2017年02月16日

雨水の頃


2月15日(水)曇り

真冬に舞い戻ったかと思ったら

翌日には雨が降りまた雪になるという状況だ。

二十四節気の一つ雨水が目の前に迫り

まさに暦通りのお天気である。

例年この雨水の頃雨が降り

枝先には雨つゆが小さく丸く着いているのものだ。

それが次第に気温が下がって凍り付き

翌朝には雪になっている。

そんなことを繰り替えてして間もなく春がやってくる。

裏のがけにはツララが垂れ下がり

その隣にはショウジョウバカマが

つぼみを膨らませている。


お若いカップルが露天風呂のノートに書いてあった。

「やっと来れました、とても良かったです

また10年後に来れますように、

まだこのノートがありますように」

どなたも年掛けてお出でになる。

結婚記念日の方もいらっしゃった。

卒業記念の人もいた。

春は季節の変わり目

出会いの頃でもある。

IMG_8920



・・・・・
今日の私の短歌です

人動き 春動きつつ 出会いあり
野花もかせい 啓蟄間近
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 10:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字