2010年12月

2010年12月31日

可愛いお子さん



いつもと変わらないように1年の終わりを迎えた。


しかしながら大変微笑ましい出会いに恵まれた。


それは昨日の団体さんの中に赤ちゃんがいて


とても可愛い女の子だ。


毎年お出でになっているので昨年はお腹の中だったが


今年は晴れて出産して今回同行している。


お名前も聞いたときに驚いた雪国そのものだったので。


だがとても可愛い名前でぴったりの名だ。


珊瑚のようなピンクの小さな毛布に包まって


優しいご両親ととても幸せそうな家庭であった。


来年はきっとスキップしながらお出でになることだろう。


今から1年が楽しみである。


早朝の川原では警戒心の強いカワアイサが


早くも飛び立った。


助走の後がある


そんなに慌てないで行って欲しい。


 IMG_1345



夕方には辺りが暗くなり雷だ


雪が舞う中アオサギがじっとしていたが


私の顔を見て首を伸ばした。


私も来年さらに首を伸ばして


身の丈知らずの生き方をしているのかも知れない。


卯とはボウとも読み


草木が茂る状況を表しているようだ。


来年も私はあちこちの


遊歩道を歩いていることだろう。


ボウっとして。


 IMG_1359


松之山温泉 ふくずみ 拝

過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519



santousui at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月30日

あとわずか



例年ご利用いただいている団体様のために


今朝お餅つきサービスを行った。


サービスと言っても餅をつくのはお客様で


これがサービスかと言われると疑わしい。


それでもやんやの喝采のうちに


大変に美味しいお餅がつきあがった。


おしるこ、お雑煮、きな粉、大根おろしと


いっぱいお替わりをして頂いた。


IMG_1292-1



 

さー今年も後わずかである。


年の瀬もさることながら


柿の実もわずかなのである。


IMG_1304-1


 


その僅かな実を競い合って食べている野鳥達


シロハラとヒヨドリが仲良く食べているところへ


カラスがやってきた。

 

IMG_1312-1




パッと飛び立つシロハラとヒヨドリ


とてもこれではメジロなどは


仲間に入れてもらえそうにない。


IMG_1323-1

 


川面ではカモ達が泳いでいる


ここではカラスとの競合はない。


のんびりと浮かんでいるのが


印象的である。


IMG_1333-1

 


松之山温泉 ふくずみ 拝

過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519



santousui at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月29日

スクリーン




いよいよ本格的な雪か


午後からは暗くなって大粒の雪が舞ってきた。


当館のポーチは風通しがいいので


吹雪の時には風とともに雪が通り抜ける。


自動ドアーが雪のために開いたままになることもあるので


スクリーンを張って風と雪の防壁とした。


眺めが悪くなるかと思ったが


かえってスクリーンがまさにスクリーンになって


雪景色を映し出している。


お陰で雪も遠慮なく降り出した。


IMG_1277


 

松之山温泉 ふくずみ 拝

過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519



santousui at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月28日

しめ飾り



しめ飾りを飾った。


今年は例年と違いいつも


ごひいきにして頂いている会社のしめ飾りである。


こちらの会社のしめ飾りは


地元産の稲わらを使用している。


たかがしめ縄なれど全国に出荷して


年に数回しめ縄の全国集会の折に


社長は講和をおこなっていると聞いた。


ホームセンターには今


山ほどしめ飾りが置かれているが


よく見るとその出来栄えは歴然としている。


一年の計は元旦にあり


来年こそ気を引き締めて


困難を乗り切って行きたいものである。


立派なしめ飾りを飾ったら気持ちも


新たになった。

 

simekazari



松之山温泉 ふくずみ 拝

過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519



santousui at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月27日

鴨場の風景


 

夕暮れ時の十日町土堰堤


鴨場の風景である。


白鳥の渡来もなく


特に変わった鴨もいる様子もない。


時折「グェグェ」と大きな声を上げる。


私の知る限りでは


カルガモ、マガモ、コガモ、オナガガモ、


キンクロハジロ位のものである。


ヒドリガモやオシドリも


いていいが見当たらなかった。

 

IMG_1226


水鳥はあまり知らないので


はっきり申し上げられないが


どこかで変わった声が時折していた。


シギチドリの仲間が居るのではなかろうか。


遠く雪の積もった越後三山が西日に照らされて


赤く染まっている。


特に変わった様子もない


いつもの鴨場の風景である。

 

IMG_1240


松之山温泉 ふくずみ 拝

過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519



santousui at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)