2017年04月20日

天城越え


4月18日(火)曇り

電車とバスの旅は久しぶりに味わったが楽しかった。

東海道新幹線は早かったし

伊豆急も情緒があった

何といってもびっくりしたのが伊東からのバスだった。

伊東の施設の女性スタッフがそっと腕にさわって

「凄い山で凄いカーブですよ~」と言うので

「レベルの違う山の中からやってきましたから大丈夫です」

ところが施設の前から出発したバスはすぐにカーブとなり

徐々に山に入って行く。

少ない客は最後のおばあさんを降ろし

我々だけになった。

本を読み始めたがそれどころではない。

右に曲がればすぐに左に曲がる。

それもバス1台が通れるだけの幅しかない。

新潟県だったらカーブを切り落とすか

すでにトンネルとなっている事だろう。

いったい対向車が来たらどうするのだろうか。

大丈夫すでに対向車のバスは広いところで待っていてくれた。

世に言う天城越えだ。

実際の天城越えは少し南のようだが

同じ山を越えるのには変わりない。

まさに関田山系を超えるようなものだ。

いや~凄かった。

そんなこともあって富士山はなおさら素晴らしかった。

越後湯沢駅に着いたらやはり寒かった。

DSCF0089



・・・・・
今日の私の短歌です

文豪も 一目置かれる 天城越え
さすがの山に 我れあぜんとす
・・・・・


山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 03:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字