2016年05月29日

入浴手形


5月29日(日)晴れ

真っ赤な鳥アカショウビンを求めてやってくる方がいる。

昔は農家のかやぶき屋根に

巣をかけていたのだが

今はかやぶき屋根も無くなったし

個体数も少なくなった。

沖縄や北海道にもいるようだが

人目を恐れず目の前をふわふわと飛んでいるという。

やはり本土の鳥は違う。

鳴き方飛び方から勢いが違う。

ブナ林を真っ赤な鳥が飛びながら

「キョロロ、キョロロ」鳴いている様は絶景だ。

羽ばたいては楕円形になって一気に飛んで行く。

今日は松之山探鳥会が開催された。

60回目である。

全国各地から参加者が集まり100名ほどになった。

3班に分かれて行われた成果は

アカショウビン、ブッポウソウなど45種類。

さすが松之山である。

森の学校キョロロが中心になって

ますます盛会な松之山のバードウォッチングだ。

そんな野鳥たち

我が家の貸切露天風呂からも

もしかしたら見聞きすることができる。

オオルリなどはいつものように

「イイユデチュカー ギチギチギチ・・」

と鳴いている。

IMG_4907



・・・・・
今日の私の短歌です

このいで湯 わたしも入ると 野鳥なき
奏でるメロデー 入浴手形
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

自然の摂理


5月28日(土)晴れ

森の中の池や水たまりに覆いかぶさる木々に

泡のようなものがぶら下がっている。

モリアオガエルの卵である。

まだまだ数は増えていくだろう。

無数の卵から孵ったオタマジャクシは

ぽたぽたと池に落ちてそこで過ごすが

中には卵のうちに天敵に遭うものもあり

せっかく池に落ちても鳥などの餌になる可能性もある。

こういう鬱蒼とした森にはサンコウチョウや

アカショウビンなども生息しているが

アカショウビンなどの雑食性の鳥にも

格好の餌になるのだろう。

その頃ひなの育雛の時期になる。

IMG_4891



・・・・・
今日の私の短歌です

子育ての 時期をみはからい 卵産む
自然の摂理 哀れなりけり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月27日

笑顔の森づくり


5月27日(金)晴れ

鳥類の中でも1,2位を争うほど大きいアオサギである。

千枚田を下っていたらふわりと降り立ったので

そこに向かってみたら

アオサギだらけだった。

ちょっとオーバーだが4,5羽はいるだろう。

サギのコロニーには思えないが

1っか所の田んぼに舞っては降り

降りては舞っていた。

今年はノジコを見かけることは少ないが

この辺でも以前よくいたものだ。

ノスリやサシバなどのタカ類も見かける。

松之山という所はどこにいてもよく鳥を見かけるし

どこでなければならないという事ではない。

お客様が「棚田はどこにありますか」と尋ねたら

「田んぼは全部棚田です」と答えた方もいらっしゃった。

「どこに行けば鳥を見られますか」と尋ねたら

「鳥に聞いて下さい」と答えた方もいらっしゃった。

しかしそれでは観光の町づくりは出来ない。

棚田の名所としてパンフレットにも載せてあるし

野鳥と天然温泉の里松之山として売っているのである。

いそうな場所を教えて上げても良いではないか。

確かにマナーの悪い人もいるが

それを守っていけるよう努力をして欲しいものである。

IMG_4888



・・・・・
今日の私の短歌です

町づくり 客とのふれあい もっとうに
自然とふれあい えがおの森を
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

河鹿かえる


5月26日(木)晴れ

建て替えする前の当館に

河鹿の間というお部屋があった。

まさにカジカガエルの鳴き声のするお部屋で

川に突き出ていたので風流だった。

今どきはそんなお部屋は出来ないが

しばらくぶりに河鹿の鳴き声を聞いた。

いろんな理由で今の川はセメント川になってしまったので

生きものは棲むことは出来ない。

昔は魚は棲んでいなかったが冬にはオシドリがやってきた。

カジカガエルはよく鳴いていたものだった。

河鹿の鳴き声は軽やかな音色だ。

フロントの前のテーブルの上にカエルの彫り物があり

木魚のように叩く人がいるので

これはこうして擦るのですよと教えてあげると

コロコロコロコロと

カジカガエルの鳴き声のような音を出す。

松川という蛍の多い川にもカジカガエルは多い。

昼にノジコが鳴き

夕暮れにカジカガエルが鳴き

そして蛍が発生するのである。

IMG_4845


・・・・・
今日の私の短歌です

鳥のこえ かじかがえるの 鳴きごえに
負けてなるまい ほたるの舞いよ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月26日

高僧のお墓探し


5月25日(水)晴れ

陽広寺の山号を「繁茂山」と言う。

陽広寺は松代長命寺さんの末寺で

長命寺さんのご住職に聞いてみて分かった。

IMG_4832



実はこの石塔は大訥愚禅和尚のお墓ではなく

愚禅和尚自身が建立寄進されたもののようだ。

正面には菩薩のようなものが書かれている。

IMG_4830



裏に回ってみると

「茂山現住愚童老衲」(もざんげんじゅうぐどうろうえ)とある。

つまり、茂山のお寺で現在住職をしている

愚かなで童のような、年老いた(僧は若くても年老いたという)僧です

という意味で、あくまでも自分自身をへりくだって

自分自身が寄進したもの、との事だった。

さて、まだ愚禅和尚のお墓は見つかっていない。

松代にあるようにも聞いたのだが

今度尋ねてみよう。

IMG_4829



・・・・・
今日の私の短歌です

高僧の お墓探しは 楽しけり
ここかあそこか 鳥の声聞き
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)