2016年06月27日

ふかみどり


6月26日(日)曇り

山々でアジサイが咲きだしている。

山アジサイ本名エゾアジサイ。

つるになっているものはツルアジサイ。

同じような花を付けるのがイワガラミ。

花は付けていないが

同じように木に絡まっているのがツタウルシ。

ツタウルシはウルシよりも一層かぶれやすいから

ツルアジサイを取ったりするときには要注意だ。

私など子供の頃からウルシにかぶれやすく

見ただけでもかぶれてしまうほどだ。

だからツルアジサイは出来るだけ見ないようにしている。

しかしこの頃が一番アカショウビンの声がする頃。

深緑の中霧が流れ

どこからともなくアカショウビンの

「キョロロ… キョロロ・・・」と聞こえるのは

何とも風情を醸し出す。

IMG_5558



・・・・・
今日の私の短歌です

ふかみどり きりのながれに 花さきて
とりのなきごえ しんりんに映え
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

町中で


6月25日(土)曇り

十日町市街を歩いた。

本町通りにイベント会場らしい所がある。

入口に一生懸命に生け花を飾っている方がいる。

コンクールなのか入口を飾るだけなのか

分からないがいくつかあって完成ではない。

近くから見たり遠くから眺めたりと丁寧だ。

バックもきっと何かを施すのだろう

そうすればきっと素晴らしい出来栄えになる。

IMG_5597



隣からお菓子のいい香りがしてくる

ガトータカダヤさんからだ。

タカダヤさんは中でコーヒーを飲むことができる。

お菓子を買ってそこで頂くことができるのだ。

私はプリンを買った。

「ふくずみです」

「あらー どなたかと思いました。失礼しました」

「この間はどうもお世話になりました」

「いいえこちらこそ」

奥様とは同級生だ。

「今そこにお客様をお迎えに来ました」

「バスの運転も出来るんですか」

「大した事じゃありません、また寄せて下さい」

感じのいい方だ。

IMG_5596



・・・・・
今日の私の短歌です

町中の 花やお菓子の 香りなど
道行く人の 心あらわる
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月26日

ただモズの


6月24日(金)曇り

大厳寺高原牧場で高原野菜を作っている人がいる。

牛の放牧は縮小されて

その空き地を利用しての事だが

いかにも高原で野菜もずいぶん美味しかろう。

その野菜は松之山で無人販売されている。

トウモロコシなどは

冷蔵庫に入れて販売するという気の使いようだ。

年々耕作地も広がり野菜の種類も増えてきた。

耕作機械も充実している。

そんな耕作機械にモズが止まったいた。

タダモズである。

モズの中でも普通のモズを

口の悪いバードウオッチャーはただモズというのである。

チゴモズなどはちゃんと呼んでくれるが

そんな鳥はほとんどいないからだ。

ヒヨドリなどはなんだヒヨかとか

ムクドリなどもなんだムクかと

まともに見てもくれない。

最後も最後まできちんと確認することが

迷鳥探しの極意なのだが。

IMG_5570



・・・・・
今日の私の短歌です

鳥の声 聞きて育つか 高原の
霧に覆われ 雫たれつつ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

林の雨音


6月23日(木)雨

激しい雨になった。

こんな時には鳥たちはどうしているのかと

山に出かけてみた(もともと山に住んではいるのだが)。

日中でも暗くなるなるくらいの雨である。

その上霧が立ち込めている。

鳥どころではない。

しかし雨は断続的である。

雨上がりは人間でも鳥でも気持ちのいいものだ。

谷間にオオルリが鳴き

アカショウビンの声がこだましているかも知れないと

淡い期待は裏切られ

もしかしたらクマタカもとの思いも破られた。

林道は霧に覆われて静のまま時は過ぎて行った。

IMG_5552



・・・・・
今日の私の短歌です

静かなる ぶなの林に 雨音が
鳥のかわりと きそく正しく
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月22日

こおほね


6月22日(水)曇り

いつも訪れている沼地にコオホネが咲きだした。

この沼にはドジョウも生息しているし

赤い腹のイモリも生息している。

他に周りにはモリアオガエルの

卵塊がぶら下がっているし

池の淵にはシュリューゲルの卵塊もある。

ヤモリという家を守るトカゲの仲間は水辺にはいない(そうだ)。

イモリは両生類ヤモリは爬虫類

ハハハーそうだったのか。

ドジョウだって種類があるのだろうが

見た感じすべてドジョウとしてしまい

失礼仕っている。

IMG_5522



・・・・・
今日の私の短歌です

こおほねの みごとなまでの いでたちに
やまとのひとか 見まごうばかり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)