2019年07月

2019年07月29日

詠み人知らず


7月29日(月)晴れ

私はメチャクチャ学がないので漢字も未だに読めない字が多い。

その割に知ったかぶりをしているのはネットのせいで

分からなければすぐにネットでなんでも調べていかにも知っているような振る舞いをする。

ま~見ている人は分かっているものだと思うが。

それでも分からないことが多くあるのが「俳句集」である。

毎月知り合いの方が冊子を送って下さるが

今回も8月号を頂いた。




早速ざっと読み始めたが読み方が分かりません。

いつも分からないのが沢山あるので調べるのは後回し

次々に読んでいく。

鉛筆で丸をして調べてふり仮名をふっていく。

徐々に詠み人の心が分かって来るのだが

この時の感動が良い

自分でも分かったような気になるので。

「合歓の花」 「蜥蜴」 「老鶯」「峡」 「茅の輪」 「虎尾草」 「蔓延る」 「団扇」

皆さんみんなわかりますか。

確かにネムノキと書くより合歓の木の方がやわらかい

アカショウビンより赤翡翠の方が詩的ではある。

1,2回読んでも分かりっこないので

寝床の中で何度も読み返すうちに何かわかって来るから不思議だ。

ま~ 眠り薬でもあるが。




・・・・・
今日の私の短歌です

詠み人の 心うつつに 浮かべつつ
妄想の空 寝床に映し
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 21:02|PermalinkComments(0)

2019年07月28日

雨の星峠

7月28日(日)曇り

天気予報では午前3時から6時まで雨の予報だった。

その雨の様子を星峠の棚田で撮ろうと思ったが

すでに雨は上がっていて霧がかかっていた。

景色というのは見方次第で青空も良いし

曇り空も良い。

雨も良いし土砂降りも良い。

どれもみんな自然のなせる業。

それも景色だけでなくBGMの鳥の囀りがあるから

この地の景色が引き立つ。

この日もウグイスやホトトギス、ホオジロなどが鳴いている。

オオヨシキリはどうしたのだろう。

最近さっぱり聞こえなくなったが。




・・・・・
今日の私の短歌です

梅雨明けと 鳥のさえずり 入れ替わり
青空覗き せみ鳴きさけぶ
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝







santousui at 08:59|PermalinkComments(0)

くろつぐみ


7月27日(土)晴れ

台風が押し寄せて来て夕方には雨の予想だったが降らなかった。

近くに出かけて何か絵になるものはないかと探したが

目線が悪く見つけられない。

漸くクロツグミを見つけて撮ってみた。

勿論逆光なのでもう少し明るく撮れば

嘴も黄色く見えたのだが失敗した。




目の前をアオサギが通り過ぎ

近くの用水池付近に降り立った。

そこには近くに住むお母さんがドジョウを飼っている。

そのドジョウを狙って来たのだろう。

抜き足差し足で近づいたが

結局獲物は捕れず諦めて飛び去って行った。

7分と長いのでそのおつもりでご覧ください。




・・・・・
今日の私の短歌です

アオサギの 抜き足差し足 忍び足
どじょう引っ込み 空てでまたね
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 07:07|PermalinkComments(0)

2019年07月26日

失われた窓

7月26日(金)曇り

晴天と言う訳でもなかったが日中は30度を上回った。

長い梅雨だったが梅雨が上がってからは

暑さが続きそうだ。

3年に一度の大地の芸術祭

まさに真夏の祭典だが例年暑い祭典である。




そんな大地の芸術が清流を見下ろす高台に

カーテンをなびかせながら

観光バスやダンプカーを見送っていた。

所は関越道塩沢石打ICから353号線中里である。

期間中ではないが多くの作品が待っている。




・・・・・
今日の私の短歌です

海外の 巨匠に負けず 劣らずに
名作育つ 真夏の妻有
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝

santousui at 14:41|PermalinkComments(0)

2019年07月25日

二千年蓮の終わり

7月25日(木)曇り

ニュースで高田公園の蓮が見頃を迎えたと伝えたので

二千年蓮はどうしたろうと思い出して

小泉の宝泉寺さんに行ってみた。

境内には車もなく静かだったのでもう終わりかな

と思ったらその通りであった。

IMG_4847



しかし小さな池ではまだ見頃の花もあり楽しめた。

挨拶したりお賽銭とも思ったが見当たらず

賽銭箱もなく黙って失礼した。

IMG_4849-1



花にはハナムグリが蜜を吸っていたり

近くに真っ赤な赤とんぼショウジョウトンボが止まっていたり

上空ではワシタカが5羽も舞っていたり

花だけでなく見頃でもあった。

IMG_4860-1



アップロードするには失礼かもしれないが

折角撮って来たのでアップさせてもらいます。




・・・・・
今日の私の短歌です

二千年 眠り続けて 開花する
軌跡の蓮の 今年も終わりに
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 14:24|PermalinkComments(0)