2012年08月

2012年08月29日

ヤマトンボ


8月29日(水)晴れ

天気も気温も同じような毎日で

何も変わっていないのかと思うとやはりそうではない。

裏の川には漸く山ハギが咲きだし

その花を楽しむようにヤマトンボが飛び交っている。

IMG_6938



ヤマトンボは肉食で

飛んでいる昆虫を素早く捕まえる。

そんな姿を捉えようとカメラを向けるが

見た目より早く飛んでいるので

カメラにはなかなか収まらない。

IMG_7036



山ハギは急峻な場所を好み裏山では

年々その勢力が増してきている。

裏山の傾斜はそろそろ草刈りの時期であるが

山ハギはそのまま残して置く。

刈ろうと思っても

じつは硬くて細い木の枝のようなものだ。

ホツツジなどの小さな木と同じように

刈ってしまう草花と成長を促す草花を

選別しながらの作業となる。

IMG_7069-1



・・・・・・・
私の今日の短歌です

やまとんぼ げいじゅつてきな とびかたと
おもえばみんな あーちすとなり
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝

santousui at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

さんさんと


8月28日(火)晴れ

暑いカンカン照りの日が続くが

棚田の稲穂はかえって嬉しそうである。

一日中日光を浴びてというより

連日火炎放射器を浴びているようなものだが

管理が良いのだろう頭を垂れるばかりだ。

お米も日光を浴びるほど美味しくなるはずだ。

そんな折今日農水省と名のる方がいらっしゃった。

米トレーサビリティー法にのっとっての

抜き打ち検査である。

松之山温泉がオーストラリア産を使う訳がない。

松之山温泉はすべて松之山近隣の

まさに天然の水のさんさんと降り注ぐ

真っ赤な太陽のもと生育されたお米なのである。

机上だけでなく冷たくても良いから

一口食べていって欲しかった。

粘りと光それは誰にもごまかしようのない

お米なのである。


IMG_6923



・・・・・・・
私の今日の短歌です

きじょうより げんばのなまみ みにしみて
おいしさかおる ほほえみあふれ
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月28日

音を聞く



8月27日(月)晴れ

日付が変わろうとしている時刻

露天風呂の風景を撮った。

この時間になってもお入りになる方が多いので

大急ぎで撮った。

静かな静かな貸切露天風呂

上弦から満月に向かう月が目の前に見え

頭上にはカシオペア座が鎮座する。

IMG_6908



ライトを消すと暗闇の中から

だんだんと風景が見えて来る。

星がなおいっそう輝いて見える。

雑記帳には毎日のように

「素晴らしい露天風呂を有難う」の書き込みがある。

さ~物音が聞こえる

お客様だ。

IMG_6912



・・・・・・・
私の今日の短歌です

ほしぞらの ろてんにはいり おとをきく
ゆぶねのおとや ほしのながれを
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月26日

段取りを


8月26日(日)晴れ

お客様を観光巡りにご案内した。

と言っても退職後の趣味の写真のポイントのご案内である。

ブログを見てどこが良いかとお聞きになるから

少しは私のブログも役に立っているのかとホッとした。

私のはあくまで証拠写真で

ここにはこんな風景がありますと紹介するだけで

技術的にはまったくのど素人である。

ポイントもほとんど地元作家の写真集を見て

ご案内している訳である。

IMG_6888



今日の方も腕前は確かのようで

今は写真の時じゃないですね~と諦め顔だが

雪消えや新緑の時に備えていらっしゃる。

今から準備をしておく必要は誰にもあるのは当然である。

何事も段取りが重要でその時間が

勝負を決する。

IMG_6896



・・・・・・・
私の今日の短歌です

だんどりの たのしさわかる おやかたを
ししょうにもって いっかだんらん
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月25日

ススキ


8月25日(土)晴れ

まだまだ続く暑い日だが

芸術祭の見学者は後を絶たず

おしゃれな麦わら帽子をかぶり次々にアート巡りをしている。

そんな中笠原由起子さんと宮森はるなさんは

ステージにあるメタモルフォーゼの修理を

地元の左官屋さんと行っていた。

IMG_6850



私は暑さに負けそうになりながら

草刈りを行った。

回りじゅうコンクリートに囲まれた都会なら

草刈りの必要もないが

見渡す限り緑みどりなら草は当然多くなる。

厄介なのがツルの類でどこまでも這って行く。

中でも葛が手ごわい早めに退治をしておかなくてはならない。

花もきれいだし匂いも良いが。

ツルの中でもボタンヅルは可愛いので残す。

IMG_6860



いくら暑くても秋の植物は育つ。

ススキがきれいに夕日を浴びている。

ススキは月に合う。

せめて今宵はススキの向こうに

上弦を見たいものである。

IMG_6851


・・・・・・・
私の今日の短歌です

じょうげんの つきのかけかた おもしろげ
くらやみうかぶ くろずきんなり
・・・・・・・


松之山温泉 山の森のホテルふくずみ 村山 健  拝


santousui at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)