美人林行大地の芸術祭 方丈記

2018年06月07日

野生の子供


6月6日(水)曇り

お客様が棚田を見たいとおっしゃるので

行くんでしたら朝が良いですがと言ったら

朝は平気ですと早朝に出かけた。

熟年の方は朝には強い。

こちらも同然だが毎朝のように3時半起だから

一日中寝たり起きたりの繰り返し。

車を運転していると眠くなるので

30分くらい仮眠してまた出かける。

3時半起、7時半寝、11時半寝、の繰り返し。

夜も早いが11時に目が覚め又寝3時半起床。

その間に風呂掃除や帳面整理と忙しい。

スケジュールをノートに書いておかないと忘れてしまうので

一日の行動をメモを見ながらこなしていく。

一番大事なのは寝る事だ。

この時が一番楽しい

まさにルンルン気分だ。

そんな中蒲生の棚田を眺めている時に

後の林に鳥が集まって来た。

ツバメである。

幼鳥だろう

嬉しそうにワイワイと飛んだり跳ねたりしている。

昨日のリスの子供たちみたいだ。

子供たちは人間でも動物でも可愛い。

私はお客様が入って来ると真っ先に子供に近寄り

「こんにちわー」と声かける。

パパママそっちのけで。

IMG_7307



・・・・・
今日の私の短歌です

山間の 子供たちとの ふれあいは
鳥や獣も 同じ目線で
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 01:14│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
美人林行大地の芸術祭 方丈記