2016年07月

2016年07月31日

園児応援


7月31日(日)曇り

昼間の間は晴れていたが

夕方になって雨が降った。

しかしすぐ止み青空も見えるようになった。


先日お世話になっている歯医者さんから

「歯医者さん新聞」が届いた。

いつもながら面白いことが書いてある。

その一コマ。

ある保育園が年長さんを連れてスーパーに見学にいきました。

店長さんに案内されて帰る頃にはお昼時になり

お客様が込み合い始めました。

レジには長蛇の列です。

そうしたら店内放送で

「レジに応援お願いします」とアナウンスです。

すると、園児の男の子が

「頑張って~。レジの人、頑張って~!」と応援をしました。

それにつられて、他の園児も応援を始め大合唱になりました。

その時の様子が伝わってきますねー

ご自分の孫の姿が浮かびます。

ほほえましいですねー。

IMG_6407

(ウドの花です、葉は山芋の葉です)


・・・・・
今日の私の短歌です

純粋な 子らの声聞き お姉さん
笑顔でレジ打つ 涙もありて
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 18:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月30日

土用丑の日


7月30日(土)土用丑の日 晴れ

土用の丑と言っても庶民には手が届かない。

そのウナギは小ぶりの方が高いのだそうだ。

やはりそうかと思う。

大きいよりも小さめの方が柔らかくて美味しいとの事。

スーパーなどには中国産のかば焼きが売っているが

国産の小さめの方が断然高い。

飯山に有名なうなぎ屋さんがあるが

最近食べてない。

IMG_6377

(タケニグサもバックが黒くなると良い感じである)


そのうなぎ屋さんの味は甘辛くはなくて

ほとんど醤油味に近い。

中国産のウナギを買ってきて

ウナギについたタレを水できれいに洗い落として

醤油をたらして強火でさっと焼くと

ウナギの表面に黒い小さな焦げができ

飯山のウナギ屋さんのかば焼きに近くなる。

これで我慢する。

IMG_6387

(野鳥が少なくなる時期ホオジロも貴重な鳥だ)


・・・・・
今日の私の短歌です

うなぎの日 食べたいけれど 手も出ない
足はあっても 匂いもないしと
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

三方よし


7月29日(金)晴れ

暑い日だった。

時々温度計を見ていて

30度を超す瞬間は何時かと思っていたが

その時はこなかった。

お出でになったお客様は上越市の方で

「そうですかこちらは涼しいですね

上越では35度ほどになりましたが」

とおっしゃっていた。

確かにコンクリートに囲まれた都会とは違い

山の中は気温が上がったといってもそれだけで

朝晩は涼しさを通り越して寒い時さえある。

そのせいかどうか分からないが

ススキの穂も出始めて立秋間近を感じさせる。

そもそもこのススキの生えているところは高地で

日中でもすがすがしい。

こういう所のお米は

水よし空気よし日光よしでとても美味しそうだ。

きっと生でかじっても美味しいことだろう。

IMG_6364 (2)



・・・・・
今日の私の短歌です

天水の 三方よしの 米なれば
生で食べても 甘さしたたり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

恥じる花々


7月28日(木)晴れ

立秋まであと一息

山ユリの見ごろは過ぎて

早くも秋の花山ハギが咲き始めた。

まだちらほらだが

季節の移り変わりを知らせてくれる花々に

心洗われる。

雪解けの中から生まれる数々の花々

咲いては散り

散っては芽生えて

まるで生まれ変わりのように咲いてくる。

不思議な世界だがお客様は

一つ一つの花々を丁寧にみている。

これだから花々も一生懸命に

きれいになろうとする。

良いめぐり合いだ。

IMG_6374



・・・・・
今日の私の短歌です

移ろいに 心洗われ 咲く花に
見つめて恥じる なお見つめつつ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月29日

マタタビ


7月27日(水)曇り

山道を行くと時々葉が白い植物を見かける。

まるでカビが生えてしまったかのようだが

これはマタタビである。

マタタビはツル状の植物だが

植木とか盆栽にも適していて

マタタビの実を付けたのを楽しんでいると

猫がやってきて狂ったようになるので

猫にだけは気を付けなければならない。

そんなに強い香りを発しているようには思えないが

ネコ科の動物はほとんどこの匂いにメロメロになるようだ。

アフリカではこのマタタビの木はないのだろうか。

あったらそこには近づけないが。

IMG_6361



・・・・・
今日の私の短歌です

またたびの 旅の楽しさ また旅を
教えてくれる 夏の空なり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)