2011年08月

2011年08月31日

イガグリ


8月31日(水)

残暑が厳しい。

台風12号が

日本の真ん中を横断しようとしている

その直前のお天気だ。

明日が二百十日だがなぜか

ちょうどその頃に台風がやってくる。

せっかく実った稲だから

なんとか無事に通過してもらいたいものだ。

青空の下稲穂ならぬイガグリが大きくなった。

親戚からは桃を沢山もらった。

種類も様々で

固くても美味しい桃や

とろけるような甘みのある桃

ふっくらと大きな桃と様々だ。

これから冬にかけて

この地方ならではの味覚が出回る。

楽しみである。

IMG_0503



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

秋篠の み寺をいでて 返りみる
生駒が岳に 日は落ちむとす

「秋篠寺を出て西方をふり返ると、まさに万葉集恋の歌生駒山が浮かんでいる。
いま日が沈もうとしているよ。
生駒山の強調として「返りみる」の動作を入れて突如出現させる。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

ながいなつ いつおわるのか ひとしれず
あきのみかくは あまくとろける
・・・・・・・


松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月30日

じゅくすいかめらまん


8月30日(火)晴れ

IMG_0440



前日の予報では今日は一日晴天のようだし

朝の気温も低くなっていた。

そこで久しぶりに星峠の棚田に行ってみた。

IMG_0477



出掛けから霧がかかっていて

道中はライトを付けていてもとても走り難かった。

到着しても暗がりの中霧がかかり

あたりがさっぱり見えない。

IMG_0479



誰もいないのは他人様は見当が良いんだと思った。

車の中で寝て過ごそうかとも思った。

事実車が1台留っていて誰も出てこない。


IMG_0482



しかし霧は沈みはじめ東の空が赤みを帯びてきた。

もくもくとした雲海の向こうに越後三山が顔を出し

そこにいつの間にか真っ赤な丸い太陽が

神々しく昇ると

眼下の雲海が赤く染まって行くのだった。

IMG_0489



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

竹叢(たかむら)に さしいる影も うらさびし
ほとけいまさぬ 秋篠のさと

「竹林にさし込む日の光も何となくさびしく感じられる。
み仏がいらっしゃらないこの秋篠の里よ。
当時秋篠寺は仏像の多くを奈良博物館に寄託していた。

・・・・・・・

私の今日の短歌です

じゅくすいの ゆめのなかかな かめらまん
あさひはのぼる うんかいのうえ
・・・・・・・


松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

あさのひかり


8月29日(月)晴れ

先日ブッポウソウの採餌が行われていた場所に

再び出掛けたが今日はいなかった。

IMG_0426



しかし東の空から柔らかな日差しが舞いこみ

あたかも会津八一の歌にある

「みほとけの あごとひじとに あまでらの

あさのひかりの ともしきろかも」が

彷彿されてきた。

IMG_0419



この辺は生け花に使う花があるところで

ここに行けばたいがい間に合う。

お客様が生け花を見て

その花の環境が彷彿とされると

その活け方は本物だが

まず私には無理だ。


IMG_0431




新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

いかでわれ ひとたび行きて 現(うつ)し身の
君とあひ見む 秋の日影に

「なんとか一度お訪ねして、実際にあなたとお会いしたいものです。
秋の日差しの中で。「君」は歌集「暁紅」の著者斎藤茂吉。
初対面は1945年4月空襲下で実現する。


・・・・・・・
私の今日の短歌です

ぼんじんの こころにそまる こもれびは
とおいとしつき きよくそまるる 
・・・・・・・



松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月28日

あまつばめ


8月28日(日)晴れ

お客様をご案内して大松山に行った。

日差しの強い一日で景色は良いとは期待していなかったが

大きな虹でもかかっていれば儲けものと思った。

それにお客様が棚田を見たいとおっしゃるので

とりあえず星峠の地図をお渡ししたのだが

めったに行くことが出来ないからと私が強くご案内した次第だ。

IMG_0368-2



虹は出ていなかったが珍しい鳥が飛んでいた。

ハリオアマツバメだ。

ハリオアマツバメはアマツバメより一回り大きく

ご覧のように鎌のような翼をしている。

ハイオのハリが示すように尾っポが針があるように見える。

アマツバメは腰は白いがハリオは下部が白い。

IMG_0402-1



画像を見るように背中が薄白く見える。

腰も白くない。

これもハリオアマツバメの特徴のようだ。

IMG_0368-1



青空の下悠々とそして勇壮に

目の前をビユーッと音をたてて飛ぶハリオアマツバメ

憧れの鳥である。

秋には鷹柱と同じように円を描いて天高く舞い上がり

スーッと南に一直線に向かって行く。

同行して頂いたお客様説明にもチンプンカンプンで

結局星峠にお出掛けになられた。

すみませんでした。

IMG_0401-2



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

あしびきの 山の山精(すだま)と こもりゐて
詠みけむ歌か さ夜(よ)の降(くだ)ちを

「箱根の山の精霊となって山中に籠もり続け、
しんしんと夜の更けわたるころに詠んだ歌なのであろうか。
斎藤茂吉の歌集「暁紅」を読み、人知を超えた作品であると称賛する。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

あまつばめ いずれあえると まいさんし
あえたころには しばしのわかれ

・・・・・・・


松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519


santousui at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月27日

晩夏だが


8月27日(土)曇り

星峠の棚田も秋の様相を呈してきた。

稲穂の頭は垂れはじめ野鳥の声も聞けなくなっている。

それと同時に棚田管理人さんのお達しも厳しくなって

立ち入り禁止の立て札が目立つ。

それほどマナーの悪い人が多いのだろう。

IMG_0330



こちらは浦田平野。

渋海川を中心に両脇を田んぼが占めている。

関田山系から流れ出岩清水

その水がうまさを際立たせているのだ。

当館でプレゼントされているお米がここの生産だ。

IMG_0336



曇り空のなか太陽はぐんぐんと昇り

いつしかお昼の時間となってしまった。

IMG_0338




新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

天地(あめつち)の いかなる力 率(あとも)ひて
このひと巻(まき)の 我にせまれる

「森羅万象のどのような力を結集して、
この歌集1巻はこれほど私の胸に迫るのか。
歌人斎藤茂吉から歌集「暁紅」を贈られ、
その答礼として短歌5首を寄せた。1944年詠。


・・・・・・・
私の今日の短歌です

にひゃくにち たってぞしるよ さいがいの
しずかにとおれ いのるたなだよ
・・・・・・・
松之山温泉 ふくずみ 拝
過去ログはこちらhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/hcwmk519

santousui at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)