さずいどりキアシドクガ

2019年06月08日

端境期

6月8日(土)雨

雨模様で鳥も鳴かず

山に花は見えず

さみしい一日だった。

一年中花々で賑わいを見せる裏の崖だが

ちょうど端境期なのか花も見えない。

そんな中やっとの事で見つけた花がギボウシだ。

この辺のギボウシはオオバギボウシである。

雪消えと同時に芽を出して山菜のウルイとして

酢味噌和えなどに利用されている。

すでに大きくなって食するには大きすぎる。

これからは花を楽しむ番だ。

花は長い茎に数珠つなぎに白い花を付ける。

オオバギボウシの白い花が崖を飾る頃には

今度はピンクの花コシジシモツケソウが

これでもかこれでもかと花を咲かせる。

端境期はつかの間の休息である。

IMG_4161



・・・・・
今日の私の短歌です

雨が降る 山にも里にも 有難き
育む水の 白き花にも
・・・・・

山の森のホテル ふくずみ 村山健 拝



santousui at 19:55│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
さずいどりキアシドクガ