に一番好きな絵。



02
結構稽古した道案内(笑)


1000007073
1000007075
1000007065
1000007066
終わってから教えてもらったのですが、長期入院の人の点滴の刺す位置はここじゃないらしいです。
次回があればしれっと修正。



1000007068
1000007074
1000007067
1000007071
1000007069
1000007060 (1)
17
17-2
ブレたら嫌だから言わなかったけど、このあとの「……ごめん」がすごくいい。『それー!ドンピシャ!』って感じの澤井さん。


18
澤井さんのご実家から持ってきたもらったぬいぐるみ。
最初はもう少し大きい熊だったんだけど、実は貴重なものだとわかってこっちになった(笑)


16
1000007079
19
そりゃ最初のうちは「こんなことさせて悪いなー」とは思ったさ。


20




コメントする

名前
 
  絵文字