山翡翠の渕名刹

2018年12月02日

時を描く

IMG_2379.jpg-a

(大雪の頃の屋上貸切露天風呂・天空)

12月1日(土)曇り

松代のある集落

カールベンクスさんの住居がある。

世帯数が11件だが

元々ここに棲んでいた人は5件。

あとはカールベンクスさんがここに

住みついてからやって来た人たちだ。

まさにカール村、カールソンだ。

私の知り合いもここにいるが

元々ここの住民で村の事なら何でも知っている。

カールさんも一目置かざるを得ない。

そのカール邸が増築をしていた。

夕暮れ時なので見にくいが

知り合いに聞くと屋根雪をうまく排雪できるようにと

屋根を追加するとの事だった。

たったそれだけでも景観は怠れない。

IMG_1342



私も景観には気を使う方だが

そんな松之山の自然を地元新聞に

コラムとして月2回掲載させて頂いている。

平成7年12月に「たっしゃだかね通信」として始まり

その後「ふくろう通信」に名を変えてこの度500号。

毎月新聞を切り抜いてスクラップブックに貼るのだが

今回何気なく見て数えたら500号で

年数は22年間だった。

22年間とは自分自身で驚きだ。

あと22年間続けたら1000号になるのだが

とても無理な話だ。

ただただ新聞社さんに迷惑の掛からないよう

投稿したいものである。

30.12.1



・・・・・
今日の私の短歌です

時忘れ 野山を描く 吾輩に
いつものように 小雪舞う日が
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 20:54│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山翡翠の渕名刹