2012年02月

2012年02月29日

せいざさつえい


2月29日(水)曇り 353㎝

昨夕方、十日町市街の夜景を撮ろうと出掛けた。

イメージしたのは信濃川に霧が掛かり

その向こうの市街地の灯りが霧の向こうに

キラキラと見えるイメージだった。

事前にカメラの調子をみての事だったが

シャッターを切ったらやっぱり接続不良だった。

仕方なくバカチョンで撮った。

実はまだイメージはあり市街地のさらに向こうの

越後三山に三日月が掛かり

夜空には満天の星だ。

どうせ撮れっこないがチャンスがあればトライしたい。

ある病院ではそんな写真が飾ってあった。

いよいよ2月如月も終わり3月弥生である。

私の誕生日ももうすぐだ

まだまだ若い新たな夢を持って行こう。

2012_0228露天風呂0002



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

梅にきてはるかに海をみる日かな

「今日は大森へ梅を見に来て、思いがけず、春めいたゆったりとした海を眺めることが出来たよ。
蕪村の「春の海ひねもすのたりのたりかな」を作者は思い浮かべたことであろう。」

・・・・・・・
私の今日の短歌です

うるどしに うまれたひとよ うるわしき
としのとらない ひともようなり
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月28日

しろきたか


2月28日(火)晴れ 374㎝

朝から青空の広がる良い天気で

その青空をバックに白い鷹「ノスリ」が舞っていた。

ゆったりと円を描きながら舞う姿に眺め入ったが

たまたまお客様をお送りしていたので

横目でチラリチラリと見るだけだった。

帰ってから望遠レンズを携えて見たが

すでにその姿は見えなかった。

ノスリは遠くに止まっていてもすぐに

それと分かる白く楕円形の形をしている。

残念ながらカメラに収めることが出来なかったが

その場所には今排雪場となっていて

夏場には傾斜地の荒れ地である。

その杉の木の天辺にノスリが止まると

目線でその姿を良く見る事が出来る。

さ~後1週間で啓蟄である。

これからはまさに日1日と春めいて来る。

IMG_3515


新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

赤い鳥居に額を掛けたいから、
一つ揮毫(きごう)を頼むと先生からいはれた。

「師匠坪内逍遥は、鳥居の額は形式に囚(とら)われず容易に読めず、意味があるようでないものにと言う。
八一はエナメルブラシで篆書(てんしょ)により「若虚(いまさざるがごとし)」(史記)と書く。
「雙柿舎(そうししゃ)追憶四則」。」

・・・・・・・
私の今日の短歌です

あおぞらに ましろきたかよ うつくしく
せきたのやまに かぶさるまいよ
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

菜の花からのお客様


2月27日(月)雪 366㎝

千葉県からのご家族は

24hステイプランでお出でになった。

子供さん2人は貸切露天に入り大はしゃぎ。

ちょうど雪が降っていて

珍しさもあって何度も何度も入って頂いた。

千葉ではそろそろ菜の花も咲く頃だろうか

環境の大きな違いに感動はつきものだ。

大切にしたい環境である。

2012_0227露天風呂0004



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

落葉かきて楽焼窯(らくやきかま)に芋焼かむ

「熱海雙柿舎(そうししゃ)の冬に庭は落葉に埋もれている。
この落葉をかき集めて、楽焼窯で楽焼ならぬ芋を焼いてみようか。
逍遥の画に八一がこの句を添えた、師弟合作の扇面が残っている。」

・・・・・・・
私の今日の短歌です

なのはなに れっしゃとおるか ぼうそうに
わがちでんしゃ ゆきをけちらし
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月27日

きねにたくす


2月26日(日)雪

昨日お泊りになったお客様に

今朝はお餅搗きを披露した。

毎年お出でになられるので

どちらの方も慣れたもので

次々に搗き手をかってでる。

餅搗きの道具は私の母親の実家から頂いた物で

ずいぶんと年気が入っていて修理もした。

母の実家は美人林の向こうの山を一つ越えた所にあり

今は数件しかない。

南向きの良い場所で眼下には越道川が流れている。

しかし周りにブナ林が無くそう言う意味では殺風景である。

それでも大昔は大木があったのか

臼はずいぶんと大きい。

3升5合のもち米は大勢の方のお陰で

美味しいお餅となった。

2012_0226露天風呂0007



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

坪内逍遥別荘雙柿舎(そうししゃ)が落成し中門の
額について私に命令が下った

「はじめ門額「雙柿舎」は、良寛書からの集字ということだったが、集めた3文字がうまく釣り合わず、
八一が揮毫することになった。苦心の末の門額であった。「「雙柿舎追憶4則」。」

・・・・・・・
私の今日の短歌です

おもちつき むかしをしのび つくきねに
たくすねがいは かぞくのきずな
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月25日

よさこいソーラン


2月25日(土)曇り

よさこいソーランを行った。

踊り手は地元松之山の「華耀舞」のみなさん。

お客様は十日町呉服問屋の「㈱丸富美」様。

その丸富美様のお客様が遠くからお出でになり

着物を見たりして松之山温泉でゆったりとくつろぎ

食事後によさこいソーランをご覧になったのである。

迫力ある音楽と笑顔満開の踊り手で

拍手大喝さいだった。

私も企画した立場から大変に心配だったが

寒い中一生懸命に最大の笑顔で

踊ってくれた「華耀舞」のみなさんに感謝感謝である。

明日もあるので明日は実況中継を予定している。

是非皆さんからもご覧頂きたいものである。

IMG_3476


IMG_3473



IMG_3501



IMG_3492


IMG_3485


IMG_3496


IMG_3507



新潟日報紙より
秋艸道人・会津八一の歌を毎日紹介しています

取り果てて 物なき畑(はた)に おく霜の
はだらに青き 忍冬(にんどう)の垣

「取りつくして何もない畑に霜が降りて、垣根にはまだ忍冬の青い蔓(つる)がまだらに残っている。
忍冬を意匠化した忍冬唐草は東西の美術に用いられている。
学生の参考に植えていた。

・・・・・・・
私の今日の短歌です

やまぶかき おんせんやどから おくるのは
ゆきにうもれし よさこいそーらん
・・・・・・・

松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝

santousui at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)