三日月の春山百合

2019年05月12日

思い出の道

5月11日(土)晴れ

お天気続きで屋上の植え込みも水不足になりがちで

早朝から水やりを行っていたら

目の前の高い木にサシバが朝日を浴びていた。

朝日に背を向けていたので日干しでもしていたのだろうか。

絵にならないので目をぐるりと回してみた。

そしたら200mほど先の高い木の上でやはりサシバが止まって対峙している。

先日もそうだがこの谷には鷹が多い。

目の前の高い山は菱の山と言う山だが

その隣にも山がありかってに鷲鷹山と名付けた。

その先が湯峠だ。

温泉街から鷲鷹山に登るには厳しいが

湯峠からは容易である。

以前は何度も鷲鷹山に行っていたものだが

最近ではさっぱりだ。

なぜなら今細い山道はほとんどなくなったからだ。

かき分けかき分け登る山道

藪の中から顔を出し景色を眺める。

そんな行動は今後ないかも知れない。

IMG_3375



・・・・・
今日の私の短歌です

懐かしの 細き山道 汗流し
小鳥さえずる 一服のひと時
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝


santousui at 23:14│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
三日月の春山百合