2015年02月

2015年02月28日

穏やかな雪


2月27日(金)雪

新潟県内が暴風雪の大荒れの予報だったが

以外にも雪はちらほらと降る程度で

風雪もあまりなかった。

貸切露天風呂はほぼ雪が消えていたが

再び雪化粧となった。

お蔭でお客様は大喜び

太平洋側からの雪なし県からの

カップル早速ログイン。

IMG_9583[1]



昨日は大雪で露天風呂の植え込みが壊れたので

その後片付けに追われた。

木の植木鉢だったのですでに腐って底が抜けてしまった。

木の撤去から泥の排出

腐った植木鉢の解体排出と一日掛かった。

やれやれ。


・・・・・・・ 
今日の私の短歌です

春まぢか 最後の雪か 穏やかに
いやいやいずれ 大荒れ来るぜ
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝


santousui at 07:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月22日

自然との遭遇


2月22日(日)晴れ

今日も晴れの良い天気だった。

十日町雪まつりもお天気のせいもあり大盛況のようだった。

私がまつだい駅にお客様をお迎えに行くと

次々に知り合いの方が降りてきて

笑顔で挨拶していた。

近年の雪まつりのフィナーレは時間が早くなって

7時ごろには電車に乗って帰る。

昔は夜の10時過ぎに十日町までお迎えに行ったもので

それからお客様に夜食を提供していた。

交通の便も良くなり時代は刻々と変わっていく。

IMG_9573[1]



画像は通りかかりの道路に次々に車が止まり

どうしたのかと思ったら

白鳥が群れていたのだった。

近くにいた女性に聞いたところ

今までこんなところにいたことはありません

との事だった。

よほどいい餌場が見つかったのだろう。

大勢で近くで写真を撮っても

まったく逃げようとしない。

良い光景に遭遇した。

IMG_9571[1]


・・・・・・・ 
今日の私の短歌です

自然との 遭遇あれば 一日の
幸せ感じ 心晴れやかなり
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝



santousui at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

快晴


2月21日(土)晴れ

朝から快晴で気温も低く

景色はキラキラと輝き素晴らしかった。

IMG_9560[1]



露天風呂の想い出綴りには

「星空がとてもきれいで感動しました」

「この露天風呂はほんと何度入っても良いですね最高です」

私も時々入れてもらうがまさに自画自賛の有様だ。

特に朝の露天風呂は西の山々に朝日が当たるので

キラキラと輝く様子が風呂に入りながら眺める事が出来る。

これからは日一日と春めいてくる。

啓蟄もあとわずか

4mを超した雪も徐々に下だまってきて

ただ今384㎝。

まだまだ虫達が地中から顔を出すには多すぎる雪だが

そろそろ春の気配を感じる頃だ。

冬も良い春も良い松之山温泉である。

IMG_9558[1]

(兎の足跡を写す)


・・・・・・・ 
今日の私の短歌です

快晴に 思わず春を 感じつつ
虫よお前も 待ちわびてたか
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝



santousui at 09:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

ほたるみち


2月20日(金)曇り

今日明日と温泉街では

「雪壁の灯道(ほたるみち)」を行っている。

温泉街を過ぎると暗がりになり

その道壁の中をキャンドルを持って歩くと言う施行。

湯やぐらの前にある古民家「地炉」では

温かい甘酒もふるまわれる。

また温泉街には思い思いの雪で作った行燈も見ものだ。

IMG_9556[1]


・・・・・・・ 
今日の私の短歌です

雪に逢い 雪と親しみ 触れ合って
寒さよりかは 温かくあれ
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝



santousui at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月15日

感謝


2月15日(日)曇り

昨夜雷と共に雨が降り

今朝はすっかり重い雪だった。

こんなに重い雪は珍しい。

除雪も大変だった。

と言っても私は1時間も寝坊して

息子がほとんどやってくれていた。


昨夜の貸切露天風呂もおお流行で

行く冬を惜しんでいるかのようだ。

お客様の中に塩素アレルギーの方がいらっしゃって

水道水を使わない温泉にして欲しい

と言うことだったので何とか対応させて頂いた。

何分熱いので露天風呂の回転が早いと

どうしても水を入れてしまう。

ちょろちょろと入れていると時間がかかり

チェックインまでに間に合わない。

ご要望もお客様は露天付きの部屋だったので

早めに一気に貯めて一杯になってから冷ましにかかった。

冷めてからほんの少しづつ湯船に温泉を注いだ。

そのままだと冷めてぬるくなるので

発砲スチロールで蓋をした。

心配していたがお客様からはとても良かったと感謝された。

お客様の喜びあっての商売

嬉しい事この上ない。

IMG_9541[1]



・・・・・・・ 
今日の私の短歌です

遠路より 雪見露天を 楽しみに
感謝感謝の 山の湯宿か
・・・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村 山 健  拝


santousui at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)