2013年06月

2013年06月30日

サンコウチョウのいる風景


6月30日(日)晴れ

いよいよ6月も今日で終わり半年が過ぎた。

梅雨はあまり感じられないが

これからの夏はどうなんだろう。

夏だから暑いのに決まっているが。



(鳴き順はホオジロ、サンコウチョウ、ウグイス)


ブログの写真用にと花を撮りに行ったら

サンコウチョウが鳴いていた。

車から降りて林に向かってカメラの録画を始めた。

サンコウチョウはヒタキ科の仲間で

オオルリやキビタキなどに属する。

いずれも美人で鳴き声もよろしい。


(わずかに飛ぶ姿が見えます)


サンコウチョウとは鳴き声から名づけられたようだ。

「ギギ、ヒヒホイホイヒヒ」

「月日星ホイホイ」と鳴いているようで

三つの光で三光鳥。

いかがであろうか

そのように聞えて欲しいものだ

風流な昔の人達みたいに。


(鳴き順はヒヨドリ、サンコウチョウ、ヒヨドリ)



・・・・・・・
今日の私の短歌です

三光鳥 深い森での 鳴く声は
長き尾っポに 光る眼差し
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝


santousui at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月29日

子育て


6月29日(土)晴れ

カイツブリの子育てを見に行った。

大正池を通り過ぎ岩見堂への道そばにある

小さな用水である。

岩見堂の下にはワサビ沢と言う名水があり

松之山温泉の水道をここで賄っている。

昔はほとんど消毒なしで飲んでいたのだが

今は市が厳しく管理しているので安全である。

しかし昔のように冷たい岩清水を

そのまま飲むような訳にはいかない。

IMG_2000



そのうっそうとした山肌の小さな用水に

カイツブリはひっそりと過ごしているのである。

抜き足差し足で池に近づいたが

先方に先に見破られてしまい

その姿を見る事は出来なかった。

しかし浮島のような巣が浮かんでいるのが見えて

白い卵が見える。

親鳥は身をひそめて私が立ち去るのを

どこかでじっと待っているのだろう。

巣に身をかがめているようにも見える。

回りには浮き草が少ないが

雛がかえる頃には一面の浮き草で

まさにクロードモネの睡蓮のようになる事だろう。

その頃また訪れてみたい。

待てるかな。

IMG_1993-1



・・・・・・・
今日の私の短歌です

うっそうと 小さな池を 包み込む
安全安心 小鳥も同じ
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝




santousui at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月28日

十日町蕎麦


6月28日(金)曇り

十日町はお蕎麦で名高いが

当館でご紹介しているお店は

国道117号線沿い土市にある由屋である。

私はお店の前は良く通るがそうは入らない。

たまには入って食べてみたいと思うが

チャンスがなかった。

今日は絶好のチャンスが巡って来た。

午前11時半は私の昼食の時間で

ちょうどその時間に前を通る事になった。

お店の前の駐車場にはすでに8割ほど入っていた。

他にも駐車場があるから駐車スペースには

困らない。

奥様がにこやかに出迎えてくれた。

天ぷらも頼もうと思ったが蕎麦の量が多いので

ざるそばだけにしておいた。

私の隣の熟年ご夫婦はざると天ぷらだったが

奥様は食べきれずにお持ち帰りようで

パックを頂いていた。

暫くしてざるそばがやってきた。

そばはまさにお店の奥様みたいに

つるつるとのど越しが良く

シャキシャキとした身のこなしのごとく

わざわざ挨拶に来られたように

つゆの深みの味が人気の秘密のようである。

次々に来店するお客様ほとんどがご夫婦だったが

変わりに隣に座った方は男性3名で

さすがに大盛りを食べていた。

久しぶりに美味しいお蕎麦を頂いた。

IMG_1967

(今朝の星峠の棚田です)


・・・・・・・
今日の私の短歌です

西の空 月齢不明の お月様
昇る太陽 月をも照らす
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝


santousui at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月26日

信越トレイル入口


6月26日(水)曇り

久しぶりに大厳寺高原に行って見た。

何カ所か工事をやっていたが

特に交通止めの箇所は無かった。

駐車場でカッコウの声を聞いていたら

近寄って来た人がいて

「天水山に行きたいのですがお分かりでしょうか」

IMG_1926

(ここの雪の深さは並大抵ではない、この位の小屋はすっぽりと埋まってしまうが~)


その方達は男女5名で信越トレイルを天水山から

深坂峠に行って舗装道路を下って来て

天水山の入口に帰って来る行程だった。

「それは良いコースですよ、ブナ林はきれいだし

景色も抜群です」

と入口までの道を教えて上げた。

IMG_1924



私も鳥の写真を撮りながらその入口に行ったら

その方達がちょうどブナ林に入って行くところだった。

入口付近には狭い駐車場が整備され

そこにトイレも設置された。

バイオトイレである。

これからの信越トレイルの利用が

増えることへの配慮がなされている。

IMG_1923

(登り始めたばかりなのに早速何かを見つけたらしい、この調子では何時間もかかるな~)


・・・・・・・
今日の私の短歌です

ブナ林を 息を吐きつつ トレイルの
体の芯を 蘇らせよ
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝


santousui at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

万作公演間近


6月25日(火)晴れ

7月13日(土)に野村万作公演が予定されている。

公演場所は松之山でも高台にある舞台である。

ここには大きな忠魂碑があり

子供の頃から「チュウコンシャ」と

呼んでいた所である。

360度に眺めが良く西に太陽が沈むころ

夕焼けを見る事が出来る。

当日もちょうど開演前に

そのきれいな夕焼けを見る事になろう。

画像は能舞台である。

まつだいに農舞台があるが

まさにこの能舞台をもじったものである。

さ~夕日に映し出されて映え上がる農舞台

さらに盛り上げるようにかがり火が

ゆらゆらと燃えている。

当日の光景が浮かびあがるようだ。

IMG_1908



山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝


santousui at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)