2019年03月

2019年03月29日

凍みわたり

307-4.jpg-abjpg

【4月27日から和室にベッドを備えます
 シングル、ダブル、クイーンを指定してください】

3月29日(金)曇り

今朝田んぼに氷が張った。

と言っても薄い氷で陽当たりの悪い部分だけ。

それでも写真を撮ろうと雪原を長靴で進んでも

雪の中に埋もれてしまわない。

(この辺ではドブラナイと言うが)

途中小川の流れているところが

雪が消えて厚みが薄くなっている。

そこを歩くと雪が割れて小川に落ちてしまう。

子どもの頃登校の時にそんな雪原を駆けて行ったものだ。

だんだん田んぼの雪原を次々と乗り越えて

きゃ~きゃ~と。

当館のリニューアルも順調に進んでいる。

しかし内装の色の事を考えると頭が痛い。

とりあえずコンセントと言うかテーマを決めてみた。

それにより少しでも業者さんにも気持ちが伝わりやすくなった。

一つには「茶室」風。

日本美術大全集があるが

その中に茶室の美があり渋い色が載っている。

その色とは胴の腐食した色だ。

かと言って緑青ではない。

見本の色を持って来てくれた棟梁に言うと

「この色は今の段階では作れないんですよね」

との事だった。

なるほど難しいもんだ。

IMG_2571.jpg-1



・・・・・
今日の私の短歌です

凍みわたり 子どもの頃を 懐かしみ
構えるカメラ 切るのを忘れ
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 09:11|PermalinkComments(0)

2019年03月28日

早春の詩

307-4.jpg-abjpg

【4月27日から和室にベッドを備えます
 シングル、ダブル、クイーンを指定してください】

3月28日(木)曇り

先日雪割草が咲き始めたが

その後もあちこちから小さな花が見えて来て

結構な群落になった。

IMG_2563.jpg-1



そこへ今度はショウジョウバカマが咲いて来た。

まだ一輪だけだが

これからどんどんと増えていくことだろう。

その頃になればカタクリも顔を出し

裏の崖は花畑になる。

そんな花を見ていると

「チチリュチチリュ・・・・」とミソサザイの囀り聞こえて来た。

あまりに小さな体でその存在が分からないが

姿は見えなくても声だけでもうれしい気分になる。

IMG_2562.jpg-1



・・・・・
今日の私の短歌です

カタクリの 小さな花と ミソサザイ
どちらも可愛 早春の詩
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 17:33|PermalinkComments(0)

白鳥はいずこへ

307-4.jpg-abjpg

【4月27日から和室にベッドを備えます
 シングル、ダブル、クイーンを指定してください】

3月27日(水)曇り

土堰堤でカモを見て来た。

最初にキンクロハジロを見つけて

久しぶりに思っていたら

いつの間にかいなくなってしまった。

昼寝をしているヒドリガモを写したが

私に気がついたのかいそいそと遠くに泳ぎだした。

しかし帰って調べてみたらそれはヒドリガモではなく

ホシハジロのようだ。

私はカモ類はあまり得意ではないので

この土堰堤で勉強してみたい。

昔は白鳥も来ていたのだが

近年は全く見えない。

先日上越に行った時もいつも白鳥がいる湖に

白鳥の姿はなかった。

鳥達に異変が起きているのだろうか。

ヤマセミを全く見かけないし

キョロロの館長によるとカモ類も少ないという。

さ~すでに春は忍びよって来た。

ツバメも来たというしサシバもそろそろだが

今年の鳥達の飛来数はどうだろうか。

平年並みであって欲しいが。

IMG_2557



・・・・・
今日の私の短歌です

白鳥の 舞うがごとしの 姿見て
今年はいずこ また来て見せて
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 16:36|PermalinkComments(0)

高山の鳥

307-4.jpg-abjpg

【4月27日から和室にベッドを備えます
 シングル、ダブル、クイーンを指定してください】

3月26日(火)晴れ

晴れの良い天気だった。

朝方出かける時には霧に覆われていて

景色的に写真の絶好な朝だった。

ところが持って出かけたのは望遠レンズで

その景色を撮ろうにも霧だけになってしまう。

どこかで鳥でもいたら撮ろうと思っていたがだめだった。

それがお昼近くには青空となり

遠くの景色も鮮やかだ。

写したのは「ハナコ」と呼ばれる八海山、中岳、駒ケ岳の

越後三山の八海山だ。

その山頂付近にワシタカが舞っている。

イヌワシかな?

IMG_2538



しかし尾羽が三味線のバチのようになっているのが分かる。

これをイヌワシに見ろと言われてもかなり無理がある。

イヌワシもウサギが激減しているので

餌もかなり少なくなっているのではないか。

少し我慢してウサギを増やす対策はどうだろう。

駿河湾の桜エビが激減の為

秋の漁を自主的に取りやめるという。

イヌワシも別な猟で賄ってはどうか。

ダメ そう。

IMG_2538.jpg-2



・・・・・
今日の私の短歌です

高山の 餌に悩む ワシタカに
春の訪れ 待ちにまったり
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 15:59|PermalinkComments(0)

美しさ

307-4.jpg-abjpg

【4月27日から和室にベッドを備えます
 シングル、ダブル、クイーンを指定してください】

3月25日(月)晴れ

キョロロの「花ごよみ」を手に取って見ると

松之山の美しい花々が見れる。

キョロロには名うての写真家がいるので

その美しさは格別だ。

今まさに早春

この季節は何と言ってもマンサクの花だろう。

その黄色いチリチリとした小さな花が

アップで写っている。

ブナの花も大空をバックに美しい。

暫くするとユキツバキも咲くが

簡単そうでなかなかこれほどきれいに写せない。

新芽も汚れていたり赤い花も一つぐらい散りかけていたりする。

お客様によく「あの花は何という花ですか」

と聞かれるのがタニウツギだ。

鮮やかなピンクの色

田植えが終わった頃棚田の美しさと共に楽しませてくれる。

ヤマユリは今にも匂いが流れてきそうだ。

春休みに子供さんとキョロロに訪れてみてはいかがだろう。

IMG_20190328_0001



・・・・・
今日の私の短歌です

美しい 花の名前は 知らぬとも
四季を彩る 山間の花
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 15:25|PermalinkComments(0)