2018年10月

2018年10月31日

晩秋の秋山郷


ecee430a-s.jpg-2

(秋山郷)

10月31日(水)曇り

お客様をご案内して秋山郷に行って来た。

冬至が迫って来て夜明けがなかなかやって来ない。

見玉の柱状節理ではまだ暗くスルーした。

結東まで来てもまだ暗く暫く駐車場で待たせてもらった。

暫くしてから見倉の橋まで降りていった。

IMG_0970.jpg-1



ご夫婦は都会の電車になれているのか

揺さぶられても平気でロープにつかまりもせず

スマホで盛んに写真を撮っていた。

「素晴らしい素晴らしい」を連発し

だいぶ時間を超過した。

「やはり登りはきついですね」

奥様もちゃんとついて来た。

再び細いくねくねした道を上り

今度は下った。

そこに前倉橋が待っている。

時間が早いので橋の上で写真を撮っていた。

小さな車が来たが横を通って行ってくれた。

ここが一番のスポットだ。

IMG_0981.jpg-1



今が見頃であと数日で紅葉も終わろうとしている。

川風が寒い。

IMG_0984.jpg-1



前倉橋から今度は左に曲がって反対側の林道に入った。

「山を愛しここに生きる」の石碑のある方だ。

小さな見倉集落を過ぎると前方に柱状節理が雄大に見える。

IMG_0987.jpg-1



見玉の柱状節理公園に入る。

3人でクマよけの鐘を鳴らしながら進んだ。

IMG_0996.jpg-1



この池も見玉集落の人達の手作りだ。

「Team ECOメッセージは、津南町見玉公園」

と言う訳で今テレビでエコメッセージは見玉公園を発信している。

IMG_0994.jpg-1



東京タワーほどの高さがあるという柱状節理

その雄大さに津南のグランドキャニオンと呼ばれる。

IMG_0993.jpg-1



カメラを近づけてみると大きな岩だ。

一度岩が落ちる音を聞いてみたい。

たぶん大空に響き渡ることだろう。

IMG_0992.jpg-1



・・・・・
今日の私の短歌です

牧之さえ 拒み続けた 秋山郷
冬至近づき 鳴りひそめつつ
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 16:59|PermalinkComments(2)

2018年10月30日

清津の紅葉


ecee430a-s.jpg-2

(秋山郷)

10月30日(火)曇り

353号線を十二峠トンネルに向かうと

右手にきれいな川が流れている。

清津川である。

上流に向かうと二手に分かれ右は釜川

名勝七ツ釜に向かう。

画像の真ん中釜川のほとりに紅葉したところがある。

ここが大地の芸術祭で人気の「ポチョムキン」である。

ここの田んぼも清流と太陽を浴び美味しそうだ。

うちの八百屋さんここからやって来る。

それだけでも美味しそうだ。

IMG_0958.jpg-1



ここから十二峠トンネルを通ったら素晴らしい紅葉だった。

清津峡入り口から右手もぶな林がまさに燃えるよう。

下の画像は写し方のせいかあまりきれいじゃない。

もっとトンネルに近い方が良かった。

私だけじゃない他の観光客の皆さんも

撮影スポット風の場所に吸い寄せられる。

当湯尻渓谷も良かったが

今日は何分天候が悪く湯尻の日ではなかった。

IMG_0956



・・・・・
今日の私の短歌です

曇天に 負けずに燃える 紅葉に
唸る歓声 ゆったり走る
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 22:38|PermalinkComments(0)

2018年10月29日

魚野川


ecee430a-s.jpg-2

(秋山郷)

10月29日(月)曇り

魚沼米コシヒカリの発祥地塩沢である。

街並みの手前には清流魚野川が流れ

鮎が釣れるほどの川の流れだ。

後には2000m級の名峰がずらりと並び

流れいずる豊かな水が魚野川にそそぐ。

日本百名山の一つ巻機山、越後駒ケ岳

日本二百名山に八海山、中ノ岳と雄姿が並ぶ。

山麓には雲洞庵、鈴木牧之記念館、八海酒造、

トミオカホワイトミュージアム、石川雲蝶(開山堂)などなど

名士名所が輩出されている。

その上の米どころである。

また周りにはスキー場が数多く建設された。

今でこそその数が少なくなったが

当時はスキーのメッカとも言われたほどだ。

全国のスキーヤーが押し寄せた。

中でもスキー指導員を目指す若者が

ここで研修を受けていた。

私もその中の一人だった。

春の晴天の日に石打大丸山ゲレンデで

準指導員検定を行っていたが

調子に乗って飛ばしていたら天高く舞い上がり

背中からたたきつけられた。

息ができなかった。

そんな魚沼地方

大きな山の裏側には利根川が流れている。

その川の水は太平洋にそそぎ

魚野川の水が日本海にそそぐ

まさにここが天下のはざまなのである。

IMG_0937



・・・・・
今日の私の短歌です

魚野川 天下に聞こえし 米どころ 
名士も輩出 紅葉も雪も
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 16:49|PermalinkComments(0)

2018年10月28日

産業祭

【9、10月の 【早朝ワンコイン観光】

欠航日は土、日、月曜の他は次の通りです。10月23日】

ecee430a-s.jpg-2


10月28日(日)晴れ

あったどう~

車の荷台から諦めかけていたカメラが出て来た。

そこで自分一人で「あったどう」と思わず叫んだ。

あれほど探しても見つからず

そろそろ次のカメラを探そうかと思っていたところだ。

今は手頃なカメラが出ているようで

お客様はカメラにも野鳥の撮影にも詳しくないが

棒立ちで遠くの鳥を撮っても手振れなく

私と同じくらいの写真は撮れる。

それで良い

と思っていた。

しかし出て来た。

そこで最初に撮ったのが村山直儀画伯特別展である。

IMG_0930



今日は松之山産業祭で松之山公民館周辺では賑わいを見せている。

ちょうど抽選会の最中で

高台にある玄関には抽選に当たった人の受け渡しになって

目線がそこに向かっている。

入りにくいな~

IMG_0929



村山画伯は松之山にゆかりの深い方で

その方々が画伯から頂いた絵画を持ち寄り

今回の特別展示となったようだ。

それなので画伯からの手紙が多数あり

その貴重な手紙をそっと封筒を開けて見せてもらった。

それは何と楊貴妃を描こうと

中国に取材に出かけて帰って来て

漸く出来上がりましたとの報告の手紙である。

IMG_0927



そんな貴重な手紙がまだまだある。

この手紙はロシアバレーの花形が

世界コンクールに優勝した雄姿を描いたものだった。

その絵を描こうとロシアバレイ団に取材に出かけた。

その絵が出来上がって報告と

その絵を本人に寄贈しようとしようとしたが

都合が悪く大使館に代わって届けて頂いた旨の報告だ。

本人は勿論のこと劇団と深い関わりが読みとれる手紙だ。

IMG_0928



・・・・・
今日の私の短歌です

一筆の 絵の深さゆえ 心込め
故郷忘れず 星の数々
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 21:23|PermalinkComments(0)

沙羅の木

【9、10月の 【早朝ワンコイン観光】

欠航日は土、日、月曜の他は次の通りです。10月23日】

ecee430a-s.jpg-2


10月27日(土)曇り

寒暖の差が大きく辺りが一気に紅葉色になった。

特にぶな林の紅葉はだいだい色で

幹線道路を走っていても

すぐにあの紅葉はぶな林だと分かる。

紅葉も眺めながらその葉の色で

モミジだブナだケヤキだサクラだウルシだと

分かるようだと一段と楽しめるのかも知れない。

温泉街近くの湯尻渓谷の紅葉も素晴らしく

温泉に行き来するたびに

その葉の色にあれは何だこれは何だと

想いを馳せる。

当館の周りの木々も色づき今が見ごろだ。

この木は沙羅の木と言って平家物語の冒頭に出てくる

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」

の沙羅の木である。

また改めて調べてみると

お釈迦様が亡くなった折2本の沙羅の木があって

白い花が散ってお釈迦様を覆ったという事である。

それから沙羅双樹と呼ばれるようになった。

いずれにしてもこのシャラの木(ナツツバキとも呼ぶ)

奥深い木である。

IMG_20181027_153352



・・・・・
今日の私の短歌です

沙羅の木の 謂れ深し 晩秋に
歴史を語り 仏教を知る
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 00:54|PermalinkComments(0)