2016年07月23日

あおばずくは


7月23日(土)晴れ

昨日の夜夕涼みに外を歩いた。

そうか大暑だったのか。

道理で夜の散歩が爽やかだった。

お月様も満月を過ぎて少し変形しているが

それでもなかなかの味わいである。

街路灯に集まる虫を食べに

アオバズクがやってこないか暫くしていたが

虫が少なすぎてこれではとても無理だ。

先日お出でになった方は

うちの方には街路灯にやってきますよ

との事だったがこちらはいない。

満月をバックに幅の広い翼を広げて

虫を追う姿はきれいなものだが。

もう無理かもしれないな~。

IMG_6316



・・・・・
今日の私の短歌です

満月に 翼広げて 虫を追う
子育てせわし あおばずくかな
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

潮風浴びて


7月22日(金)晴れ

いよいよブッポウソウも巣立ったようである。

そのせいか愛鳥カメラマンもいなくなった。

きっとアカショウビンの雛も巣立ったことだろう。

どちらの雛も子供の頃はグロテスクで

可愛いとは言い難い。

人間の子供ははいはいするようになれば

可愛くて仕方ないが

アカショウビンやブッポウソウの子供は

ちょっと醜い。

そのせいもあるのだろう

カメラマンはだ~れも撮ってくれない。

メジロなどは何匹も枝に止まって

親鳥が餌をくれるのを待っているが

それはそれは可愛いものである。

ま~これから遠い南国までの長旅が待っている

可愛いだけでは乗り切れるものではない。

ヘビやカエルを自分で捕まえて

逞しく育って欲しい。

琉球アカショウビンと間違えられないように。

IMG_6281



・・・・・
今日の私の短歌です

ふかき森 出でて大海 島々の
潮風浴びて 逞しくなり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

山頭火みたいに


7月21日(木)曇り

屋上の貸切露天風呂には日差し除けと

雨除けに網を張ってある。

その時々に出したり引っ込めたりしているが

日中はどうしても日差しが強く

風呂の温度が上昇するので

掛けっぱなしにしてある。

突然の雨でも気になるほどではなく

結構日除けのお陰で助かっている。

色は黒なのだが黒の方が汚れが目立たなく

落ち着いていてまた良い。

白い色もあったのだが色あせたり

汚れが目立つからこれで良かった。

とか、露天風呂にいることは多いが

それも山々を眺めたり鳥の鳴き声を聞いたり

ツバメが欅の葉にいる虫を食べに群がるのを見たり

そんな山頭火みたいな生活である。

IMG_6309


・・・・・
今日の私の短歌です

露天風呂で鳥見て過ごす
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月22日

鳥のひな


7月20日(水)晴れ

いよいよ鳥たちは雛が巣立って

可愛らしい姿があちこちに見えるようになった。

変な鳥が止まっているなーと思って撮ったところ

何かの雛だった。

コゲラのような気もするし

コサメのような気もするが分からない。

いずれにしても可愛いもんだ。

とは言っても鳥たちにはこれからが厳しい

とっても厳しい渡りのシーズンが待っているのだ。

IMG_6251-1



・・・・・
今日の私の短歌です

鳥のひな 待ってる渡り のり越えて
再び会おう 逞しくなり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月19日

山ユリ


7月19日(火)晴れ

今朝はすっきりとしたすがすがしい朝を迎えた。

気温を見るとちょうど20度だった。

川の向こう岸には山ユリが咲いている。

少なくなった山ユリだが最近少しづつ増えてきた。

朝の日差しを浴びてとても気持ちが良さそうだ。

IMG_6233



しかし、世界は女性首長が台頭し始めた。

ドイツのメルケル首相に続いてイギリスのメイ首相。

アメリカでもクリントンが大統領になる可能性があるし

日本でも首都東京で小池百合子都知事の可能性がある。

以前は鉄の女サッチャー首相がいたが

男でも女でも右腕や左腕が必要で

上手く利用していかなくては成り立たないのだろう。

その点安倍晋三首相はうまい。

小池百合子氏は今から都議会を解散して刷新を図ろうとしている。

気持ちは分かるがうまく渡らないと

自分の首を絞めてしまう。

ま~こちとら野次馬は面白いのだが。


・・・・・
今日の私の短歌です

たいとうの その勢いが 早くても
地に足付けし 人の心よみて
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)