2016年09月

2016年09月29日

けんこうで


9月29日(木)曇り

年に何度もご自分の母親を連れて

当館にお泊りに来られる方がいる。

旦那様とご自分の母だ。

どちらもご高齢だが耳もよく聞こえるし

新聞も隅から隅までお読みになる。

もちろんご自分で歩かれる。

90歳を過ぎてこのような生活が出来ることは

どなたも望まれる事だが

そうそうなしえるものでもない。

私のクラス会を当館でやってくれるというが

幹事さんが名前を挙げてあの人はどこどこが悪いから

あの人はここが痛いからと

健康上の問題で欠席される方が多くなった。

当たり前のように思っている健康だが

中にはそれを成しえなくなっている人もいる。

老若男女かかわらず健康体には感謝したいものだ。

IMG_7111



・・・・・
今日の私の短歌です

ありがたき けんこうたいに かんしゃをし
おさけをひかえ からだうごかし
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月28日

あいあい傘で


9月28日(水)雨

田んぼやススキの原を通ると

スズメの大群に遭遇することがある。

たぶん渡り前のニュウナイスズメであろう。

スズメの中でもニュウナイスズメは南方に渡りをする。

渡りは危険を伴う。

それでも日本はまだ島々が連なっているから

よほど環境が良い。

本州から四国、九州、トカラ列島、沖縄諸島

与那国島から台湾へ。

北も北海道から千島列島を経てシベリアへ。

そんなこともあって多くの野鳥が訪れているのかもしれない。

とは言え至難の旅に違いない。

今日訪れたご夫婦

「いや~ 凄い雨でやっと来たよ」

と車でやってきてもこの通りだから

鳥たちは大変だ。

「大変お疲れ様でした」

「貸切露天風呂空いているかい、今からでも」

「はい、今からでも大丈夫です」

露天風呂には山笠も用意してあるが

今日からこうもり傘も用意した。

少し大きめのこうもり傘に二人して入る

あいあい傘も良いかもしれない。

IMG_7099



・・・・・
今日の私の短歌です

立ち昇る 湯気にからまり ふたりして
あいあい傘の 露天やいかに
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

般若湯


9月27日(火)晴れ

親戚で不幸がありお葬式に出席した。

お斎の席では菩提寺の住職の隣になり

お話をさせて頂いた。

ご住職はお酒を全くお飲みにならなくて

最初からウーロン茶を召し上がっていた。

向こう隣の方がかわいそうですねと言うと

「そうですね、暑い夏に皆さんが美味しそうにビールを飲むのを見て

美味しそうだなと思いつつも自分では全く飲みたいと思いません」

もともと僧侶はお酒が禁止されている訳だが

健康のためや身体を温めるためくらいはよかろうと

「般若湯」と言って飲まれていたようだ。

毎年8月に我が家の菩提寺で施餓鬼法要が行われるが

お斎の席で代表者が「それでははんにゃとうを頂ましょうか」と

言うのである。

最初は何のことかと思っていたが

改めて調べてみると面白い言い回しだった。

真夏の暑い日に身体を温めなくても良さそうなものだが

知恵が出てきたりしてまたその効能もいいものだ。

何事も度が過ぎないようにしたいものである。

IMG_7105



・・・・・
今日の私の短歌です

はんにゃとう 薬のかわりと 飲みすぎて
朝のくすりが ほどよく効きて
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

いつしか


9月26日(月)曇り

雨がぱらつく中美人林に入った。

岩手からおいでになった熟年のご夫婦をご案内して。

「市が管理しているのですか」

「はいそうです、しかし土地の所有者は地元の人です」

「岩手にも広大な土地に渓谷があり

お庭みたいなところがありますが

そこも一人の方の土地です」

「きっと殿様だったんですね」

「雪はどのくらい降るんですか」

「約3mですから入り口に看板塔の倍くらいです」

それじゃ上の小枝をまたぐことができますね」

雪の少ない地方の方はなかなか想像ができない雪の深さだ。

すでに9月も終わろうとしている。

あと一月半でその雪がやってくる。

IMG_7094



・・・・・
今日の私の短歌です

静けさの ぶなの森にも 忍び寄る
もみじ色過ぎ 真白き月日
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 08:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月27日

秋の香りに


9月25日(日)曇り

山々に秋の味覚が出始めた。

特に山栗は香り高く美味しいが

小さくて皮をむいたり料理には手間がかかる。

そのうえ虫がつきやすく

なかなか虫栗でない栗を拾うのは容易ではない。

まつだい駅のふるさと会館には

その山栗が袋に入って売っていた。

1個200円だったが虫はもちろんついてはいない。

実は我が家にも栗の木がある。

しかし木の下の草刈りをしないので

大きなイガは草に埋もれたままだ。

そんな中かみさんの実家から栗が届いた。

早速茹でたら私の茹で方が良かったのか

香り豊かでぽくぽくと美味しかった。

IMG_7068



・・・・・
今日の私の短歌です

山々に 香る秋の実 美しく
風情をかもす 栗の実一つ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)