2017年06月28日

関田の春


6月28日(水)曇り

今年も夏の芸術祭がやって来る。

兎に角世界に例がほとんどないアートトリエンナーレだ。

イベントも盛りだくさんだ。

地元が盛り上がらないといけない。

当館でも夜のイベントは早めのお食事を済ませ

お酒を召し上がったらイベント会場までお送りするサービスがある。

是非ぜひ使って頂いて大いに楽しんで頂きたい。

IMG-1



NO D のクリスチャン・ボルタンスキーさんは

当館で1週間お泊りになっての作品だ。

3年後のお会いして

「全然変わらないですね」と申し上げたら

「全然変わらないほどまだ太っているっていう事ですね」

とジョークを飛ばされ

奥様はじめ通訳の方も大爆笑。

当たり前だが兎に角ユニークの方だ。

IMG_0002-1



キナーレ、光の館、うぶすなの家、田島正三絵本と木の実の美術館等々

名だたる名館とアーチストのコラボレーション企画。

早めにお申し込み頂きお楽しみ頂きたい。

IMG_0001-1



松之山浦田地区のオーストリアハウス

高原のハウスでオーストラリアのオージーフードを

オージーソングを楽しみながら頂く

何と幸せなことか。

IMG_0003-1



・・・・・
今日の私の短歌です

豪州の 関田の山へ 来たりなば
羊や馬の 平原となりうる
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カフェラテ


6月27日(火)曇り

ホタルが徐々に増えてきた。

夕食後に蛍狩りにご案内しようと思っていたら

旦那様はお酒を頂きすぎて「寝ちゃいました」

と奥様だけのご夫婦も。

蛍川沿線を懐中電灯片手に少し歩き始めた。

お若いご夫婦は大喜び。

ゲンジボタルを捕まえてスマホで撮ってからまた離し

「飛んだとんだ」キャッキャ キャッキャ。

一人の奥様はそんな二人を俳句に詠んでいた。

「良い句が出来ましたか」

「怖くて足が震えてそれどころではありません」

と言いながらまた暗がりへ。

思い思いのホタル観察を楽しまれたようだ。


話は変わるが

私は出かけた先でコーヒーが欲しくなると

セブンイレブンのホットカフェラテを頂いている。

注文する時に「カフェオレレギュラー」と注文する。

カフェラテもカフェオレも同じだと思って言い易い方を使っていた。

しかしカフェオレは普通のコーヒーを使い

カフェラテはエスプレッソを使う。

その上カフェオレはコーヒーとミルクを半々に

カフェラテはコーヒー2割ミルクが8割が普通のようだ。

エスプレッソはコーヒーが濃いのでミルクを多く使っている。

まだほかにもこだわりがあるようで

セブンイレブンのカフェラテは他では味わえない。

それでも当館の朝入れたコーヒー

煮詰まるとミルクを入れて飲むとまた味わい深くなる。

IMG_0004

(エスプレッソで入れたカフェラテが出来上がるまで近くにあるフリーペーパーを見ている)


・・・・・
今日の私の短歌です

コーヒーの 味わい深い 入れ方に
トップを走る コンビニ涼し
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月27日

雨の蛍狩り


6月26日(月)曇り

昨日の蛍狩りは雨模様であったが

試しに雨の時にはどんな風なのか行って見ることにした。

ところがよる8時になったら土砂降りで

こりゃあいくらなんでもだめだろうと

お客様に尋ねたら

「行って見たい」とおっしゃるので

ワイパーを回して現場に向かった。

全くいない、見えない。

ところが最終地点まで来たら

「あ!いた、あそこにも あそこにも いるいる」

雨の夜のホタルだ。

みんな可笑しくなって「いるじゃん いるじゃん」

雨のホタルを楽しんだ。

今朝もコーヒー飲みながら

「昨日は雨の中蛍狩りに連れて行って下さってありがとうございました」

とおっしゃるので

「いいえー こちらこそ雨のホタルは勉強になりました」

と、ここでも大笑い。

本当に本当に楽しい蛍狩りでした。

IMG_1483

(関田山系に霞がかかる)


・・・・・
今日の私の短歌です

どしゃぶりの 夜のほたるに 感動し
あまりのうれしさ 笑い誘って
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月25日

コシジシモツケソウ


6月25日(日)曇り

夕方には雨になった。

日中は車の中ではエアコンをつけて冷房だったが

夕方には一気に涼しさが増した。

裏の川の崖にはコシジシモツケソウが咲き始め

沿道にも淡い色のものや濃い色のものの

コシジシモツケソウが咲き始めた。

行き交う車もこれだけで越後の国を走っているんだと分かる。

IMG_1469

(画像奥のチリチリとした黄色い花はトリアシショウマ)


裏の川の崖にはオオバギボウシもいつものように

一緒に咲いていて

ピンク色と白い花がとてもきれいだ。

オオバギボウシはご存知

春には山菜としてその芽を酢味噌あえにしてお出しした。

これからは花を楽しむ番だ。

IMG_1464



・・・・・
今日の私の短歌です

ぎぼうしや しもつけそうの 美しさ
行き交う人も 静かに走りぬ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

我も上りて


6月24日(土)晴れ

この地にはタカが多いが

中でもサシバは格別に多い。

当館の貸切露天風呂上空には年中見かけるが

車で1キロ走って湯山トンネルの上空に舞っている。

さらに千枚田、古戸の電柱、小屋丸線の杉の上、池之畑入り口

国道に出て353号小谷トンネル下の電柱

こんなに良くも繁殖したものだ。

鷹が多いという事は

それだけ自然が豊かで

多様な動植物が多いという事だ。

鷹の湯と言われるゆえんである。

IMG_1406-1



ノジコも多い。

ノジコは傾斜地にある田畑周辺が好きだ。

それが松代松之山地区に多く

棚田を形成しているが

そこにノジコが生息している。

しかし電線に止まるのは好まない、私は。

IMG_1427



・・・・・
今日の私の短歌です

鷹多き 食物連鎖の 頂点に
我もわれもと 登りつめりて 
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)