2016年12月04日

焼山


12月4日(日)晴れ

新潟県焼山

405号線を走って松之山から大島へ

いわゆる昔の村界である。

郡界や村界にはほとんどの場合石碑が建っている。

この405号線の境には二十三夜塔があり

その隣には観音様の

その隣には不明の石仏である。

この集落の下の方には別の道があり

昔の街道が牛ケ鼻から浦田に抜ける。

なので当時から嫁を頂いたり

逆にこちらから行ったりと往来があったと聞いた。

その麓には当時茶屋があり

これからの急峻の曲がりくねった道を行く前に

一休みする所だった。

IMG_8061-1



その入り口にはやっぱり清水が湧き出ていた。

まさに超美味しい清水だった。

やはり街道を設定するにも岩清水が必要だったんだ。


IMG_8072



国道405号線からは妙高連山が見える。

雪を冠った焼山は三角形にとがって

いかにも活火山らしい風貌でなかなか良い。

国道も味わい深くてゆったりと走ると良い。

だからか、ツーリングや熟年夫婦の

愛カーが多い。

IMG_8080



・・・・・
今日の私の短歌です

山間の 望む景色に ゆったりと
走る空気に わが身の年輪
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

長ネギ


12月3日(土)晴れ

今年はネギが豊作なのだろうか。

先日十日町から沖ノ原産の長ねぎを頂いた。

津南町沖ノ原はあのひまわり畑のある台地だ。

そこで生産された長ネギを一抱え頂いたので

1本1本新聞紙に包んだ。

その後もかみさんの同級生が長ネギとキャベツ

大根とカブなど軽自動車にいっぱい持って来てくれた。

それも1本1本新聞紙に包んで食品庫に入れた。

大根とカブ、キャベツは外に出して大きな箱に入った。

ありがたい話である。

漸く包み終わったら今度はいつものお年寄りが

「長ネギいらんかね」と来たので1束買った。

まだまだ

年に何度もお出でになる常連さんから

長ネギが届いた。

「うっわぁー 」新聞紙に包みながら数えた95本。

さすがに食品庫に入らず別棟の

日当たりの良い物置に行って新聞紙に包んだまま並べた。

とにかく長ねぎは身体に良いから大切に利用したい。

そしてみんなで健康に過ごしたい。

IMG_8071-1



・・・・・
今日の私の短歌です

長寿には なが~いねぎが 良いのだと
鍋に入れても 焼いても良いと
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

小鴨日和


12月2日(金)晴れ

地元役場の忘年会が行われた。

それぞれに仕事の内容が違うので

まさに異業種交流のようだったろう。

それの方が楽しいものである。

私も地域の交流会に誘われるままに出掛けるが

思いもかけない楽しさがあって

その上地域にいて知らないことがたくさんある。

お米の作り方など典型だが

ある歯医者さんなど本業そっちのけで(?)

お料理に取り組んでいる。

会う度にスマホを見せて新しい料理を見せる。

お蕎麦屋さんなどは魚釣りに行った折に

珍しい鳥の鳴き声を聞いたが知らないか。

まさに聞きなしで言うのでさっぱり分からないが

酒の席でのことさして重要なことでもないので

笑っているが面白いのである。

先日は税務署長さんと一緒だった。

なかなか面と向かってお話しする機会はないが

埼玉県に在住だが出身は地元十日町

難しい話はないが長話をしてしまった。

さ~すでに師走に入って雪はない上に

小春日和である。

渡ってきた鴨たちもけげんの様子だ。

IMG_8004



・・・・・
今日の私の短歌です

税務署の お偉い方の お付き合い
お酒の上なら 無礼講なりか
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

雪のない


12月1日(木)曇り

夕暮れの湯尻の淵である。

いずれ真っ白に雪で覆われて

その上に鴨たちが休む風景を

見ることができるだろう。

楽しみである。

IMG_7963



・・・・・
今日の私の短歌です

雪のない 師走を迎え 心配し
あればあったで ない方がと思う
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月03日

ナメコ鍋


11月30日(水)曇り

カメラ写りは悪いが

ナメコ入りの寄せ鍋である。

ナメコを頂いたのだが

太陽にサンサンとさらされて良い色つやだ。

その上身も厚く歯ごたえがあって

これぞ昔ながらのナメコだ。

関田山系のぶな林には天然のナメコが

枯れたブナやナラの木々に生い茂っているが

それを見たなら感動の一語だ。

鍋の主体はノルウェーサーモンである。

このサーモンめっちゃ(?)出しが出るので

鍋が最適だ。

その出しがナメコにじっくりとしみわたり

良い味になった。

健康で暖かくなるように

ナメコ鍋がおすすめである。

IMG_7942


・・・・・
今日の私の短歌です


・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)