2011年02月

2011年02月27日

大島紬



2月27日(日)晴れ

織物呉服の招待客様をお送りして展示会場を見せて頂いた。

次々に訪れる和服姿のご婦人は歓談の会場へ案内された。

社長も奥様も今日は一段と凛々しく華やかである。

正面玄関のふくろうの絵「創作草木友禅」

立派なものである。

IMG_3095


日本三景の一つ「天の橋立」を

大島紬に表現してある。

シンプルだが重厚感あふれる作品だ。

じっと見ていたらベテランスタッフが

「・・・・万位します」思わず退いてしまった。

IMG_3103



確かに大島紬は

気の遠くなるような作業から成り立っている。

当然と言えば当然である。

大島紬に生涯をささげた方が藤都喜エ門(トキエモン)。

今年は生誕100年の年でその意味でも

大島紬を今一度丹念に見て見たいものである。

IMG_3106


松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 15:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

コーラスへ




2月26日(土)晴れ

十日町織物の呉服屋さんのご招待で

大勢のお客様がお出でになった。

そこで趣を変えて古民家で

ほろ酔いオカリナコンサートを行った。

いつもの当館のフロアーと違い

囲炉裏の炎が赤々と揺らぎ

味噌玉やわらじがつるされる中

オカリナの
柔らかなメロディーが流れてきた。

甘酒がふるまわれほろ酔いの気分が

最高潮に達した時

自然と歌声からコーラスに変わっていった。

IMG_3091-50


松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月25日

かまくら



2月25日(金)雨

昨日かまくらを作った。

利用するのは今日からで

あいにくの雨も夜には雪に変わった。

ボタン雪が降る中

かがり火がパチパチと音をたて

ゆらゆらと揺れる炎が

幻想的な夜を演出した。

オカリナ演奏会も今日あったが

さすがにボタン雪ではかなわない。

館内で演奏して余韻をかまくらで頂いた。

IMG_3070



松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

早朝の美人林


2月24日(木)晴れ

暖かな日が予想され

美人林に朝霧がかかるのではとの期待から

早朝から向かってみた。

半月がくっきりと見える暗さだった。

下弦の前の月である。

写しだされたのは不思議に上弦であったが

上の星に輝く方が下弦の月である。

IMG_3013


漸く太陽が見えてきたのは7時であった。

しかしさっぱりと朝霧は現れず

その雰囲気はなかったが

アオゲラやオオアカゲラのドラミングや

鳴き声が聞こえて来て

真冬の装いの美人林とは少し違ってきた。

まだまだ長い冬の時期であるが

はたしてこのまま春を迎えるのであろうか。

IMG_3052


松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月23日

陽が長くなった



2月23日(水)晴れ

よくもこんなに晴れの良い天気が続くものだ。

まだまだ冬が終わった訳ではない

今後大雪は降る事はないだろうが

まだ1m位の雪は覚悟が必要である。

お天道様は気まぐれだから。

(画像は夕方5時10分前)

IMG_2990



気温が低く川の増水がないのも不思議である。

明日あさっては気温の上昇が予想されている

川の増水や雪崩なども注意が必要だ。

(画像はちょうど5時)

IMG_2998



気温が上がると雪解けの霧がかかる

明日はチョイと出掛けてみよう。

(画像は5時10分)

IMG_3001



松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)