2024年07月14日

睡蓮


令和6年7月14日(日)曇り

小雨模様である。

道路も濡れて車の走る音が水を含んでいる。

しかし歩く人たちには傘をさしている人が少ない。

この程度で田畑の水は足りるのだろうか。

毎年まいとし作のことが心配をしている人たち

しかしこの地域には専業農家の人は少ない。

殆どは主流がお務めでどちらかと言えば

趣味の範囲内のようだ。

だからと言ってどうでも言い訳ではなく

毎日水の手入れや虫の防除など

朝に夕に田んぼの稲に声をかけている。

なので畔はきれいだし虫もなく

美味しい米が出来るのであろう。

観光客も棚田を見るにつけ美しいと一言でいうが

毎日の手入れが無くては見るも無残な風景になってしまう。

美人林なども集落の人たちが

親身になって保護保全をしていて

いつも美しい姿に感動するのである。

その上入り口には睡蓮が今花開いた。

どなたかのご厚意だろうが

こんなところにも人たちの温かさが感じられる。

睡蓮の向こうには蓮も植えてあり

いずれ睡蓮と蓮のコラボが美しい時が来て

美人林の観光客は名実ともに感動のお土産となることだろう。

美人林の水連



・・・・・
今日の私の短歌です

今に見て モネの睡蓮 立ち負かし
嵐を呼ぶか 感動の嵐を
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝
aka7-a




ふくずみの動画集

ふくずみの客室

ふくずみの温泉(露天風呂)

ふくずみの周辺の観光(野鳥)

ふくずみの周辺観光(美人林)

ふくずみの周辺観光(植物)

ふくずみ周辺観光(大地の芸術祭)

ふくずみのお料理とお酒

名刹長命寺

雪見とろろしゃぶしゃぶしゃぶ

2024年07月13日

アイシャさん


令和6年7月13日(土)曇り

連日各地で猛暑日が続いている。

山間を車で走ると田んぼに水が少ない。

いつもオシドリが浮かんでいる田んぼにも

水が張ってない。

すでに水を払ったのかそれは分からないが

もしそうだとすると少し早い気がするが。

今日は2024年7月13日(土)

大地の芸術祭開幕の日である。

先日もお伝えしたように当館にも

有名な作家さんがお泊りになって

その名をアイシャさんと親しみを持って呼んでいる。

隣の湯山集落中央から少し下ったところにその作品がある。

是非行ってみたいものだ。

お帰りの時に記念撮影を頼んだら

快く応じてくださった。

IMG_20240713_091053



・・・・・
今日の私の短歌です

アイシャさん 優しい気持ち いつまでも
かみさん同年 同じく優し
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝
aka7-a




ふくずみの動画集

ふくずみの客室

ふくずみの温泉(露天風呂)

ふくずみの周辺の観光(野鳥)

ふくずみの周辺観光(美人林)

ふくずみの周辺観光(植物)

ふくずみ周辺観光(大地の芸術祭)

ふくずみのお料理とお酒

名刹長命寺

雪見とろろしゃぶしゃぶしゃぶ

積乱雲


令和6年7月12日(金)曇り

沿道にコオニユリがたくさん生えているところがあった。

帰り道に撮っておこうと撮ってみた。

実は当館の裏の川筋にも毎年咲いていたが

どういう訳か今年は咲いていない。

ユリ科はその根が球根になっていて

人間には食べると大変美味しい食べ物だ。

だから動物にも美味しいはずに違いない。

たぶんネズミなどの動物に食べられてしまったに違いない。

そんなことを調べていたら球根ではなく

正確には鱗茎と言い葉の変形したもののようだ。

ま!だから今年は沢山の花が見られても

来年は全滅してしまうかもしれない。

IMG_3712-1



天気予報では明日から雨模様のようだ。

道理で夕方西の空に入道雲が立ち昇っていた。

いわゆる積乱雲だ。

あの雲の下はどのへんなのか

関田山系の向こうは長野だが

徐々にこちらに押し寄せてくることになる。

IMG_3720



・・・・・
今日の私の短歌です

積乱雲 見た目も怖く 入道の
優しく降って 田畑に恵みを
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝
aka7-a




ふくずみの動画集

ふくずみの客室

ふくずみの温泉(露天風呂)

ふくずみの周辺の観光(野鳥)

ふくずみの周辺観光(美人林)

ふくずみの周辺観光(植物)

ふくずみ周辺観光(大地の芸術祭)

ふくずみのお料理とお酒

名刹長命寺

雪見とろろしゃぶしゃぶしゃぶ

2024年07月11日

BGMで


令和6年7月11日(木)曇り

小雨模様の中お客様をご案内して美人林に入った。

ご覧のようなまさに緑滴る美しいぶなの森だった。

コウモリ傘をささないと葉にたまった雨が

大粒になって頭や顔に落ちてくる。

残念ながら鳥の声は聞こえなかった。

240711094305613



鳥の声と言えば私の通っている歯医者さんでは

鳥の鳴き声を流している。

待ち時間や治療中でも

「あ!オオルリが鳴いている、

 あ!今度はコマドリだ」と楽しめている。

先生も時々「ブッポウソウはいつでもみれらんかの」

と親しみを持って十日町弁で話しかけてくる。

私は黙って口を開けたままだ。

鳥の声は全国の色々な鳥なので

中にはコマドリのように松之山では確認されない鳥もある。

ま~それでも患者さんにはとてもいいBGMだ。

秋には別の音楽が流れる。

それも楽しみの一つである。

240711094354138



・・・・・
今日の私の短歌です

口を開け 次は何かと 耳澄ませ
響く駒鳥 目にも鮮やか
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝
aka7-a




ふくずみの動画集

ふくずみの客室

ふくずみの温泉(露天風呂)

ふくずみの周辺の観光(野鳥)

ふくずみの周辺観光(美人林)

ふくずみの周辺観光(植物)

ふくずみ周辺観光(大地の芸術祭)

ふくずみのお料理とお酒

名刹長命寺

雪見とろろしゃぶしゃぶしゃぶ

アートトリエンナーレ2024


令和6年7月10日(水)曇り

7月13日から第9回大地の芸術祭が解されるが

当館にも作家さんがお泊りになる。

アイシャ・エルクメンさんという女性だが

パートナーの男性と一緒だ。

湯山にある空き家を利用した作品だが

前回も中越地震の影響で倒壊や被害を受けた時の

その生々しさを作品にした。

アイシャさんは日本全国にすでに作品があり

その名を知っている人も多いことと思う。

芸術祭のスタッフの女性は「超有名な方です」

と言っていたが私は知らなかった。

ま~芸術分野で活躍している方ならの話だろうが

どのくらいの報酬で参加されているのか

知る由もない。

アイシャさんはトルコのイスタンブール生まれで

世界各地で活躍されているようだ。

今回は湯山の空き家を利用した作品で

家屋を金網で囲ったもののようだ。

13日の公開に先立って12日に完成お披露目があるようだ。

過去にはご覧のような作品もあったのだが

豪雪により倒壊してしまった。

95053c34-s

(第1回2000年の作品)


・・・・・
今日の私の短歌です

芸術の 秋まで続く トリエンは
気軽に見よう 景色とともに
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝
aka7-a




ふくずみの動画集

ふくずみの客室

ふくずみの温泉(露天風呂)

ふくずみの周辺の観光(野鳥)

ふくずみの周辺観光(美人林)

ふくずみの周辺観光(植物)

ふくずみ周辺観光(大地の芸術祭)

ふくずみのお料理とお酒

名刹長命寺

雪見とろろしゃぶしゃぶしゃぶ