2012年01月

2012年01月31日

青空


1月31日(火)雪 積雪375㎝

後わずかだ。

積雪4mまで後25㎝。

明日の朝までに到達する(?)事だろう。

IMG_3271

(高い壁の向こうから雪煙りが上がった、ロータリー除雪車からだ)


十日町市では豪雪対策本部が設置された。

今後の雪害に備えて万全の態勢を組み終えた。

IMG_3278

(急斜面では色々な表情の山の顔が見える)


すでに幹線道路の雪庇落としは終え

道路は舗装を見えている。

日夜の除雪作業は訪れる人達に

安心感を抱かせる。

IMG_3275

(走っているのは雪上車、除雪できない集落間を圧雪するために向かう)


心細いのはJR在来線である。

ここ2・3日の運行状況は注視しなければならない。


ところでふり返ってみたら毎日同じような画像だった。

毎日毎日暗い画像で申し訳なかったが

実は今日みたいに青空の広がる日中さえあった。

たまたまその時に写真を撮れなかった。

今日は上手く撮れた。

車の中は暖房と日差しでとても暖かい。

太陽とは本当に有難い事である。

こんな日差しは積雪を押し下げる。

はたして明日4mに達するか疑問になる。

IMG_3284

(青と白のコントラストがとてもきれいだが、写真に撮るのは難しいい)


新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

酒やめてはや幾年(いくとせ)の霰(あられ)かな

「酒を止めて幾年になるのかな。この冬もまた酒なしとなるか。
霰がパラパラ降っているのに。1917年の作。
13年に「酒を絶つ」の詞書(ことばがき)で「酒臭き古綿入れも名残かな」がある。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

ふりつづく ゆきなおもふり ひとひはれ
あたたかきそら ひときわあおく
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月30日

雪の豊さ


1月30日(月)雪

337㎝。

今朝の支所の積雪計である。

午前10時30分にまつだい駅にお客様をお送りしていた

その時の雪の降りかたは雨に例えると

バケツをひっくり返したような降り方であった。

乗っているお客様はそのまさに雪を見たくて

前日に予約をなさった方だったが

以外にも静かに車に乗っているのだった。

表情は分からなかったがもしかしたら

唖然としていたのかも知れない。

IMG_3262



そんな雪も帰り道には降り止んで

明るさが見えてきた。

ニュースなどを見ると2、30㎝の雪を除雪しているが

近所の人も私も少ない雪のうちから除雪をしている。

降り方は1時間に10㎝なので

1時間おきに除雪をしている。

特に寝る前にやっておく。

11時頃やっておくと6時間後の5時には5、60㎝になっていて

身体がなまることはない。

積雪と言うのはそこに堆積している雪の事で

今日積雪が50㎝で明日が30㎝だとしても

積雪が80㎝とは限らない。

50㎝+30㎝=80㎝は降雪量である。

視界不良になるほどの雪が降った午前中だが

夜には上弦の月がきれいに見え

近くにはなんだか知らないが

1等星も見えた。

IMG_3267




新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

今日もまた 幾人(いくたり)たちて 嘆きけむ
阿修羅(あじゅら)が眉の 浅き日かげに

「若々しい阿修羅像のわずかにひそめた眉に漂う憂い、今日もまた幾たりの人が像の前にたたずんで、
ため息をついたことであろうか。阿修羅像の愁眉に心を打たれている作者。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

じょうげんの つきのゆたかさ しるにつけ
またひとつきと はやおくるひび

・・・・・・・

松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月29日

ふりつづく


1月29日(日)雪

昨夜お泊りになられたご家族

坊ちゃんに「露天風呂に入ってくれましたか」

と尋ねたら「うん」と言ってママが指折り数えて

「4回入りました」との事。

よほど楽しかったらしい。

IMG_3251



朝も除雪作業を見ていてパパと一緒に

車に積もった雪を写真を撮っていた。

今日は松之山温泉スキー場でソリ滑りとの事。

ソリ専用のゲレンデがあり安心して滑れる。

雪と遊び戯れる

カップルもそうだった。

送迎車出発ぎりぎりまで雪の中の散歩を

心行くまで楽しまれていた。

IMG_3255


新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

ゆくりなき ものの思ひに 掲げたる
腕さへ空に 忘れたつらし

「興福寺の阿修羅像は、ふもとの思いにふけったまま我を忘れ、
掲げた腕さえ宙に忘れて立っているようだ。
天を指したような2本の腕は、もと日月を捧げていたという。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

ふりつづき ふりつづくゆき なおつづき
しんしんとなお ふりつづくゆき
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝



santousui at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

つかれも


1月28日(土)雪

2泊された方が飯山線で帰ろうと思って

すでに切符を購入しており

確認の為に津南駅に電話したところ

夕方まで運休との事。

そんな飯山線に乗りたいと思っていたようだが

さすがの飯山線も除雪が間に合わなくて

通勤通学の帰りの時間までには何としても

除雪を終えなくてはならない。

メルマガ(今運休)に載せようと

春先に津南駅から長野駅まで乗った事があるが

6時頃発の津南駅からは1人2人と乗客があり

戸狩野沢温泉駅辺りからはほぼ満員になった。

当然お昼頃の帰りは乗客がなく

ゆったりと千曲川を眺めながら帰って来た。

そんな飯山線

帰りの乗客は何としても迷惑のかからないよう

除雪も急ピッチであるのは当然である。

除雪車も一見楽そうだが

とても疲れて一日が終えても飲む力もないそうで

ぐったりとしてまた深夜に起こされる。

きっと線路の除雪も同じだろう。

僕も毎日毎日除雪作業を行っているが

知れたものだ。

IMG_3243



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

本日誤って買ひおきの山鳩(やまばと)を放つ
山鳩曰くサンキウ 主人酸泣(さんきふ)す

「鳩の図入りの友人宛ての葉書(はがき)。サンキュウの語呂合(ごろ)わせをして健在ぶりを示す。
「サンキウ」は山鳩(さんきゅう)との掛け。
「酸泣」は悲しんで泣くこと。山鳩は当時飼っていたイカルガか。」
(補足、イカルガと言う鳥はいません。イカルの事でしょう)

・・・・・・・
私の今日の短歌です

じょせつしゃの しょみんのせいかつ だいいちに
かぞくぎせいに しんやのしゅつどう
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月27日

道路


1月27日(金)雪

ドカ雪とは一日中

太陽を見ることがないほど雪が降り続く事を言う。

それが1週間10日と続くと言葉にも表せない

むっつりである。

今松之山で降り続いている雪は

一日に何度も太陽があるいは明るさが見える。

IMG_3239

(松之山唯一の信号付近、国道253、353号線は除雪の1級路線だ)


日本の他の地域ではとても大変な事になっているようだが

まだたかが積雪3mである。

それもふんわりとした雪だ。

純白の雪が降り積もる様は

まさに暖かさの象徴でもある。

いにしえより暖かさの原点はそこにある。

しかしJR在来線は運休が続き

要注意だ。

IMG_3236

(こちらは集落間の家)


越後湯沢駅から上越線六日町までの間が

とても雪の多い区間でスキー場も多い。

その区間が雪の為に運休になる。

くれぐれもJR上越線の運行状況をご確認頂きたい。

いずれにしてもただ今豪雪の峠を越えている状況だ。

今が見頃体感のし頃ではある。

IMG_3234

(集落間の道路は狭くても1年中通行可能だ)


新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

犬ころは うつつなきこそ 尊けれ
ほとけ心は かにもかくにも

「犬の子は無心だからこそ尊いのだ。仏性があるか無いかは兎も角として。小犬の絵に書き添えた自画題歌。応挙の犬図に「狗子(くし)にまた仏性あるや否や・・・」とつけた良寛にならう。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

はるをまえ つづくしろさは いにしえの
おしえいだきつ またふりつづく
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝

santousui at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)