水辺の鳥と代わって欲しい「山野を活ける」

2010年08月27日

涼を求めて

 

 

温泉街の奥に滝がある


私が子供の頃に出来た滝だろう


その頃には深い々々滝つぼで


大人はそこで泳いでいたのを覚えている


今はすっかり浅瀬になり


近くで涼を求める事が出来る


 8-27-1






















近年土止めの為と景観の為に


大きな石を積み上げた


ところが昔はいた石工が


今はほとんどいなくて


建設会社の会長さんが


昔取った杵柄を発揮して


立派な石の芸術となった


特に中央の大きな石は訳ありで


水が少ない時期にはこれを境に


左右に分かれるようになっている


まさに今がその時で


きれいに左右に分かれている


 8-27-2






















上流も片側だけに流れないように


工夫が施されている


少しずつ苔が生えてきたり


樹木も覆ってきて


貫禄が出てきた

 

8-27-3




















水の流れや四季折々に


その姿を変える不動滝


秋の装いも始まり


また新たな見頃の季節である

8-27-4



santousui at 10:40│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
水辺の鳥と代わって欲しい「山野を活ける」