2017年02月

2017年02月26日

一すじの川


2月26日(日)曇り

雪の儀明の棚田

ここの棚田は桜の時が人気だ。

桜まであと1か月半

桜で有名なのが津南町中子の桜だ。

雪の具合でその年の桜の開花時期が変わり

きりのかかり具合も変わるので気がかりだが

それ以上に桜のつぼみがウソに食べられないよう

その対策も必要なようだ。

IMG_8973



こちらの川は保倉川

東頸城郡6ヶ町村が町村合併で

上越市と十日町市に分かれたが

それを容易にしたのが川の流れだろう。

保倉川沿線は上越市へ

渋海川沿線は十日町市へと合併した。

太古より川の流れには逆らえない。

IMG_8978



・・・・・
今日の私の短歌です

人の世は 川の流れに 寄り添うて
生きる知恵さえ 教え乞いつつ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

妻有の人物史


2月25日(土)曇り

十日町市博物館には国宝火炎型土器が展示されている。

そこにお邪魔して頂いてきたのは「妻有の人物史」である。

小冊子だがNO1、NO2と2冊ある。

その最初に登場するのが河本杜太郎である。

2冊には9人の歴史上の人物が登場する。

執筆者は5名で河本杜太郎は佐野良吉さんが担当。

担当者の中に上村政基さんがいる。

上村政基さんは「愚禅和尚物語」を書いた方だ。

そんな著名な方々が惜しげもなく執筆して

郷土の為に尽くして下さっている。

受付の担当者に「妻有の人物史が欲しいのですが」と

値段がよく分からずファイルを探していたら

佐野館長さんがいらっしゃったので

「大棟山美術博物館でお世話になったふくずみです」

「あ~ふくずみさん ほくほく線のテレビ見ました」と受付嬢

館長さん「あの時私もテレビに出たんですよ」と

にぎやかになった。

結局料金は2冊で200円。

お騒がせした割にはずいぶん安かった。

IMG_8969



・・・・・
今日の私の短歌です

いにしえに 心弾ませ 読みたるは
そこには執筆 心遥かに
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 02:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ナラに咲く


2月24日(金)雪

雪と言っても化粧雪だ。

雪中のしんしんと降る雪ではない。

お昼前に通りかかった小谷雪庇洞付近

川の向こうにナラの林がある。

ナラ枯れにならずに春夏秋冬

素晴らしい景色を醸し出してくれている。

そのナラの林に雪が降る。

IMG_8961



午前に通りかかった時

まだまだ雪は積もっていなかったが

夕方には良い景色になっていた。

下には小さな川が流れていて

しばらく流れると渋海川にそそぐ。

この川にもきっと小さな魚

トコバヨが棲んでいる事だろう。

IMG_8966



・・・・・
今日の私の短歌です

ぶな林に 負けず劣らず 花が咲く
白き花々 日差しに散りて
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

雨水後


2月23日(木)曇り

どんよりとした中の雨模様

典型的な雨水後のお天気だ。

裏の崖の瓔珞の木に雨がしっとりとついている。

IMG_8956



ショウジョウバカマやイカリソウなどの常緑植物

今にもつぼみが出てきそうになっている。

朝コーヒーをお出ししていて

春にはこのショウジョウバカマがいち早く花を咲かせます

とお話ししている。

数少ない話題を持ち寄りお話しするが

やはり自然の話が一番だ。

もうそろそろ野鳥の季節でもある。

IMG_8951



・・・・・
今日の私の短歌です

お話に 四季花々 鳥どりに
尽きない話題 湯の香にじませ
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 01:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月23日

葉玉ねぎ


2月22日(水)曇り

暮れに沢山の長ねぎを頂いて

いまだに新鮮な長ネギに重宝しているが

そこに知り合いの方から「ながいき葉玉ねぎ」が

送らってきた。

普段見かけない玉ねぎなのでネットで調べたら

それはそれは美味しそうな食べ方がずらり。

もともと玉ねぎを育てていたのに

その玉ねぎが柔らかな葉が伸びたところを収穫したものだ。

だから葉も玉も柔らかく栄養価も抜群だ。

ピンからキリまであるレシピを見ていたら

うちのかみさん早速天ぷらのかき揚げにして

頂いた十日町蕎麦にのせて

天ぷらそばにしてくれた。

葉から茎から天ぷらにして

良い色合いに揚がって

何杯もお代わりをした。

あすはチャーハンか丼になるだろう。

出番は僕だ!

IMG_8944



・・・・・
今日の私の短歌です

若き日の 玉ねぎ寡黙 なりように
腕に任せば より旨きなり
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)